飲食店のSEO対策はどのように取り組むべき? 具体的な施策や注意点を解説!

コンテンツライティングチェックシート【30項目】
今すぐ無料ダウンロード
コンテンツライティングチェックシート【30項目】
今すぐ無料ダウンロード

飲食店で集客を行う方法の1つとして、SEO対策があります。大枠は理解していても「実際に自分のお店でSEO対策を行う場合、何をすればいいんだろう?」と疑問を持たれる方も少なくないかもしれません。

今回は、飲食店のSEO対策を行う場合に考えるべきことや、実際のアクションなどを解説しています。SEO対策に取り組みたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

SEO対策とは?

SEO対策(Search Engine Optimization)は、検索エンジンでのWebサイトの表示順位を上げるための施策のことです。検索エンジンのアルゴリズムに適した形でWebサイトを最適化し、多くのユーザーに価値のある情報を提供することがSEO対策の役割となっています。

SEO対策には、以下のような対策が含まれます。

  • コンテンツ対策
  • 内部施策
  • 外部施策

これらの対策を行うことで、検索エンジンのクローラーがWebサイトを訪問して上位表示させるかどうか順位を決定する際に、サイトを見つけてもらいやすくなり、インデックスされやすくなります。インデックスされたページはその後検索される際にランキングされて検索結果に表示されます。この一連の流れに対策することで、多くのユーザーにコンテンツを閲覧してもらえます。つまり、Webサイトを上位表示させるためにはSEO対策が必要不可欠となります。

飲食店のSEO対策は一般的なものと何が違う?

一般的なSEO対策は、検索エンジンで検索されるキーワードに合わせたコンテンツを作成することが多いです。しかし、飲食店の場合、そのエリアの近郊に在住しているユーザーが利用するケースが多く、地域性が高いキーワードで上位表示を狙うことが大切です。

この対策を「ローカルSEO」と呼びますが、飲食店のSEO対策においては、地元の人たちに店舗を知ってもらうことが重要であることが多いです。また、口コミやレビューの取り扱いも重要であり、ユーザーが直接予約をすることができるような仕組みを整えることも求められます。

飲食店になぜSEO対策が必要なのか?

次に、飲食店のSEOが重要視されている理由について紹介します。

ローカル情報のため目に留まりやすい

飲食店のユーザーの多くは、その地域に住んでいる人です。そのため、ローカルSEO(MEO対策)を行うことによって、注目度を高めることができます。もちろん、通常のSEOでも効果を発揮することはありますが、ローカルSEOを最適化することで、素早く結果を出せる可能性が高まります。

参入している競合が少ない

飲食店は、SEO対策に参入している競合が少ないため、上位表示を目指すことで認知獲得につながりやすいです。その結果、より多くのユーザーを獲得できる可能性が高いです。

直接予約を受けやすい

Webサイトから直接予約ができるようにしておくことも重要です。ユーザーが手軽に予約できるようにすることで、来店率を上げることができます。具体的には、Webサイトを予約管理システムと連携させ、モバイルで予約を取れるシステムを導入したり、電話番号を記載し、そこから予約ができるようにしておくことで、来店してもらえる可能性が高まります。

飲食店のSEO対策を成功させるコツ

はじめに、飲食店のSEO対策を成功させる11のコツを紹介します。

(1)現状分析

まずは、現在のWebサイトの状況を把握します。具体的には、Webサイトがどのようなキーワードで検索されることが多いのか、どのページがアクセスされることが多いのかを詳細に把握することができます。

さらに、ユーザーの行動パターンや滞在時間なども分析し、お問い合わせや予約にどのようにつながるか導線を理解しましょう。これにより、Webサイトの改善点や今後のWebサイトの方針を見つけることができます。

(2)コンテンツ作成

質の高い記事を作成することで、ユーザーにお店の魅力を伝えることができ、SEO対策を有利に進められます。例えば、お店の歴史や、お店で使用している食材にこだわった記事を掲載することで、ユーザーに興味を持ってもらえる可能性があります。

さらに、お店の特徴やメニューについて詳しく紹介することもオススメです。また、お店のスタッフやユーザーの口コミを掲載することで、信頼性を高めることもできます。Webサイトの使い勝手を改善することはSEO対策でも有効ですが、MEO対策においても高い効果を発揮します。

(3)魅力的な写真

飲食店のWebサイトを制作する際には、美味しそうな写真を多く掲載することが非常に重要です。なぜなら、美味しそうな写真によって、ユーザーが「行ってみたい」「食べてみたい」という期待感や興味を持つようになるからです。

飲食店のWebサイトの魅力的なデザインやレイアウトも大切ですが、写真は直感的にユーザーに伝わる要素のため、綺麗な写真をとることを心がけましょう。

飲食店のWebサイトで使用する写真としてオススメなのは、料理を上からとる写真と少し見上げるアングルの写真です。例えば、上にカメラを設置し、料理を平面的に撮影することで、料理の彩りを強調することができます。また、少し見上げるアングルの写真は立体感を出し、ダイナミックな印象を与えることができます。

美味しそうと思ってもらうことが重要な飲食店では、印象の良い写真を多く掲載することは、飲食店のWebサイトを成功させるために必要な戦略の1つと言えます。

(4)最新情報

Webサイトには、最新情報を掲載することが非常に重要です。なぜなら、ユーザーが常に新しい情報を得ることができるため、Webサイトの人気を維持することができるからです。例えば、以下のような情報を記載しておくことで、ユーザーに店舗の魅力を伝えられます。

  • メニューの変更情報
  • 期間限定のイベント告知
  • プロモーション
  • 割引情報

これらの情報を記載することで、ユーザーが来店するきっかけになることがあり、SEO対策を有利に進められます。

(5)お店のメニュー

お店のメニューをWebサイトに掲載しておくことは、ユーザーが来店するきっかけになるだけでなく、お店の魅力をより多くの人に伝える機会でもあります。Webサイトに詳細なメニューが掲載されていると、ユーザーは事前に料理の種類を確認できるため、自分の好みに合う店舗かを確認できます。

(6)MEO対策

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称であり、Googleマップなどの地図で表示されやすい状態を目指すことを指します。飲食店の集客は地域性が大きく関わってくるため、MEO対策に取り組むことで、顧客を集客しやすくなります。

MEO対策では主に以下のようなことを行います。

  • Googleビジネスプロフィールに登録する
  • 口コミを増やすための施策を行う
  • 口コミに返信する
  • 最新の情報を投稿する

これらを最適化していくことで、MEO効果を最適化できます。

(7)口コミが書ける

飲食店のWebサイトに口コミ機能を導入することで、MEO対策を有利に進めることができます。口コミは地域のユーザーからの信頼性の高い情報を提供してくれるため、地域性を重視したMEO対策において重要な要素です。

口コミを書けるようにすることで、ユーザー同士の情報共有が促進され、地域の人々に店舗の存在を広めることができます。また、口コミが増えることで検索エンジンのクローラーにも注目され、より上位に表示される可能性が高まります。

(8)モバイルファースト

モバイルからのアクセスが非常に多いため、Webサイトやアプリのデザインはモバイルファーストのアプローチを取ることが重要です。まず、ユーザーがスマートフォンからでも快適に閲覧できるようにするために、見やすくて使いやすいデザインを心掛ける必要があります。

そして、画面サイズの小さなデバイスでも情報が適切に表示されるように、適切なフォントサイズやレイアウトを選ぶことも重要です。モバイルに最適化することで、ユーザーが使いやすいサイトを作ることができ、SEO対策で上位表示を狙いやすくなるでしょう。

また、モバイルファーストではページスピードも重要な指標となっています。ページの表示速度が遅いサイトは使い勝手が悪いと感じられ、離脱につながってしまうためです。事実、Googleのデータによれば、ページの読み込み時間が1〜3秒かかる状態の離脱率は32%、1〜5秒の場合は90%、1〜6秒の場合は106%、1〜10秒の場合は123%上昇することがわかっています。

(9)SNS

SEO対策だけでなく、SNSにも力を入れることが重要です。SNSを通じて、お店の情報を発信することができます。また、SNSには口コミも多く書かれるため、集客に役立つ可能性が高いです。

(10)効果測定

上記で紹介したような施策を行った後には、それによって出た効果を測定しましょう。効果測定の方法としては、インプレッション数や滞在時間の確認、コンバージョン率の確認などを行い、以前よりも成長があったかを確認する方法があります。

(11)ABテスト

SEO対策は、ABテストをくり返すことが必要です。どのようなコンテンツが効果的なのか、どのようなデザインが使いやすいのか、などを試行錯誤しながら改善を重ねることが必要です。飲食店のSEO対策においてABテストを行う場合は、以下のようなポイントを意識してみてください。

  • ページのタイトルやメタディスクリプションの変更
  • コンテンツの書き方やフォーマットの変更
  • キーワードの使い方や配置の変更
  • ページの読み込み速度の改善
  • ユーザビリティの向上を図るためのレイアウトやデザインの変更

定期的にA案とB案を繰り返し、結果を分析・改善することで、SEO効果を最大化できるでしょう。

飲食店のSEOで知っておきたい注意点

最後に、飲食店のSEOで知っておくべき注意点を3つご紹介します。

即効性のある対策ではない

SEO対策は即効性のある対策ではありません。そのため、時間がかかることを覚悟して、コツコツと取り組むことが必要です。しかし、継続的に取り組むことでSEOの効果がどんどん高まっていき、上位表示される可能性が上がります。そして、継続的な顧客の獲得につながり、そこから自社の商品販売につながります。

定期的な更新にはコストと時間がかかる

飲食店のSEO対策では、定期的なWebサイトのコンテンツ更新が重要ですが、そのためには時間とコストがかかります。まず、時間がかかる理由としては次のようなものがあります。

  • 記事や情報の調査・収集に時間がかかる
  • 更新されたコンテンツのデザインやレイアウトの調整が必須
  • 飲食店のメニューやイベント情報の更新にも時間がかかる

また、コストの面では以下の点に注意が必要です。

  • 専門のライターや編集者を雇う場合、人件費がかかる
  • 画像や動画素材の調達にコストがかかる

もちろん、コストに関しては自分で行うことで削減できますが、その場合対策に多くの時間を要します。そのため、定期的な対策を行うことは必須として、時間とコストのバランスを考慮して対策を行わなければなりません。

ジャンルによっては薬機法に注意する必要がある

飲食店においては、法的な制約に気を付ける必要があります。特に、薬機法に抵触する可能性がある場合は注意が必要です。例えば、体に与える影響についての記載は薬機法に抵触する場合があるため、注意しましょう。

まとめ

今回は、飲食店のSEO対策についていくつかのポイントを紹介しました。飲食店のSEO対策においては、地域性を重視した対策を行うことが重要であり、定期的な更新が必要であることなどを覚えておきましょう。このような意識を持って飲食店のSEO対策に取り組むことで、新規顧客の来店数増加が期待できます。ユーザーファーストな写真の追加やSEO、MEO対策の実施を行い売上増加に繋げましょう。今回の内容も参考に飲食店のSEO対策を強化してみてください。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス