建設業界におけるSEO対策とは?  戦略・戦術・施策を徹底網羅

建設業界におけるSEO対策とは?  戦略・戦術・施策を徹底網羅
SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

建設業界は伝統的に「足で稼ぐ」営業スタイルと人間関係の構築に依存してきましたが、今やデジタル化の波が押し寄せ、変革が求められています。 

この記事では、建設業界のマーケティング担当者やWEB集客担当者に向けて、建設業界における効果的な集客方法であるSEO対策を紹介させていただきます。  

キーワード戦略から内部コンテンツ施策、内部テクニカル施策など、今から行うことができる具体的な施策も記載させていただいているので、記事を読んだ後に自社サイトに反映させるべき施策も見つかるはずです。 

当社では、建設業界の経験が豊富なSEOコンサルタントが実際の案件を元に執筆・監修を行っておりますので、具体的な施策例も併せて提供します。是非、自社サイトの改善にお役立てください。 

なぜ建設業界にSEOが不可欠なのか? 

かつての建設業界では、建設会社や建材商社への直接訪問や設計事務所への定期的な訪問が一般的でしたが、デジタル化の進展により顧客の情報収集方法が劇的に変化しました。 

インターネットが普及し、多くの情報を手軽にアクセスできるようになったため、顧客が自らウェブサイトを利用して建設関連のサービスを検索し、情報を収集しています。この新しい動向を無視すると、新規顧客獲得のチャンスを逃す可能性があります。 

SEO(検索エンジン最適化)対策は、企業のウェブサイトが検索エンジンでより見つかりやすくなるようにするための施策です。効果的なSEO戦略により、企業は検索結果での可視性を高め、新しい顧客が自社のサービスや製品を見つけやすくなります。これにより、企業は他の競合との差別化を図り、市場での強い立場を確保することができます。 

さらにウェブサイトに現代的なデザインを取り入れ、使いやすさ保つことはサービスへの信頼を高める観点から重要です。また操作が簡単でわかりやすいウェブサイトは、ユーザーが操作に迷うことなく情報を得られるため、ウェブサイトに訪れたユーザーの問合せ獲得を最大化してくれます。 

SEO対策は建設業界における市場競争において、企業が顕著に成果を上げ、持続的に成長を遂げるための重要な戦略です。 

建設業界がSEO対策を行うメリット 

建設業界でSEO対策を行っていくことの具体的なメリットは、集客効率の向上、元請けの仕事の獲得の容易化、そして受注の安定化など、企業に直接的な利益をもたらすことです。 

それぞれ詳しく解説しています。 

集客効率が良い 

建設業界のメーカーや施工店では、全ての営業活動が成果につながるわけではありません。訪問を中心に営業活動をされている会社様も多いのではないでしょうか? 

SEO対策は、成約の可能性が高い営業活動を増やすことができます。例えば、「工場建設のコスト」や「工場設計の図面」などのコラムを作成することで、すでに自社サービスに興味を持っているユーザーを集客することができます。これらのユーザーは既に建設や設計を検討しているため、より効果的な営業活動につながるでしょう。 

また執筆したコラムは、1度ウェブサイトに公開をしてしまえば24時間集客を行ってくれるため、その点でも効率の良い集客ができるのが特徴です。 

もちろん、従来の対面での営業活動が不要になるわけではありませんが、SEO対策を取り入れることで、より受注の見込みが高いユーザーの問合せを増やすことができます。これにより、営業効率が向上し、質の高い商談に焦点を絞ることができるようになるでしょう。 

元請けの仕事がとりやすい 

設計施工が可能な建設企業の方はしばしば、競争が激しい相見積もりに参加する必要があると思います。しかし、SEO対策を効果的に利用すれば、計画段階で顧客に接触できます。これにより、設計などの初期段階でクライアントとの連携が取れ、具体的な設計ニーズに合わせた提案が可能になります。 

このアプローチは自社の技術力やノウハウを活かし、価格競争に巻き込まれることなく、利益率の高い案件を獲得する機会を増やします。 

受注の安定に貢献できる 

SEO対策を行い、上位表示を維持することができれば新規ユーザーの獲得を安定的に行うことができるようになります。 

これまでは商社や案件への入札など自社からいろいろなアプローチを行い、関係の維持をしなければならない状況かと思います。ただ定期的に新しい見込み顧客を獲得できるため、利益率の低い既存のクライアントに値上げ交渉を行うなど、営業活動の幅も広がる可能性があります。 

建設プロジェクトは周期性があり、市場の需給に大きく左右されるため、SEOを通じて安定した新規顧客の流入を確保することは、安定的な受注をする1つの対策になります。 

建設業界における3C分析から導かれるKSF 

ビジネス戦略を練る上で欠かせないのが3C分析です。このフレームワークは、競合(Competitors)、顧客(Customers)、自社(Company)の三つの要素を詳細に分析することで、業界の競争状況を理解し、戦略的な意思決定を行うのに役立ちます。特に建設業界においては、市場のマクロとミクロの両観点から情報を整理し、適切な戦略を立てることが不可欠です。 

【市場分析】建設業界の特徴 

マクロ経済の影響と建設需要の変化 

人口の減少は、特に住宅市場における建設需要の縮小に直接的な影響を与えています。日本の総人口が減少を続ける中で、新設住宅の着工戸数は2022年の86万戸から2030年には74万戸、2040年には55万戸へと減少する見込みです。このデータから、住宅関連の建設会社は長期的な市場ニーズを精査し、将来に向けた事業計画を緻密に練るべきです。* 

また経済が好調な時期は、設備投資の増加を意味し、建設業界におけるプロジェクトの増加が見込まれます。直近の株価の回復から見えるように経済活動は活発になってきており、2023年度の実質GDPが前年比で1.3%増、2024年が0.8%増と予測されることから、建設需要の増加が期待されます。* 

この経済環境の変化から、建設業界の方は投資可能な市場を選択し、事業変革していくことが求められます。 

*①https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2023/cc/0622_1(ソース) 

*②https://www.mri.co.jp/knowledge/insight/ecooutlook/2024/20240216.html(ソース) 

ミクロ経済からの労働市場と地域経済 

人材不足は建設業界の大きな課題です。2025年までには約90万人の労働者不足が予想され、高齢化と待遇の問題がその主な原因です。*③また、円安の影響で建設資材のコストも上昇しており、業界全体のコストプレッシャーが増加しています。 

また都市部と地方の建設需要の差は顕著で、東京都内の人口が安定している一方で、地方は急激に人口が減少しており、建設需要が都市部に集中しています。この地域間での需要の違いを理解し、地域に応じたビジネス戦略を展開することが急務です。特に大手建設会社は、地方よりも都心部の大規模プロジェクトに焦点を当てる傾向があります。 

これらの情報から、建設業界の企業は市場の変動に敏感に対応し、柔軟で持続可能なビジネス戦略を構築することが求められます。市場のニーズの変化に応じて、新たな市場へ積極的に取り組むことが成功への鍵となるでしょう。 

*https://www.mlit.go.jp/pri/houkoku/gaiyou/pdf/kkk143.pdf(ソース) 

【競合分析】建設業界のプレイヤー 

建設業界では、オンラインでの競争も激しく、主に建設会社や工務店の自社サイトと、複数の会社を紹介するメディア型サイトの2つに分かれます。 

建設会社・工務店の自社サイト 

建設会社や工務店は、規模に関わらず、サービスの一般名称や関連キーワードでの検索上位表示を目指すことが、売上拡大の重要な鍵を握ります。 

SEO対策は基本から応用まで幅広く実施が必要で、特に建設実績を強調することは、検索エンジンでの上位表示を確保するとともに、企業の信頼性向上にも寄与します。市場のトレンドに応じた持続的なSEO対策が成功の秘訣であり、そのためには専任のWEB担当者を配置することが一般的です。 

メディア型比較サイト 

これらのサイトは、「●●の人気建設業者トップ8」など、特定のキーワードで検索するユーザーに対して複数の企業を一覧で比較する情報を提供しています。ユーザーはこれにより、複数の企業を簡単に比較し、選択することが可能です。 

メディア型サイトは多くの建設会社や工務店の情報を集約し、一つのページで提供することで、ユーザーが効率的に情報を収集・比較できる環境を作り出しています。 

建設会社や工務店の自社サイトは、これらメディア型比較サイトとSEOで競争することになります。しかし、戦略的にメディア型サイトにも自社情報を掲載し、積極的に自社サイトのPRを行うことも有効です。 

メディア型比較サイトは競合相手ではなく、活用することも視野に入れていきましょう。 

建設業界における重要成功要因(KSF 

建設業界での成功の鍵は、ウェブを通じた集客への投資です。建設業界は他の産業に比べてデジタル変革(DX)の導入が遅れがちで、多くの企業がデジタルマーケティングの実施に苦労しています。現在では大手企業がデジタル戦略に注力し、限られたリソースで成果を上げています。 

DXの遅れは技術的な革新の複雑さが一因ですが、これをチャンスと捉え、デジタルマーケティングを積極的に投資することで、市場での競争優位性を築くことが可能です。 

SEO対策であれば、効率的なウェブ集客で見込み顧客を獲得し、業態によって少ない投資で最大のリターンを目指せます。特に中小の建設会社では経営資源をデジタルマーケティングに投資することで売上拡大を実現している企業が多くいらっしゃいます。 

SEO戦略の総合的なアプローチ 

建設業界に限らず、SEO戦略はキーワード戦略、戦術、施策、実行体制などから構成される総合的なアプローチです。 

キーワード戦略では、ユーザーの多様な検索ニーズに応えるためにキーワードリサーチが行われ、戦術として内部コンテンツ、内部テクニカル、外部リンク、UIUXの要素が活用されます。 

建設業界においては、内部コンテンツと内部テクニカルに注力して対策をすることで一定の成果を得られる場合が多いです。 

内部コンテンツは有益な情報提供とロングテールキーワードの獲得に焦点を当て、内部テクニカルはGoogleのレギュレーションに沿った基準を満たすようなに最適化を目指します。 

施策はスケジュール立てて計画的にSEO担当者やウェブ開発者、デザイナー、コンテンツ制作者などの各部門の担当者が連携し、定期的なモニタリングと調整が行う必要があります。 

建設業界などの特徴として、マーケティング担当者が現場知識を持っていないことも多いため、内部コンテンツについては営業経験者を含めてヒアリングを行いながら対策を行うのがおすすめです。 

建設業界のサイト型とビジネス型 

サイト型 

建設業界では、サービス型とメディア型のウェブサイトが一般的です。これらのサイトは、自社の強み、サービスの詳細、価格設定、仕様、プロセスなどを詳しく説明し、顧客に価値ある情報を提供することを目的としています。 

上記の施策により、検索エンジンでの上位表示を目指すとともに、ユーザーに対して有益な内容を提供します。またコラムやブログを通じて、「建築費用」「設計図面」など具体的なテーマで情報を共有することで、関連するターゲット層の獲得にも効果的です。 

ビジネス型 

建設業におけるビジネスモデルは、主に受注生産型が中心です。このモデルでは、設計段階から積極的に顧客との接点を持ち、潜在顧客から顕在顧客へと導くための戦略的なコンテンツを提供することが重要です。 

戦略的なコンテンツを提供することができれば、プロジェクトの初期段階から顧客と積極的にコミュニケーションを取ることができます。 

顧客がまだ具体的なプランを持っていない段階接触できるため、詳細な設計や情報提供を通じて信頼を築き、最終的に契約へつなげやすくなります。 

上記のような形で顧客との接点を効果的に増やすためには、SEOのキーワード戦略が非常に重要です。 

キーワード戦略 

キーワード戦略は、ウェブサイトのSEO対策において、どのキーワード群をどのページでターゲットにするかを定めることです。建設業界におけるキーワード戦略には、特に以下の3つのアプローチが重要です。 

「(サービス名の一般名称)×メーカーまたは企業」 

3つの中で最も重要になるのが「(サービス名の一般名称」×メーカーまたは企業」のキーワード群。 

具体キーワード例としては「倉庫屋根 修理 企業」「自走式立体駐車 メーカー」などのクエリです。 

こちらのクエリは、TOPページやサービス紹介ページで獲得することが多く、3つキーワード群の中でも順位獲得することで問合せや資料請求の獲得が増加しやすいキーワード群です。 

「(サービス名の一般名称)×事例または地域」 

集客だけでなくユーザーを自分事化して、サイト全体の問合せ獲得率を向上させてくれるが、「(サービス名の一般名称)×事例または地域」のキーワード群。 

具体例キーワードとしては「工場建設 実績」「倉庫建設 長野」などのクエリです。 

こちらのキーワード群は、実績一覧ページで獲得することが多く、サービスによっては平米数などの仕様やエリアなどで一覧ページを生成することで流入を最大化することができます。 

よりユーザー状況に近い実績があれば、問合せや資料確率も上がる重要ページになります。 

infomational寄りのクエリ 

初期段階の設計や建設に関連する情報提供は、ユーザーがプロジェクトについて考え始めた時に非常に有効です。たとえば「建設費用の詳細」や「建築基準の概要」など、具体的で有用な情報を提供することが推奨されます。このような情報はコラムやFAQページで扱い、サイトの信頼性を高め、広範囲にわたる認知向上に貢献します。 

戦術と施策 

PageQualityか?NeedsMetか? 

建設業界におけるウェブサイトで最も重視されるべきは、「Needs Met(ニーズにどれだけ応えているか)」の評価です。これは他の業界と同様、ユーザーの具体的なニーズに対応したコンテンツを提供することが不可欠です。 

ユーザーが検索エンジンを使用する際に求める情報には、「サービスの詳細な規格や仕様」、「具体的な建設実績」、「予定工期」、「見積もりや費用」といった内容が含まれます。これらの情報を他社よりも詳細に、かつ正確に提供することで、サイトの検索ランキングを向上させることができます。 

建設業界特有の問題として、企業によってはサイトに詳細な情報を公開することが困難な場合もあります。しかし、ユーザーが最も求めている情報を積極的に提供するサイトが検索結果の上位に表示されるため、少なくとも業界のトップサイトと同等、またはそれ以上の情報を提供することを目指すべきです。 

上記のような形でSEO対策をすることで適切な検索意図に応え、ユーザーの求める答えを提供することで、問合せや資料請求など見込み顧客を得ることができるでしょう。 

代表的な施策 

建設業界でSEO対策を行っていくうえで、代表的な施策をいくつか紹介します。 

内部コンテンツの強化 

ウェブサイトのSEO成功の鍵は、目的とするキーワードに対応した内容豊富なページの作成です。建設業界では、特に「サービスの一般名称 × メーカーまたは企業」などのキーワードで上位を目指します。例えば「倉庫屋根 修理 企業」のようなキーワードを狙うことが一例です。タイトルタグやhタグにもキーワードを含め、適切なSEO対策を施します。また、建設業界では市場が進んでいない分野も多く、競合の情報が少ない場合があります。そうした状況では、営業担当者に顧客の関心事をヒアリングし、それを元にページ内容を充実させることが推奨されます。 

内部テクニカルの最適化 

ウェブサイトの技術的な側面もSEOの重要な要素です。パンくずリストの設置、構造化データのマークアップ、ページの読み込み速度の向上などが挙げられます。特に内部リンクの戦略は、サイト内の他のページへのアクセスを容易にすることで、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEOの強化を同時に図れます。 

外部リンク 

建設業界においては、上記の「内部コンテンツ」「内部テクニカル」施策で集客を伸ばせるサイトが多いです。 

ただSEO対策の指標である外部リンクが競合サイトに比べて少ない場合には、上位表示できず勝てない場合があります。 

そういった場合には、外部リンクが足りていないことが考えられるため、グループ会社や実績(特に官庁案件など)からリンク獲得ができると順位改善する可能性が高まります。 

UI/UX 

サイトのユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)の改善は、集客がうまくいき、より成果を最大化させていきたいときに行っていく施策になります。情報を訴求する順番をニーズに合わせて変えるなど、表現をわかりやすくすることで100人ページに訪れて1人が問合せしているところ、100人ページに来てからの問合せユーザーを2,3人に増やしていく施策になります。 

集客が十分なサイトでは上記の対策が効果的です。 

よくある悩みと対応策 

建設業界では、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の導入に遅れをとっています。マーケティング担当者が他の業務を兼任しているケースも少なくありません。ここでは、建設業界でのSEO施策に直面する典型的な課題と対策をご紹介します。 

1. WEB対策を会社として今まで行っていなくてもSEOを成功させられますか? 

建設業界にはホームページがあったとしても、そこから集客がするといったデジタルマーケティングの概念がない企業も少なくありません。 

また組織としてマーケティングやデジタルマーケティングに力を入れていこうとしても、社内に詳しい人材がおらず、うまく対策を進められない企業も多くいらっしゃいます。 

弊社ではそんなクライアント様を複数社対応させていただいており、そもそものデジタルマーケティングの考え方からSEO対策で確認をしていく指標。多くの施策の中でどの施策を優先的行っていくべきか、どれくらいの成果が望めそうかということまでご案内させていただきます。 

そのため、営業統括部の担当様や営業部長が担当している場合など、どんなポジションの方でもSEO対策を理解し、進められるようにサービス提供をさせていただいております。 

2. 費用対効果はどうですか? 

SEO対策はデジタルマーケティングの中でも成果がでるまでに時間のかかる施策であるといわれております。 

ただ一度、問合せや資料請求などが発生すると継続的に見込み顧客を獲得できるため、半年から1年ほど経過すると、問合せや資料請求が増加する企業が多いです。 

注意点があるとすれば、自社サイトの問合せからどれだけの売上が発生しているかを把握のできていない企業の方は、まずその部分から計測をできるようにしていただく必要がございます。 

サイトからの問合せ数と売り上げが明確であれば、過去の問合せ・売上からSEO対策でどれくらい拡大できそうかをシミュレーションさせていただきます。 

デジタルマーケティングが会社として浸透していない場合には、SEO対策やWEB広告といっても上層部の方が重要性を理解できず、投資やサービスの導入が見送られるケースも見受けられます。 

そうなった場合に検討の指標になるのが費用対効果になります。 

弊社では実際に施策を行ったときに問合せや資料請求の増加が見込めそうかを提案させていただきますので、ぜひお問い合わせをいただければと思います。 

3. サイトがないのですがサイト作成からお願いできますか? 

企業によっては、そもそもサイトがない、またはサイトがあるが更新などを行っておらず、最新のSEOトレンドに合わせたサイトになっていないこともあります。 

そんな場合でも、弊社ではサイト制作、リニューアルから対応が可能です。事業状況をヒアリングさせていただきながらSEO対策を考慮したサイトを提供させていただきます。 

ただサイト制作は1度作って終わりではなく、情報の更新やより高度なSEO対策を行いながら対策をしていくことが必須です。 

サイトが整っていない企業の方は、すでにホームページがある企業に比べて成果を出すまでに時間がかかりますが、中長期的に取り組んでいただければ成果を出していくことは可能です。 

まとめ:まずはデジタルマーケティングに投資を! 

建設業界はマーケティングの概念やデジタルマーケティングの対策を行っている企業は少ないです。 

そのため、どんなに素晴らしい技術や豊富な実績を持っていてもウェブサイトを見ても伝わらず、そもそも集客施策が行えていないため十分なアクセスも獲得できていない企業がほとんどです。 

だからこそ、建設業界はとてもチャンスのある業界でもあります。 

他の業界では基本的な対策でも建設業界では、対策後にすぐ上位表示を獲得できる可能性もあります。 

弊社では建設業界のスペシャリストが在籍しておりますが、それだけでなくこれまで数千社SEOサービス提供をさせていただいているノウハウがあります。 

是非、貴社のお力になれればと思いますのでまずはご連絡をください。 

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス