THE BEST CAREER
FOR YOU.

RECRUIT MESSAGE

「朝起きたら行きたくなる会社」 そんな会社だと思います。

私が当社にジョインして、最も驚いたこと。それは、「PLAN-B社員の友人」が当社に次々と応募してきてくれることです。PLAN-Bメンバーは皆、友人たちと会うたびに、自社や自社の仲間たちを誇らしそうに語っているのでしょう。皆のポジティブな言葉や充実感に満ちた目の輝きが、友人たちを刺激するのだと思います。

手前味噌ですが、PLAN-Bは「朝起きたら行きたくなる会社」だと思います。仲間たちとビジョンを追いかけるのが楽しくて、長期休暇最終日には遠足前夜のように楽しみだと語る社員もいます。そんな社員が集まる社内では、日々自由な意見が飛び交っています。未熟なものから社会貢献性が非常に高いものまで様々ですが、そのすべてに、自ら未来を築こうとするエネルギーが満ちています。

不動産、通信、人材と多くの企業を見てきた私でさえ、PLAN-Bほどモチベーションが高く、エネルギーに満ちた企業は見たことがありません。

この前向きなエネルギーの連鎖は、驚くような業務成果を生み出すことがしばしばあります。「成果への報酬は、より上位の仕事」というのがPLAN-B流ですから、入社1年目でリーダーやマネージャーに昇格する例や、入社2年目で部長へ抜擢される例も珍しくありません。成果が出るまでの時間に個人差はあると思いますが、出るまでやる、そしてサポートしていく文化がPLAN-Bには根付いています。

PLAN-B社員の共通点、そして仲間の条件。それは誠実さ、素直さ、そして心に燃える熱い炎です。炎の色は何色でもいいんです。寡黙な青い炎を燃やし技術研鑽に励む仲間もいれば、野心に満ちた赤い炎で周囲を照らす仲間もいます。あなたの炎は何色でしょうか。そして、何に志を抱き、どんな未来を描いているのでしょうか。ぜひ、あなたの想いを聞かせてください。

MEMBER MESSAGE

営業部

菅原麻衣(MAI SUGAWARA)

Q1.あなたの入社動機を教えてください

これまでの人生で「自分が頑張れていたとき」を思い返してみると「誰と取り組めているか」がとても大切だったなと気付きました。
どんな活動であれ、一緒に取り組んでくれる人が魅力的だと楽しいし、自分も頑張ろう!と思えます。仕事を選ぶときも「何をするか」ではなくて「誰とするか」を軸に進めていました。
いろんな会社の選考が進む中で、この人たちと一緒に働きたいって思えたのが、PLAN-Bでした。社長と面接したときに「自然体の自分を知ろうとしてくれている」というのを強く感じ、安心して自分をさらけ出すことができました。
それまで、面接でそんなふうに自分を出せたことがなかったのでとても驚きましたし、社長の人柄に強く惹きつけられました。
社員さんにも、私と同じように社長の人柄に惹かれている方々がいて「同じ価値観を持った人たちと働ける」と感じ、入社を決意しました。

営業部

菅原麻衣(MAI SUGAWARA)

Q2.働いていて、どこにやりがいを感じますか?

働いていて一番やりがいを感じるのは、クライアント様と信頼関係を築けたときです。ある案件で営業のフロントに抜擢していただいて、「新卒で経験の浅い私で本当にいいのか……」と悩んでいました。
最初の数ヶ月はほとんど何もできず、先輩についていくだけだったのですが、徐々にクライアント様ともコミュニケーションが取れるようになっていきました。
クライアント様とのやりとりで「経験や力の有無に関わらず、パートナーとして選びたいのは信頼できる人。PLAN-Bさんと契約したのは、この人たちなら信頼できると思ったからです。
営業として頑張ってくれている菅原さんのこともすごく信頼しています」と言っていただけて、「私でよかったんだ」と感じることができました。
その言葉に救われましたし、本当に嬉しかったですね。

営業部

菅原麻衣(MAI SUGAWARA)

Q3.就活生に一言をお願いします。

自分の経験から言えるのは、とりあえず動く、それと、色々な人に会ってほしいということです。例えば、「CMで見て気になってたから」とか、きっかけは些細なものでも、アクションを起こすことで自然にやりたい仕事に出会えると思います。いい意味で人やコトに流されて、人や価値観の輪を広げながら会社を選んでほしいですね。

インターネット広告事業部

福田侑也(YUYA FUKUDA)

Q1.あなたの入社動機を教えてください

僕がPLAN-Bに入社した経緯はすごく変わっているんです。
当時、僕は大学院にいて、翌年に就職するために就職活動をしていました。そこで、PLAN-Bに出会い、社長の人柄に惹かれて、すぐにFacebookの申請をしました。
そして、社長に「会いたい」と熱烈なメッセージを送ったところ「会社においで」と言ってくださったので、社長と面白い話ができると思って行ったら、実はそれが面接だったんです。
そこで、社長は「侑也は今後どんなことがしたいの?どうなっていきたいの?」って言ってくれて……。
その時に「この会社は人の成長に本気で向き合ってくれる会社だな、ここに集まるメンバーはいい人たちばっかりなんだろうな」と思い、大学院を1年残して辞めて、PLAN-Bへの入社を決意しました。
今、思えばあのタイミングで入社をして本当によかったと思います。

インターネット広告事業部

福田侑也(YUYA FUKUDA)

Q2.働いていて、どこにやりがいを感じますか?

僕の業務のひとつにマネジメント業務があります。
僕は元々、自分ひとりだけでできることには限りがあると思っていました。ひとりで何かを達成できたときよりもみんなで達成できたほうが嬉しいんですよね。
僕のチームにはライターや編集担当者がいるんですけど、そのみんなが伸び伸びと働くべきだと思っています。例えば、ライターであれば書きたい記事を書くとか、得意な記事を書くとか。
また、もし大変なものがあったとしてもやりたくなるような環境にしたいと思っています。みんなが前向きに仕事ができる環境を作ることは、チームの成果にも繋がります。
そこで成果を出したらチームのメンバーも嬉しいし、もちろん会社から全員が評価されるじゃないですか。
そんな環境を作れるような仕事に僕はすごくやりがいを感じますね。

インターネット広告事業部

福田侑也(YUYA FUKUDA)

Q3.就活生に一言をお願いします。

やりたいことを実現するために本当に必要な情報は何か見極めて行動すると、それが採用に繋がりますし、そうすることで入社したときに上手くやっていけるんじゃないかなと思います。やるべきことはたくさんあるけど、ただ情報収集すればいいかといえばそうではなくて、いかに判断できる情報を収集して行動できるかが大切ですね。

Juicer事業部

西岡彩織(SAORI NISHIOKA)

Q1.あなたの入社動機を教えてください

就活を進める中で、「仕事の魅力」という基準で会社を選んでいました。
数社に絞り込んで、面接を繰り返すうちに「会社の枠に自分がはめこまれている」という感覚を覚えたんです。それが違和感として残っていて、「会社は本当に自分のことを見てくれているのかな?」と少し不安になっていたんですよね。
そんな中で唯一違和感を覚えなかったのがPLAN-Bでした。「長所も短所も含めた等身大の私を知ろうとしてくれている」と感じて、強く惹かれましたね。
社内にも枠にはまらない個性的な人がたくさんいて、バラバラの個性がひとつのゴールに向かっているというのが魅力的でした。
仕事の魅力を優先して会社を選んでいたのですが、最終的には人の魅力に惹かれて入社を決意しました。

Juicer事業部

西岡彩織(SAORI NISHIOKA)

Q2.働いていて、どこにやりがいを感じますか?

いろんな人を巻き込んでアイデアが拡張していくことに仕事のやりがいを感じます。
一般的に、Webサイトの解析を行うとき、数字がいっぱいのグラフが出てきますよね?私はあれがすごく嫌で、だから誰でも見た瞬間にパッと良し悪しが確認できるグラフがあればいいなと思ったんです。
そこで、現在開発に携わっているJuicer(ジューサー)というWebサイト改善サービスに、「パっと見て良し悪しがわかるグラフ」の導入を提案してみたところ、チームみんなですごくわかりやすいグラフを作ることができたんです。
そのときに、私の頭の中にあったアイデアが他の人の力でより良いものになっていく感覚を味わいました。
「いろいろな個性が相乗効果となって、アイデアが実現していく」その中にいることが仕事をしていてやりがいを感じる部分ですね。

Juicer事業部

西岡彩織(SAORI NISHIOKA)

Q3.就活生に一言をお願いします。

就活は人生の中でも劇的に人間関係が拡がる時期です。なので、シンプルに出会いを楽しんでほしいですね。
就職活動で同じになった友達や今でも応援してくれる他企業の人事の方など、、就活が終わって1年が経っても関係が続いている人もいます。ひとつひとつの出会いを大切に、就活を楽しんでほしいですね。

SEO事業部

三橋翔平(SHOHEI MITSUHASHI)

Q1.あなたの入社動機を教えてください

入社前、ある採用説明会で「会社選びは、市場・企業・人の3つの軸で選べ」という話を聞いたんです。
この軸に該当するベンチャー企業って結構多くって。メガベンチャー系もそうだし、スタートアップ系の会社もそうだし。
でも僕には「こんな会社に入りたい」というこだわりが特になく、とにかく自分が成長できる会社を探していました。そんなときにPLAN-Bと出会い、3つの軸に当てはまっているのはもちろん、手を挙げた分だけチャンスをくれる社風も僕の求めていたものと一致したので入社を決めました。
入社当時はSEO事業部に配属され、当時から一人で仕事を任されることもありましたし、とことん成長意欲に応えてくれる会社です。
今は、お客様に合わせてプロダクトを提案する業務に携わっていて、入社から数年でいろいろなことにチャレンジできる環境を嬉しく思います。

SEO事業部

三橋翔平(SHOHEI MITSUHASHI)

Q2.働いていて、どこにやりがいを感じますか?

売上が伸びたときですかね。
僕は何に関しても常に数字を意識するんですけど、計画段階では天文学的数字みたいな「何を基準に?」っていうような目標値を設定するんです。
一見、不可能に思える数字でも徹底的に分析して達成に繋がるようにプロットを工夫すれば、意外と届くもんなんですよ。目標値に届かなかったときには、数字を元に反省点・改善点を見出して、次回で着実に実行すればいいんです。
あと、人間って本能的に数字を追いたくなる生き物らしいんですけど、それを利用して周りを巻き込んでみたりもします。一人で数字を追うより、大勢で数字を追ったほうがブレのない結果が出ますからね。
まぁ、すべては目標達成のためです。あの瞬間ってめちゃくちゃ気持ちいいんですよね。あり得ないと思えた数字に到達できたわけですから、あれは快感です。
数字を追って売上が伸びれば会社へも貢献できるし、数字を意識することって本当に重要ですよ。

SEO事業部

三橋翔平(SHOHEI MITSUHASHI)

Q3.就活生に一言をお願いします。

仕事に“仲良しごっこ”は必要ありません。競い合いながら一緒に結果を追える仲間がほしいです。
失敗したときにも慰め合うんじゃなくって、叱咤激励できる仲間がほしいです。「やりたいことを、とことんやりたい!」そんな負けん気とガッツが備わった人がPLAN-Bに向いているんじゃないでしょうか。

ENVIRONMENT

MANWOMAN

6 : 4


女性4割。女性比率も上昇。

男性スタッフがほとんどと思われがちな業界ですがPLAN-Bでは女性の比率も増え4割を超えています。さまざまな世代、性別の多様なニーズに応えることができるサービスの提供が可能です。

AVERAGE AGE

28.9


最年少は22歳。
最年長は42歳。

年齢に関係なく、他社の方からも驚かれるほどスタッフ同士仲が良いです。

NEW GRADUATES

33.3%


新卒採用を初めて7年目。
3分の1が新卒社員。

PLAN-Bは新卒採用を始めて7年になります。2017年4月入社予定のメンバーを入れるとなんと全スタッフの3分の1が新卒入社です!

BENEFIT

01,社員食堂

大阪本社のビルから徒歩 1 分以内に社員食堂があります。ランチタイムは、社員専用食堂として利用できる他、夜はお酒も飲めて一般のお客様も利用できる食堂となります。

02, FA制度

社員が働きたい事業部、ユニットに移動を希望できます。自分のキャリアを自ら選ぶことができる制度です。

03, LOVE休

正社員であれば、勤続年数に関係なく、誰もが取得できる休暇であり、恋人や奥様(もしくは旦那様)のために、年に一度日頃の感謝の気持ちを伝える休暇になります。

04,アニバーサリー

社員が大切に想う方の記念日にお花と想いを届けることができる制度です。お花の種類や色も豊富で、メッセージと一緒に送ることもできます。また、配送先や日時を選択できるため、遠くに住んでいる相手にもサプライズで感謝の気持ちを伝えることができます。

OFFICE