再検索キーワードとは? 活用方法を理解してコンテンツの質を高めよう

SEOツール「SEARCH WRITE」でSEOが分かる・できる
今すぐ無料ダウンロード

SEOを意識した質の高いコンテンツ作成には、ユーザーの検索意図の理解と悩みを解決できる充実した内容が求められます。ユーザーの検索意図を探る手がかりとなるのは、再検索キーワードです。再検索キーワードを調査・分析することで、ユーザーが求めている情報を詳細に把握できます。

メインとなるキーワードと併せて再検索キーワードを意識することで、ユーザーの悩みを解決できる質の高い記事を作成することができるでしょう。本記事では再検索キーワードの詳細について、表示される仕組みやメリットなどを基に解説します。

また、再検索キーワードを活用したコンテンツ作成のポイントや再検索キーワードを調査できるツールについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

再検索キーワードとは?

再検索キーワード

再検索キーワードとは、Googleでキーワードを検索した際に検索結果ページに表示される「関連する質問」という項目に表示されるキーワードのことを指します。

ユーザーが検索結果に表示されたWebページを閲覧したけれど、抱えている悩みが解決できなかった場合に入力されるのが再検索キーワードです。例えば、Googleで「デジタルマーケティング」と検索したとしましょう。検索結果ページには10件のWebページのほかに、「関連する質問」という項目として以下の再検索キーワードが表示されます。

デジタルマーケティングとは?
デジタルマーケティングの身近な例は?
企業のデジタルマーケティングとは何ですか?
デジタルマーケティングの年収は?

ユーザーがGoogleでキーワードを検索する際、一度の検索で求める情報が見つからない場合もあります。再検索キーワードは、ユーザーが求める情報にたどり着けるように、複数のキーワード候補を表示して補助する役割があります。

また、「求める情報が得られたら別の疑問が生じた」というケースもあります。このような場合にも、再検索キーワードはユーザーに有益な情報を提供してくれます。

サジェストキーワードとの違い

違い

検索ユーザーの補助を目的とするキーワードには、再検索キーワードのほかにサジェストキーワードがあります。

サジェストキーワードとは、キーワードを入力した際に検索窓の下部に表示されるキーワード候補一覧のことです。再検索キーワードとサジェストキーワードとの大きな違いは、キーワードが表示されるタイミングです。

再検索キーワードは、メインキーワードを検索後に検索結果ページに表示されるのに対し、サジェストキーワードは検索窓にキーワードを入力すると同時に表示されます。再検索キーワードは検索結果を踏まえてユーザーが次に取る行動を補助する役割を果たし、一方でサジェストキーワードはユーザーがキーワードを決める際に補助する役割を担っています。

また、再検索キーワードは全ユーザーの検索傾向をもとに表示されますが、サジェストキーワードは自分自身の検索傾向をもとに表示されます。つまり、サジェストキーワードはユーザー一人ひとり異なる特徴を持っています。

サジェストキーワードについては下記の記事で解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

再検索キーワードが表示される仕組み

 

「他の人はこちらも検索」に表示される再検索キーワードは、ユーザーがメインキーワードで検索したページを離脱した後、次に検索したキーワードが反映されています。

Googleはユーザーが悩みを解決できる検索結果の提供を目指しており、ユーザーが求めている情報を速やかに見つけられるようにしています。その方法の1つが再検索キーワードの表示です。再検索キーワードの候補を検索結果ページに表示することで、ユーザーは再度キーワードを入力することなく目的の情報にたどりつくことができ、速やかに悩みを解決できます。

SEOにおける再検索キーワードの重要性

graph

再検索キーワードは、SEOにおいて有効に働きます。SEOにおける再検索キーワードの重要性は以下の通りです。

  • 読者満足度の高いコンテンツになる
  • Googleからの評価が高まる

読者満足度の高いコンテンツになる

読者満足度の高いコンテンツを作るためには、読者の悩みを解決できる内容にする必要があります。

再検索キーワードは読者の検索意図が反映されているため、再検索キーワードを把握することで、読者の検索意図、つまり抱えている悩みの把握につながります。再検索キーワードをコンテンツ内に盛り込むことで、読者の悩みの解決につながる記事の作成が可能です。

読者が記事を読み終えたときに、抱えている悩みをすべて解決できた状態になれば、そのページは読者満足度の高いページと言えるでしょう。

Googleからの評価が高まる

GoogleはWeb上のさまざまなコンテンツを評価し、評価の高いコンテンツを上位表示させます。

Googleによるコンテンツの評価基準の詳細は明らかにされていませんが、「Googleが掲げる10の事実」からも推し量ることができるように、読者の悩みを解決できるコンテンツであることが重要と言われています。読者の悩みを解決する手がかりとなるのが、読者の検索意図を反映している再検索キーワードです。

読者の検索意図を再検索キーワードで把握できれば、読者が抱えている悩みが理解でき、悩みを解決できるコンテンツ作成ができるでしょう。多くの読者の悩みを解決できれば読者満足度が上がり、結果としてGoogleから質の高いコンテンツとして評価されます。

SEOにおける検索意図の重要性は下記の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

SEOにおける再検索キーワードのメリット

メリット

再検索キーワードは、SEOにおいてどのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは、SEOにおける再検索キーワードのメリットを紹介します。

  • 再検索時に記事が表示される可能性が高まる
  • ユーザーの顕在ニーズにアプローチできる
  • コンテンツの質を向上させる

再検索時に記事が表示される可能性が高まる

ユーザーの悩み、つまり検索意図が反映されているのが再検索キーワードです。

再検索キーワードをもとにユーザーの悩みを解決できる記事を作成することで、Googleからの評価が上がり、上位表示されやすくなるでしょう。また、そもそも記事が上位表示されなくても、再検索キーワード欄に記事を載せられれば、記事への流入アップを見込めます。

再検索キーワードを活用したコンテンツ作成を意識することで、ユーザーに記事を読んでもらえる機会が増えるでしょう。

ユーザーの顕在ニーズにアプローチできる

再検索キーワードは、ユーザーがメインキーワードで検索して、顕在ニーズを満たした後に検索されることから、潜在ニーズを表しています。

潜在ニーズとは、ユーザー本人が自覚していないニーズを指し、再検索キーワードはWebページを読んで浮かんだ疑問や解決できなかったことが検索されるものです。潜在ニーズである再検索キーワードを意識したコンテンツを作成することで、ユーザーの顕在ニーズにアプローチすることが可能です。

コンテンツの質を向上させる

再検索キーワードを意識した記事を作成することで、コンテンツの質を向上させることが可能です。

Googleはユーザーの悩みを解決できるページを高く評価します。読者が求める内容のコンテンツ作成をし、ユーザーの満足度が高まることでGoogleからの評価も上がります。再検索キーワードは、ユーザーが解決できなかった内容や新たに浮かんだ疑問を表していることから、ユーザーが求めている情報そのものと言えます。

ユーザーの悩みである再検索キーワードの答えを記事に含めることで、ユーザーの悩みを解決できる質の高いコンテンツを作成できるでしょう。

SEOにおける再検索キーワードを活用したコンテンツ作成のポイント

checklist

再検索キーワードを活用したコンテンツ作成のポイントについて紹介します。

  • ユーザーの意図を考えたキーワード選定
  • コンテンツ執筆時の検索意図の分析
  • 複数の再検索キーワードの活用

ユーザーの意図を考えたキーワード選定

再検索キーワードは、ユーザーの意図を考えたキーワード選定に活用できます。

ユーザーが本当に知りたい情報や新たに生じた疑問を含んだキーワードであり、ユーザーの検索意図が読み取れます。「なぜユーザーは再検索をしたのか」を考えることで、ユーザーの意図をくみ取ったキーワード選定ができ、ユーザーファーストのコンテンツが作成可能です。

コンテンツの内容が乏しい場合や、より充実した内容に仕上げたい場合は、再検索キーワードを活用することをオススメします。

コンテンツ執筆時における検索意図の分析

再検索キーワードは、コンテンツ執筆時における検索意図の分析に役立ちます。

Googleに評価されるコンテンツを作成するには、ユーザーの検索意図に応え、悩みを解決できる内容であることが必要です。したがって、コンテンツ作りに伴う検索意図の調査・分析は必須であり、調査・分析に活用できるのが再検索キーワードです。

ユーザーが知りたい情報(検索意図)である可能性が高い再検索キーワードは、ユーザーの悩みを解決できるコンテンツ作成に活用できるでしょう。

複数の再検索キーワードの活用

複数の再検索キーワードを記事内に含めることで、ユーザーが知りたい内容が網羅された質の高い記事に仕上げられます。

再検索キーワードから流入してきた多くのユーザーを解決に導ければ、ユーザー満足度の高いコンテンツとして評価されます。ただし、記事全体の構成を無視した再検索キーワードの詰め込みは、記事の質が低下するため避けましょう。

再検索キーワードをツールで調査する

再検索キーワードはGoogle検索で調査可能ですが、一度に確認できるキーワードの数には限りがあります。また、手動で調査する必要があるため、手間もかかります。

手軽に十分な数の再検索キーワードを調査したい場合は、ツールの使用がオススメです。最後に、再検索キーワードを調査できるツールを2つご紹介します。

  • GetKeyword
  • 再検索キーワード調査ツール

GetKeyword

(引用:GetKeyword

GetKeywordは、サジェストキーワードと関連キーワードを調べることができるツールです。調査のために必要なパスコードを発行することで、誰でも無料で利用できます。サジェストキーワードについては、検索ボリューム、CPC、競合性などの数値を確認することができます。

また、再検索キーワードおよび「再検索キーワードの再検索キーワード」を調査することも可能であり、ユーザーニーズを詳細に分析することができます。

再検索キーワード調査ツール

(引用:再検索キーワード調査ツール

再検索キーワード調査ツールは、株式会社コンテンシャルの代表取締役である柏崎剛さんによって制作されたツールです。このツールを使用すると、調査したいキーワードと、柏崎さんが定期的にツイートするパスワードを入力することで、誰でも無料で再検索キーワードを調査できます。特筆すべきは、再検索キーワードだけでなく、2階層目の再検索キーワード(再検索キーワードの再検索キーワード)も調査できる点です。

キーワードを入力してから結果が表示されるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、操作は簡単であり、すべての再検索キーワードを調査する便利なツールです。

まとめ

再検索キーワードは、検索ユーザーの補助に役立つのはもちろん、コンテンツ作成のヒントとしても利用できる情報です。再検索キーワードを調べることで、ユーザーの検索意図を把握でき、ユーザーが抱える悩みを解決できるコンテンツが作れます。

Googleから評価される質の高いコンテンツ作成のためにも、積極的な再検索キーワードの調査・活用をオススメします。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス