関連キーワードとは? SEO対策における重要性と活用方法を解説

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

関連キーワードは、検索されたメインキーワードに関連するキーワードのことを指し、Googleの検索結果ページの下部に表示されます。メインキーワードに関連した他のユーザーが興味をキーワードが表示されるため、ユーザーの検索意図を把握することに活用できます。

コンテンツ作成ではメインキーワードを意識することは大事ですが、関連キーワードを記事内に含めることで、より効果的なSEO対策につながります。自社コンテンツの集客が伸び悩んでいる人は、関連キーワードのSEO対策における重要性と活用方法について本記事で確認することをオススメします。関連キーワードの調べ方や、無料の関連キーワード取得ツールについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

関連キーワードとは?

関連キーワードとは、検索エンジンで検索したメインのキーワードに関連する、もしくは連想されるキーワードのことを指します。例えば、Googleで「SEOツール」をメインのキーワードとして検索した場合、検索結果ページの下部には以下の8つの関連キーワードが表示されます。

関連キーワードはユーザーによって頻繁に検索されているキーワードであるため、ユーザーがどのようなことに興味を持って検索しているのかを把握することができます。

関連キーワードが表示される仕組み

関連キーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示されます。世界中のユーザーによる過去の検索行動に基づいて、メインキーワードに関連性の高いキーワードとして判断されたものが表示される仕組みです。なお、表示される関連キーワードは検索デバイスや検索場所の影響を受けないとされています。

また、関連キーワードはWeb上のさまざまな情報を反映する仕組みであり、トレンドが反映されたキーワードが表示される場合もあります。ただし、トレンドが反映される場合でも、関連キーワード内にはメインキーワードが含まれないものも特徴として存在します。

関連キーワードとサジェストキーワードの違い

関連キーワードと混同されやすいものに、サジェストキーワードがあります。

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力した際に検索窓の下部に表示されるキーワード候補のことを指します。関連キーワードは、世界中のユーザーによって頻繁に検索されているキーワードが表示されます。それに対し、サジェストキーワードは、自分自身の検索履歴や住んでいる地域などを基にして提案されるものです。

要するに、関連キーワードとサジェストキーワードの大きな違いは、表示されるキーワードがユーザー自身の過去の検索行動に基づくものかどうかです。そのため、サジェストキーワード候補は、ユーザー一人ひとりによって異なります。

サジェストキーワードについては下記の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

SEO対策における関連キーワードの重要性

コンテンツ作成をする際には、メインキーワードだけではユーザーが求める情報を把握することは簡単ではありません。そのため、関連キーワードの取得および把握が重要なSEO対策となります。関連キーワードは、検索エンジンを利用する世界中のユーザーの検索結果から、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示されます。

関連キーワードは他のユーザーが関心を示すキーワードを示しており、自分自身の検索傾向を反映しません。そのため、ユーザーが求めている情報をより具体的に把握することができます。これにより、ユーザーが満足するコンテンツを作成することが可能となります。

ただし、関連キーワードにはリアルタイム情報は含まれません。関連キーワードとして表示された内容が現在需要があるかどうかは限定的です。リアルタイム性のある人気キーワードを調べたい場合は、GoogleトレンドやSNSなどを活用することをおすすめします。これにより、最新のトレンドキーワードを把握することができます。

関連キーワードをSEOに活用する方法

関連キーワードを上手くSEOに活用することで、より質の高いコンテンツ作成につなげることが可能です。ここからは、関連キーワードをSEOに活用する具体的な方法について紹介します。

  • ユーザーニーズを深掘りできる
  • コンテンツにおける情報の網羅性を高められる
  • サイトで対策すべき新規キーワードが見つかる

ユーザーニーズを深掘りできる

関連キーワードを把握することで、ユーザーニーズ(検索意図)の深掘りができます。

例えば、「webマーケティング」をメインキーワードとして設定したとします。「webマーケティング」の関連キーワードは、以下が表示されました。

webマーケティング 会社
webマーケティング 求人
webマーケティング 資格
webマーケティング 本
webマーケティング 独学

表示された関連キーワードより、「webマーケティング」で検索しているユーザーは、以下の検索意図があることが見て取れます。

webマーケティング事業を行なっている会社が知りたい
webマーケティング関係の求人募集が知りたい
webマーケティングに関連する資格が知りたい
webマーケティングに関する本が欲しい
webマーケティングを独学で勉強したい

このように、ユーザーの検索意図を深掘りすることで、どのようなユーザーに向けて情報を発信するかを明確にできるのです。

コンテンツにおける情報の網羅性を高められる

Googleは、検索エンジンに表示させるコンテンツの「検索品質評価ガイドライン」を公開しており、上位に表示されたい場合は、「対策キーワードに対して情報の網羅性が高いページであるべき」と述べています。

情報の網羅性が高いページとは、ユーザーのニーズに対して、コンテンツの内容が不足していないページのことです。そして、関連キーワードは、情報の網羅性の高いページを作成するために有効に活用できます。

関連キーワードは、世界中のユーザーの検索行動に基づいて表示されるものであり、これらをコンテンツ内に組み込むことで、ユーザーが求める内容が盛り込まれた情報の網羅性の高いページを作成することができます。ただし、関連キーワードはあくまでユーザーニーズを把握するための参考情報であることに留意してください。

サイトで対策すべき新規キーワードが見つかる

関連キーワードは、サイトにおいて新規キーワードを見つけるための対策に役立ちます。

自社のコンテンツを運用していくためには、複数の記事を作成する必要があります。記事を作成する際には、各記事ごとに明確なメインキーワードを設定する必要があります。この際に、関連キーワードを活用することができます。

たとえば、「webマーケティング」をメインキーワードとした場合、以下の関連キーワードが表示される可能性があります。

webマーケティング 会社
webマーケティング 求人
webマーケティング 資格

さらに、「webマーケティング 会社」の関連キーワードを確認すると、以下の対策すべき新規キーワードが見えてきます。

webマーケティング 会社 大手
webマーケティング 会社 オススメ
webマーケティング 会社 転職

このように、関連キーワードを積極的に確認することで、コンテンツの内容をさらに広げられるのです。

関連キーワードの調べ方

SEO対策に活用できる関連キーワードについて、実際どのように調べれば良いのでしょうか。関連キーワードの調べ方をご紹介します。

Google検索

関連キーワードを調べる方法の中で最も一般的なのは、Google検索を利用する方法です。

Googleの検索窓に調べたいメインキーワードを入力し、検索をすると、検索結果ページの下部に8つの関連キーワードが表示されます。これは無料で簡単に関連キーワードを確認できますが、最大で8つのキーワードしか調べられません。手軽に関連キーワードを調べたい場合は、Google検索がオススメです。

関連キーワード取得ツール

関連キーワードの調べ方には、関連キーワード取得ツールを用いる方法もあります。

関連キーワード取得ツールを使用すると、検索されているすべての関連キーワードを調べることができます。さらに、各キーワードの検索ボリュームも確認できます。コンテンツ作成において検索ニーズを詳細に把握したい場合は、関連キーワード取得ツールの利用が不可欠です。

オススメの無料関連キーワード取得ツール5選

関連キーワードやキーワードの検索ボリュームを調べるための関連キーワード取得ツールには、無料で利用できるものもあります。無料の関連キーワード取得ツールについてオススメの5つをご紹介します。

  • ラッコキーワード
  • キーワードプランナー
  • Ubersuggest
  • Kouho
  • Keyword Tool

ラッコキーワード

(引用:ラッコキーワード

ラッコキーワードは、「Googleサジェスト」「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」の関連キーワード・関連タイトルを一括で取得できるツールです。検索した関連キーワードは、一括でコピーができるほか、CSVデータでダウンロードもできます。使い方が簡単なのが特徴で、初心者でも使いやすいツールです。

会員登録なしの無料利用では1日5回までの検索ができますが、会員登録した上での無料利用(フリープラン)では1日50回まで検索できます。また、有料プランに登録することで、キーワード検索が1,500〜50,000回まで可能になるほか、月間の検索数を取得できたり、広告を非表示にすることもできます。

キーワードプランナー

(引用:キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Googleが提供している広告運用ツールで、Googleアカウントを取得していれば利用できます。関連キーワードの検索および月間検索ボリューム数を調べることができ、広告運用だけでなく関連キーワードの調査にも役立ちます。

ただし、無料で利用する場合、検索ボリューム数は大まかな値(100〜1,000など)でしか表示されない点に留意してください。具体的な検索ボリューム数を確認したい場合は、一定額のGoogle広告を利用することで取得することができます。

キーワードプランナーの詳しい使い方に関しては下記の記事で解説しています。興味のある方はぜひご覧ください。

Ubersuggest

(引用:Ubersuggest

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、キーワード選定やコンテンツ制作において役立つツールとして利用されています。関連キーワードやキーワードの検索ボリュームの他、SEO難易度や競合の流入キーワードについて調査することができるのが特徴です。Googleアカウントでログインすると無料で利用できますが、検索回数は1日3回に制限されています。

関連キーワードを頻繁に検索する方には、有料プランの利用をオススメします。有料プランでは20,000回から100,000回まで関連キーワードの検索が可能です。

Kouho

(引用:Kouho

Kouho(候補.jp)は、Amazonサジェストや楽天サジェスト、Twitter共起語などから関連キーワードを完全無料で取得できるツールです。関連キーワードは50音順で表示されるため、見やすく気になるキーワードをすぐに見つけることができます。

キーワードを検索ボックスに入力するだけで簡単に検索でき、検索結果が迅速に表示されるため、手軽に利用することができます。

Keyword Tool

(引用:Keyword Tool

Keyword Toolは、GoogleやBingなどのサジェストキーワードだけでなく、TwitterやInstagram、YouTubeなどのSNSの関連キーワードも取得できるツールです。

無料で利用できるツールですが、有料プランを利用することで、検索ボリュームやトレンド、CPC、競合性も調査できます。また、取得したデータはコピーまたはCSV形式でダウンロードすることができます。

関連キーワードを非表示にする方法

関連キーワードは、コンテンツ作成に非常に役立つ便利な機能ですが、表示されるすべてのキーワードが適切なものとは限りません。たとえば、ある企業に関して「(企業名)_ブラック」「(企業名)_パワハラ」といったネガティブなキーワードが表示されるケースもあります。

実際に関連キーワードとして表示されていなくても、ネガティブなワードが検索ユーザーの目に入ることは、企業のイメージダウンにつながる可能性があります。もし関連キーワードに表示されているワードが明らかな名誉毀損や事実誤認である場合は、検索エンジンに対して「削除申請」を行いましょう。

関連キーワードの削除申請は、Googleの「法律に基づく削除に関する問題を報告する」から行うことができます。申請した内容はGoogleによって検証され、明らかな名誉毀損や事実誤認と認定されれば、関連キーワード一覧から削除され非表示にされます。

まとめ

関連キーワードは、ユーザーの検索意図を把握するための貴重な情報です。良質なコンテンツを作成するためには、メインキーワードだけでなく、関連キーワードにも意識を向けて記事を仕上げましょう。ユーザーが求めている内容に合わせたコンテンツを作成することで、コンテンツ自体の評価が向上し、より良質な自社コンテンツの運用に繋がります。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス