不動産業界におけるSEO対策とは? 戦略・戦術・施策を徹底網羅

SEOサービス概要資料
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. 不動産会社がSEOに取り組む必要性
      1. ポータルサイトへの掲載などの広告以外のチャネルからの集客のため
      2. SEOのメリット
        1. 資産性
        2. ブランディング
    2. 3C分析から導かれるKSF
      1. 【市場分析】不動産業界の特徴
        1. マクロレベルでの不動産業界の特徴
          1. マンション価格の高騰
          2. 固定金利の引き上げ
          3. 人口減少・少子高齢化にともなう市場規模の縮小
          4. 地価暴落リスクの高まり
        2. ミクロレベルでの不動産業界の特徴
          1. ユーザーニーズアンケート
      2. 【競合分析】不動産業界のプレイヤー
        1. 大手企業のSEO戦略
          1. 資本規模の大きさ
          2. ブランド力の活用
          3. 多彩な物件データベース
        2. 中小企業のSEO戦略
          1. 予算の制約
          2. 柔軟性
          3. ローカル市場への特化
          4. 顧客対応の重視
      3. KSF
        1. 不動産を所有するオーナー向け
        2. 不動産を購入・賃貸しようとするユーザー向け
    3. SEO戦略
      1. 不動産業界のサイト型とビジネス型
        1. サイト型
          1. 膨大な情報の効率的な管理
          2. ユーザーエクスペリエンスの向上
          3. 多様な検索条件に対応
          4. リアルタイムの情報更新
          5. 自動化と拡張性
        2. ビジネス型
      2. キーワード戦略
        1. 1.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×エリア名(駅名含む)
        2. 2.物件名(マンション名が主)
        3. 3.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など) 
        4. 4.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×条件(3LDK、床暖房など)
        5. 5.Infomational(情報収集型)寄りのクエリ
    4. 戦術と施策
      1. PageQualityか?NeedsMetか?
      2. 代表的な施策
        1.  内部テクニカル
          1. 数が多いページの管理
          2. 内部リンク構築
        2.  内部コンテンツ
          1. 自社が扱うブランドマンションへの一次情報の追加
          2. ロングテールキーワードの獲得のためのコンテンツSEO
        3.  外部リンク
          1. グループ会社からの外部被リンク取得
      3. よくある悩みと対応策
        1. 1.掲載物件の入れ替わりと更新頻度
        2. 2.競争の激しさ
        3. 3.取扱物件数の差
        4. 4.コラム記事での流入獲得
    5. 事例
    6. よくある質問
    7. ターゲットを見定め、コンテンツを最適化する

この記事では、不動産業界でSEO(検索エンジン最適化)対策を既に行っている、またはこれから行う方に向けて、不動産業界に良く見られるデータベース型サイトの特徴やキーワード戦略、戦術、施策例をご紹介します。当社ではデータベース型サイトに強いSEOコンサルタントが在籍しており、この記事においても当社が保有するデータベース型サイトの知識・経験と不動産業界に置ける知識・経験を元に執筆・監修を行っています。賃貸・売買・投資を問わず、不動産業界特有の市場の特徴やターゲットを見定め、有用な情報を提供していくために弊社の知識・経験を是非参考にしてください

なお、不動産業界特化型のSEOコンサルティングサービスの詳細は下記のページにて記載しております。
不動産業界でのSEO対策なら | 株式会社PLAN-B

不動産会社がSEOに取り組む必要性

不動産業界において避けては通れないのが、ポータルサイトの存在です。ポータルサイトは集客に非常に大きな影響を与えるため、物件掲載を行う企業が多いですが、事業として1つの集客チャネルのみに頼るわけにはいかないため、そのほかの集客チャネルを検討する必要があります。不動産業界はSEOとの相性が良いため、メリット3点を踏まえてご説明いたします。

ポータルサイトへの掲載などの広告以外のチャネルからの集客のため

WEB上での不動産業界の特徴として、SUUMO、HOME’S、アットホームなどの大規模な不動産ポータルサイトが存在する点が挙げられます。これらのポータルサイトへの物件掲載は、単に集客を増やすためだけの手段に留まりません。サイトを利用することで、不動産業者は市場での露出と認知度を高める機会を得ることができます。そのため、単に集客のみが目的ではなく、ブランディングや信頼性の向上にも寄与します。

ただし、ポータルサイトへの物件掲載は、常に掲載費用などの広告費用がかかります。また、仕様や運営方針の変更によって、集客数に増減が生じる可能性があります。そのため、自社で集客をコントロールできるSEOにも取り組む必要性があります。

SEOのメリット

SEO対策のメリットは主に以下の2点です。

資産性

SEO対策を施したコンテンツは、長期間にわたって価値を保ち、資産としての役割を果たします。適切なキーワードで上位表示されるコンテンツは、継続的な流入を生み出します。

一度高いランキングを獲得すると、適切なメンテナンスを行えば、そのコンテンツは長期間にわたって多くの自然検索流入を獲得し続け、安定した集客源を確保できます。

自然検索流入は広告に比べてコストが低く、中長期間にわたってトラフィックを維持できます。

ブランディング

SEO対策によって上位表示されるウェブサイトやコンテンツは、信頼性と専門性を示す機会となります。ユーザーは上位ランキングのサイトを信頼しやすく、ブランドに対する信頼感が高まります。

ブランドの知名度向上は、市場の競合他社に対して優位性を持つために重要な要素になり得ます。ブランドが検索結果の上位に表示されることで、ユーザーはブランドに対する好意的な印象を持ちやすくなります。

参考:オウンドメディアのブランディングについて解説! メリットや事例も紹介

3C分析から導かれるKSF

【市場分析】不動産業界の特徴

マクロレベルでの不動産業界の特徴

不動産業界の特徴をマクロレベルで考えると、4つの特徴がございます。不動産投資や住宅購入を検討する際に非常に高額な商品でもあることからユーザーは市場を分析・考慮するため、サイト運営やコンテンツ制作においても市場の動向を注視する必要があります。

マンション価格の高騰

不動産市場において、特に都市部ではマンション価格が高騰しています。これは需要と供給のバランスの問題や、土地の希少性、都市の発展に伴う需要増加などが影響しています。高騰した価格は、多くの購入検討ユーザーに対しての負担増加、賃貸市場における家賃の増加を引き起こし、入居者数の低下を引き起こします。

参考:首都圏新築分譲マンション市場動向2023年9月度

固定金利の引き上げ

中央銀行(日本銀行)が金利を引き上げると、不動産ローンの金利も上昇します。これは住宅購入や不動産投資における融資コストを増加させ、不動産市場に影響を与えます。金利の上昇は、住宅ローンの返済負担を増加させ、住宅需要を抑制する可能性があります。

参考:住宅ローンの固定金利引き上げの理由を解説!利上げ後に有利な金利プランとは?

人口減少・少子高齢化にともなう市場規模の縮小

日本では、人口減少と少子高齢化が進行しています。これにより、住宅需要が減少し、不動産市場の規模が縮小しています。若年層の人口減少により、新築住宅への需要が減少し、中古住宅市場が活発化することもあります。

地価暴落リスクの高まり

不動産市場では、地価の変動が重要です。地価の急激な上昇が続いた場合、バブル崩壊のリスクが高まります。一方で、経済の不安定要因や市場の不確実性が高まると、地価の急落が懸念されます。これにより、不動産投資家や開発業者はリスク管理が必要とされ、市場の安定性が影響を受けます。

参考:我が国における地価の現状と今後の動向

SEOにおいてもマクロレベルでの不動産業界の特徴を理解することで、事業の成長において注力すべき領域を決定する判断材料にもなり得ます。

ミクロレベルでの不動産業界の特徴

不動産業界の特徴をミクロレベルで分析する際に考慮される要因を説明します。マクロレベルでの不動産業界の特徴同様、常に市場が変動する業界であるからこそ短期でのユーザーニーズ、中長期でのユーザーニーズを戦術・施策に落とし込む必要性があります。

ユーザーニーズアンケート

不動産市場の分析において、ユーザーのニーズを理解することが非常に重要です。アンケート調査や市場リサーチを通じて、以下のような情報を収集することが一般的です。

・今が買い時なのか否か

潜在的な住宅購入者に対して、現在の市場状況について意識調査を行います。住宅市場が売り手市場か買い手市場か、価格の動向、金利の状況などに対する認識を把握します。

・マンション/戸建ての検討割合

住宅のタイプに関するユーザーの好みや需要を明らかにするため、アンケートを通じて、マンションと戸建て住宅のどちらを希望するかを調査します。また、理由や優先事項も把握します。

・新築/中古の検討割合

住宅購入に際して、新築と中古のどちらを選ぶかについての調査を行います。購入者が新築を選ぶ理由や中古住宅を選ぶ理由についても探求し、価格や品質に対する期待を理解します。

ミクロレベルでの不動産業界の特徴にも注視することは、需要の変化やトレンドを把握した顧客志向のサービスやSEOで狙うべきターゲット、キーワード戦略の策定に役立ちます。

【競合分析】不動産業界のプレイヤー

不動産業界におけるSEO(検索エンジン最適化)の役割は、大手企業と中小企業とで異なる側面を持っています。それぞれのプレイヤーが独自の特徴を活かし、成功を収めている点を競合分析をもとに発見していきます。

結論、大手企業と中小企業はそれぞれのリソースと戦略を最大限に活かし、成功を収めています。大手企業はブランド力や大規模な物件データベースを生かし、中小企業は柔軟性とローカル市場への特化を活かしています。どちらも効果的なSEO戦略を展開し、不動産業界で競争力を維持・向上させるために重要です。

大手企業のSEO戦略

不動産業界の大手企業は、その規模と資本力を武器にSEO戦略を展開しています。

資本規模の大きさ

大手企業は多くの資本とリソースを保有しており、これをSEO戦略に投入できます。それにより、高度なキーワードリサーチ、コンテンツ制作、外部被リンク戦略などを実施し、検索エンジンでの上位表示を図ります。

ブランド力の活用

大手企業は一般ユーザーにとって知名度が高く、ブランド力を最大限に活かすことができます。そのため、ウェブサイトへの自然検索トラフィックが多く、SEOにおいても競合他社よりも有利な立場にあります。

多彩な物件データベース

大手企業は膨大な物件情報を保有しており、これをウェブサイト上で効果的に管理・表示できます。多彩な検索オプションや豊富なコンテンツを提供し、多くのユーザーにアピールします。

中小企業のSEO戦略

一方、中小不動産企業は限られたリソースのなかで、独自のSEO戦略で成功を収めています。

予算の制約

予算が限られている中小企業は、予算を最適に活用する必要があります。リソースを効果的に割り当て、コスト効率の良いSEO施策を実施します。

柔軟性

中小企業は組織が小さく、迅速な意思決定が可能です。変化に対応し、新たなSEO戦略を素早く展開する柔軟性があります。

ローカル市場への特化

一部の中小不動産企業は、特定の地域や市場に特化しています。ローカルSEO戦略を強化し、地域の需要に合わせたサービスを提供します。

顧客対応の重視

顧客対応に注力する中小企業は、個別のニーズに応じたカスタマイズされたサービスを提供します。これが口コミやリピートユーザーを通じてSEO効果につながります。

KSF

不動産業界においての重要成功要因(Key Success Factor)は、取扱物件数です。他社と比較して多くの物件を取り扱うことは、特にSEO(検索エンジン最適化)の観点からも優位性が高く、重要な要素です。

さらに、ターゲットは主に以下の2つに分かれます。

・不動産を所有するオーナー(買い替え等による売却目的や投資目的)

・不動産を購入・賃貸しようとするユーザー

これらの異なるターゲット層に対応するために、ページ内コンテンツを調整することが非常に重要です。これにより、ユーザーニーズに合致した有益な情報やコンテンツを提供することが可能となります。

例えば、以下のようなアプローチが考えられます。

不動産を所有するオーナー向け

売却目的を持つ不動産オーナーに対して、売却プロセスのステップやアドバイス、そして不動産市場の最新動向に関する情報を提供します。売却に関する情報は、査定から契約締結までの具体的な手順や、物件の魅力を引き立てる方法について包括的にカバーします。市場動向に関しては、地域や物件の種類に合わせた市場の現状を説明し、最適な売却戦略を検討する情報を提供します。

一方、投資目的の不動産オーナーに対しては、賃貸市場のトレンドや賃料設定に関する価値ある情報を提供します。これには、地域別の需要動向や競合物件の分析、賃料設定の最適化方法などが含まれます。また、不動産投資の収益性向上策についてもアドバイスを行います。具体的には、リフォームやアップグレードの提案、テナント獲得の戦略立案、家賃収入の最大化策などが該当します。

不動産を購入・賃貸しようとするユーザー向け

購入を検討しているユーザーに対して、地域ごとの物件情報や予算に合った物件の探し方に関するアドバイスを提供します。地域ごとの物件情報は、特定のエリアでの住宅市場の動向、学校や交通機関の近さ、生活環境などを含み、ユーザーが理想の住まいを見つけるのに役立ちます。予算に合った物件の探し方についてのアドバイスでは、予算設定から物件の選定、価格交渉までのステップを詳細に解説し、購入プロセスをスムーズに進める手助けを行います。

また、賃貸住宅を探しているユーザーに対しては、賃貸市場の特徴や賃貸契約のステップに関する情報を提供します。賃貸市場の特徴については、地域ごとの家賃相場や需要傾向、入居条件などを説明し、ユーザーが賃貸物件を選ぶ際の参考になる情報を提供します。契約手続きに関しては、賃貸契約の流れや必要な書類、入居前の準備などを詳細に説明し、スムーズな入居をサポートする情報を提供します。

SEO戦略

不動産業界に限らず、SEO戦略はキーワード戦略、戦術、施策、実行体制などから構成される総合的なアプローチです。

キーワード戦略では、ユーザーの多様な検索ニーズに応えるためにキーワードリサーチが行われ、戦術として内部コンテンツ、内部テクニカル、外部リンクの要素が活用されます。内部コンテンツは有益な情報提供とロングテールキーワードの獲得に焦点を当て、内部テクニカルはウェブサイトの最適化を強化します。外部リンクはウェブサイトの権威性向上に寄与します。施策はスケジュール立てて計画的にSEO担当者やウェブ開発者、デザイナー、コンテンツ制作者などの各部門の担当者が連携し、定期的なモニタリングと調整が行う必要があります。

不動産業界のサイト型とビジネス型

サイト型

不動産業界において、データベース型のウェブサイトが主流となっています。データベース型サイトは、ウェブサイトのコンテンツや情報をデータベースに格納し、ユーザーの要求や検索に応じて動的にコンテンツを生成するウェブサイトのことです。このタイプのサイトは、静的なHTMLページではなく、データベースから情報を取り出して動的に表示するため、柔軟性と効率性が高く、コンテンツの管理や更新が容易です。

データベース型サイトの主な特徴と利点は次のとおりです。

膨大な情報の効率的な管理

不動産業界では、膨大な数の物件情報が日々蓄積されます。データベース型サイトは、この情報を効率的に管理できる仕組みを提供します。新しい物件情報が登録されると、データベースは自動的にそれに関連するページを生成し、ユーザーに表示します。また、ユーザーが特定の検索条件を設定すると、データベースは素早く該当する物件情報を抽出して表示できます。これにより、多くの情報を迅速かつ効率的に提供できます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

データベース型サイトは、ユーザーエクスペリエンスを向上させる重要な役割を果たします。ユーザーは特定の検索条件を入力し、データベースから抽出された結果を見ることができます。この機能により、ユーザーは自分のニーズに合った物件を簡単に見つけることができ、使いやすいサイト体験を享受できます。

多様な検索条件に対応

不動産情報はさまざまな条件に基づいて検索されます。価格、エリア、部屋の数、設備など、多岐にわたる条件が存在します。データベース型サイトは、これらの多様な検索条件に対応し、柔軟な検索オプションを提供できます。ユーザーは自分の希望に合った物件をより正確に絞り込むことができます。

リアルタイムの情報更新

不動産市場は常に変動しています。データベース型サイトを使用することで、最新の情報をリアルタイムで更新し、ユーザーに正確な情報を提供できます。これはユーザーにとって重要であり、信頼性を高めることにつながります。

自動化と拡張性

データベース型サイトは、自動化と拡張性に優れています。新しい物件情報が追加されると、データベースは自動的にページフォーマットに則って新しいページを生成します。これにより、サイトの拡張が容易であり、大規模な物件データベースにも対応できます。データベース型サイトは、不動産業界において情報の効率的な管理と提供を実現する強力なツールとなっています。

ビジネス型

不動産業界におけるビジネスモデルは、一般的に「マッチングモデル」として知られており、需要と供給をマッチングさせ、その取引に対して手数料を収益とするモデルです。このモデルにおいて、不動産業者やプラットフォームは需要と供給を結びつけ、不動産の売買や賃貸取引を仲介し、その取引に関連した手数料を受け取ることが主な収益源となります。このモデルにおいて、ウェブサイトの存在は重要で、ユーザーを引き寄せる役割を果たします。

また、営業手法として「反響型営業SDR(Sales Development Representative)」が採用されています。SDRは、営業のプロセスにおいてリードの発見やナーチャリング(育成)を行い、潜在的なユーザーを見込み客に変える役割を果たします。これにより、ユーザーの反響を獲得し、ビジネスの成約率を向上させることが可能となります。

ウェブサイトは、不動産業界にとって非常に重要であり、主な存在目的は反響を獲得することです。ウェブサイトは、需要と供給をつなげるためのプラットフォームとしての役割を果たし、物件情報の提供や検索機能を提供することで、潜在的なユーザーを引き寄せます。ユーザーがウェブサイトを訪れ、物件情報を検索し、問い合わせを行うことによって、SDRの仕事をサポートし、ビジネスの成果を最大化します。

キーワード戦略

どのキーワード群を、どのページ群で狙うのか、ついては大きく5つに分けることができます。

1.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×エリア名(駅名含む) 

2.物件名(マンション名が主)

3.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など) )

4.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×条件(3LDK、床暖房など)

5.Infomational寄りのクエリ

1.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×エリア名(駅名含む)

対象ページ群:物件一覧ページ

特定のエリアで特定の物件カテゴリを検索するユーザーに向けて効果的です。例えば、「中古マンション 港区」のクエリでは、港区にある中古マンションの一覧ページを表示します。各不動産会社は、このようなエリアごとの一覧ページを整備して、ユーザーを対象エリアの物件に誘導します。

2.物件名(マンション名が主)

対象ページ群:物件詳細ページ

物件名をキーワードとするクエリは、特定のマンションを探しているユーザーに向けて効果的です。例えば、「ザ・東京タワーズ」のようなマンション名を検索すると、該当マンションの詳細ページが表示されます。各不動産会社は、物件詳細ページを充実させ、ユーザーに詳細情報を提供し、興味を引きます

3.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など) 

対象ページ群:物件一覧ページ(検索エリアによって変動)

物件カテゴリ名単体のキーワードは、ユーザーの検索したエリアに応じて、自動的に最適化された物件一覧ページを表示します。例えば、「中古マンション」で検索した際に、ユーザーの検索したエリアに合致した中古マンションの一覧ページが表示されます。以下の例は品川区で「中古マンション」と検索した際の検索結果です。

4.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×条件(3LDK、床暖房など)

対象ページ群:物件一覧ページ

物件カテゴリと特定の条件を組み合わせたキーワードは、ユーザーが特定の要件を持つ物件を検索する場合に有効です。例えば、「中古マンション 3LDK」のクエリは、3LDKの条件を持つ中古マンションの一覧ページを表示します。これらの条件に合致する物件情報を充実させる必要があります。

5.Infomational(情報収集型)寄りのクエリ

対象ページ群:コラム記事ページ

Informational(情報収集型)寄りのクエリは、不動産に関する情報やアドバイスを求めるユーザーに向けて有効です。不動産業者は、コラム記事やブログを通じて、不動産の売却、投資、賃貸などに関する情報を提供し、ユーザーの知識を拡充させます。これにより、信頼性を高め、ユーザーの興味を引きます。

戦術と施策

戦術としては後述する「Needs Met」「Page Quality」の両立が必要になります。 

施策面では、内部コンテンツ、内部テクニカル、外部リンクの要素を強化します。内部コンテンツではユーザーの比較検討に必要な情報を網羅し、内部テクニカルでは内容が似ている大量のページの取り扱いを調整します。外部リンクにおいては、サイトの権威性を獲得します。 

PageQualityか?NeedsMetか?

不動産業界のSEO対策において、Page QualityとNeeds Metの両方が重要です。

Page Qualityは、ランディングページの品質を評価するための指標であり、ランディングページのコンテンツの質、信頼性、専門性、ユーザビリティなどを評価します。取扱物件数やエリアにおけるユニークコンテンツの追加などを行い、ランディングページの品質を高めるほど、検索エンジンのランキングに影響を与える可能性が高くなります。

一方、Needs Metは、ユーザーの検索意図に対して、検索結果がどの程度役立っているかを評価するための指標です。ランディングページの品質が高くても、ユーザーの検索意図に合わない場合は、Needs Metの評価が低くなる可能性があります。

不動産業界の場合、ユーザーは、物件の詳細情報や価格、物件の周辺環境などを検索することが多いため、ランディングページの品質が高く、かつ、ユーザーの検索意図に合致したコンテンツが提供されることが重要です。そのため、Page QualityとNeeds Metの両方を考慮して、SEO対策を行うことが望ましいです。

代表的な施策

不動産業界における代表的なSEO施策は、内部テクニカル、内部コンテンツ、外部リンクの3つのカテゴリに分けられます。

 内部テクニカル

数が多いページの管理

不動産業者のウェブサイトは多くの物件情報を含んでおり、これらのページを適切に管理することが重要です。重複コンテンツの発生を回避し、ページの構造を最適化するために、カノニカルタグの活用やパラメータURLの制御などが行われます。

内部リンク構築

ウェブサイト内のページ同士を相互にリンクさせ、ユーザーが情報にスムーズにアクセスできるようにする内部リンク戦略が重要です。特に、物件詳細ページから関連するエリア情報ページへの内部リンクは、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEOに寄与します。

 内部コンテンツ

自社が扱うブランドマンションへの一次情報の追加

ブランドマンションや特定の物件について、一次情報を提供することで、ユーザーに有用な情報を提供します。写真、詳細な物件特徴、最新の価格情報などが含まれます。

ロングテールキーワードの獲得のためのコンテンツSEO

ロングテールキーワードは特定のニーズに合致するユーザーをターゲットにします。例えば、「東京港区の3LDKマンション」などのキーワードを活用して、特定の物件タイプやエリアへのコンテンツを充実させ、長尾キーワードでのランキングを向上させます。

 外部リンク

グループ会社からの外部被リンク取得

不動産業界では、多くの企業がグループ会社を持っており、これらの関連企業からの外部リンクを獲得することが一般的です。これにより、ウェブサイトの権威性が向上し、検索エンジンの評価が高まります。外部被リンクは、業界のネットワークを活用して築かれることが多いです。

よくある悩みと対応策


不動産業界は、不動産物件の需要と供給、時期や流行による変動、そして多岐にわたる競合との戦いが特徴的です。この業界でのSEO活動は、他の多くの業界と比較しても独特の悩みや課題を持っています。以下に、不動産業界に特有のSEOの悩みとその対策について詳しく説明します。

1.掲載物件の入れ替わりと更新頻度

不動産業界は掲載物件の入れ替わりが頻繁で、新たな物件情報が継続的に更新されます。この状況に対する主な悩みは、掲載終了物件ページの適切な取り扱いと、新たな掲載物件の追加に関連しています。掲載終了物件については、適切なステータスコードへの変更が必要であり、新しい物件情報に関してはXMLサイトマップへの記載や内部のクローリング促進が必要です。

2.競争の激しさ

不動産業界は多くの競合が存在し、特に競争が激しい業界の一つです。競争が激しいため、主要なキーワードでの上位ランキングを獲得することが難しく、また、掲載物件情報の差別化も課題です。対策としては、ニッチなキーワードやロングテールキーワードの狙い方を強化し、自社のサービスを差別化する努力が求められます。

3.取扱物件数の差

中小企業は、ポータルサイトと比較して取扱物件数で劣ることがあります。しかし、自社が取り扱う物件に特有の情報や強みがある場合、これを活かすことができます。競合他社やポータルサイトに負けない情報量を記載し、独自性を強調することで、差を埋める戦略を展開することが可能です。

4.コラム記事での流入獲得

物件情報だけでなく、コラム記事でのキーワード獲得も競争が激しい課題です。特に、不動産の売却、投資、賃貸などに関するキーワードで上位を獲得し、流入数を増やすのが難しい状況があります。対策としては、競合と同程度またはそれ以上の記事数を用意し、専門用語を分かりやすく解説し、ロングテールキーワードを狙った記事を積極的に執筆することが重要です。

事例

以下は弊社のクライアントの事例です。

キーワード戦略は本記事で紹介している内容と変わりませんが、課題に応じて最適な施策の提示を行っています。

・相談いただいたタイミングでの課題

 社内事情でSEO上問題のあるサイト構造になっていた。

 競合サイトがSEOに強く、流入シェアを奪われていた。

・戦略

 前述のキーワード戦略に基づき以下の5つに分けて実施。

 1.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×エリア名(駅名含む) 
 2.物件名(マンション名が主)
 3.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など) )
 4.物件カテゴリ名(中古マンション、中古戸建て、など)×条件(3LDK、床暖房など)
 5.Infomational寄りのクエリ

・戦術

 内部コンテンツ、内部テクニカル、外部リンク

・施策例

 サイト全体の内部テクニカル施策の見直し

 コンテンツSEOの実施

よくある質問

Q.ポータルサイトにSEOで勝つことはできますか?

A.ニッチなキーワードやロングテールキーワードに焦点を当てて対策を行うことで、ポータルサイトのような競合を回避して戦うことが可能です。

Q.開発を動かすためにはどのようなことをすべきですか?

A.開発を進めるためには以下のようなステップを踏んで進めていくことが効果的です。

(1)目標設定
(2)リソース確保
(3)優先順位付け
(4)スケジュール決め
(5)モニタリング
(6)成果評価

ターゲットを見定め、コンテンツを最適化する

不動産業界のポータルサイトや大手企業が乱立しているため、SEOの難易度は特に高い業界であると言えます。ユーザーが求めているコンテンツを適切に発信し、比較検討段階のユーザーと接点を持ち、反響につなげましょう。 

PLAN-Bでは、「サイトの型」「業界業種の型」のセオリーをベースに、お客様の固有の文脈に則ったSEO戦略・戦術を提案しております。

不動産業界だけでなく、データベース型サイトの実績も豊富にございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス