SEOとキーワード数は関係している? SEOへの影響度合いやNGなアクションを紹介

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

SEO記事を制作する場合、1記事にどのくらいのキーワード数を含めればいいのだろう?」という方も多いのではないでしょうか。「複数のキーワードを含めた方が上位表示できることはわかるけど、過剰に入れすぎるのもよくないと聞くから悩んでいる」という方もいるかもしれません。

本記事では、SEO記事を制作する上でキーワード数がどのように関わっているのか、SEOキーワードを含める上で意識すべきポイントなどについて紹介します。SEO記事を上位表示させたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

SEOとキーワード数は関連性がある?

そもそも、SEOとキーワード数にはどのような関係性があるのでしょうか。結論をお伝えすると、SEOとキーワード数には一定の関連性がありますが、過剰にキーワードを使用することによって高いSEO効果を得られることはないと言われています。実際には、Googleなどの検索エンジンは、キーワード密度や単語の頻度よりもコンテンツの品質やユーザビリティなど、多くの要素を考慮してランキングを決定しているため、キーワード数を含めるほど上位表示されやすくなるというわけではありません。キーワード数はあくまで複合的な要因の1つに過ぎません。

しかし、適切にキーワードを含めることはSEOで上位表示するのに貢献します。キーワードを使用することで、ユーザーが探している情報に関連したコンテンツであることを示すことができ、検索エンジンがそのページのトピックを理解しやすくすることができます。

キーワードの使用回数や出現率はSEOにあまり影響を与えませんが、逆にSEOに悪影響を及ぼす可能性もあります。重要なのは、キーワード数よりもコンテンツの内容を充実させることです。キーワードを強引に多く使用するのではなく、読み手にとって有益で魅力的な情報を提供することが重要です。

  • キーワードの使用回数や出現率はSEOにあまり影響を与えない
  • SEOに悪影響を及ぼすことも
  • キーワード数よりも内容を充実させるべき

キーワードの使用回数や出現率はSEOにあまり影響を与えない

SEOにおいて、キーワードの使用回数や出現率が検索順位に直接的な影響を与えることはほとんどないとされています。過去には、キーワードの密度や頻度が高いほど順位が高くなると考えられていた時期もありましたが、検索エンジンのアルゴリズムは進化し、今ではコンテンツの品質やユーザビリティなど、200以上の要素を考慮して順位を決定しています。

したがって、キーワードの使用に関しては自然な形で適切に使用し、こだわり過ぎないようにする必要があります。SEOで記事を上位表示するためにキーワードを使用することは重要ですが、それ以上にコンテンツの品質やキーワードの組み込み方を重視する必要があるということです。

SEOに悪影響を及ぼすことも

過剰なキーワードの使用は、SEOの順位に悪影響を及ぼす可能性があります。検索エンジンのアルゴリズムは、コンテンツの品質を測定するためにキーワードの使用頻度やコンテキストを分析しています。過度なキーワード使用は検索エンジンにスパムと誤解され、ペナルティを受ける可能性があります。さらに、過度にキーワードを含めると、読者にとっても不快なものとなりコンテンツの品質が低下してしまいます。そのため、キーワードは自然な形でコンテンツに組み込むことが重要です。

キーワード数よりも内容を充実させるべき

SEOにおいて、キーワード数よりも重要なのはコンテンツの内容を充実させることです。検索エンジンは、ユーザーが有益な情報を見つけられるようにすることを目的として動いており、コンテンツの質を重視しています。もちろん、キーワードの使用は記事の内容を明確にするために重要ですが、それ以上に重要なのはユーザーが求めている情報を提供し、役立つコンテンツを作成することです。コンテンツの品質やユーザビリティに配慮し、ユーザーにとって価値のある情報を提供することがSEOの成功につながります。

SEOでキーワード数を増やすべき項目

ここまで、SEOでキーワード数の重要性について紹介してきました。しかし、全ての項目でキーワード数を増やせば良いわけではありません。ここでは、SEOキーワード数を増やすべき項目について紹介します。

タイトル

タイトルは、検索エンジンにとって非常に重要な要素です。適切なキーワードを使用し、タイトルを明確かつ魅力的にすることで、検索エンジンにもユーザーにも正しく情報を提供することができます。ただし、キーワードを強引に詰め込んだり無関係なキーワードを使用したりすると、スパムと見なされ順位を下げる可能性があります。したがって、適切なキーワードを使用し自然な形でタイトルを制作することが重要です。また、ユーザーがクリックしたくなるような魅力的なタイトルを作成することも重要です。

H2、H3タグ

H2やH3タグは、コンテンツの構造を示すために使用される要素であり、一般的には見出しとして使用されます。適切に使用されたH2やH3タグは、検索エンジンにとってもユーザーにとっても価値があり、そういったコンテンツ構造をとることで読みやすさを向上させることができます。したがって、適切なキーワードを使用しH2やH3タグを正確かつ自然な形で使用することが重要です。

ただし、無関係なキーワードを強引に詰め込んだりH2やH3タグを大量に使用したりすると、スパムと見なされ逆に順位を下げる可能性があります。H2やH3タグを使用する場合は、過度になり過ぎないよう注意しましょう。

メタディスクリプション

メタディスクリプションは、コンテンツの概要を示す要素であり、Googleの検索結果に表示される可能性があります。適切なキーワードを使用し、簡潔かつ魅力的なメタディスクリプションを作成することで、ユーザーに記事を読む価値を示すことができます。これにより、ユーザーがクリックして記事にアクセスする可能性が高まります。

SEOでキーワード以外に意識的に含めた方が良い文言

SEOで効果を高めたい場合、キーワード以外にも意識的に含めた方が良い文言があります。ここでは、SEOでキーワード以外で取り入れた方が良い文言を3つ紹介します。

関連キーワード

関連キーワードは、狙っているキーワードに関連するワードのことを指します。例えば、「ブログ」というキーワードであれば「ブログ 収益化」「ブログ始め方」「ブログとは」などが関連キーワードです。

これらのキーワードを含めて記事を制作すると、読者にとって有用な情報を提供できるため、コンテンツの質が高まり、順位を向上させることができます。

共起語

共起語は、コンテンツの中でメインで対策しているキーワードと一緒に使用されることの多いキーワードのことを指します。例えば、ブログの場合は「サーバー」「ドメイン」「ライティング」などが共起語となります。共起語を含めることで、コンテンツが検索クエリに適合すると判断されやすくなり、順位向上に役立ちます。

ただし、共起語を無理やり使用するとユーザビリティが低下する可能性があるため、自然な形で文脈に合ったキーワードと共起語を使用することが重要です。

ユーザー属性に合ったキーワード

ユーザー属性に合ったキーワードを使用することも意識しましょう。例えば、特定の年代層や地域、職種に対して販売を行っている場合、その層に合ったキーワードを選定することで、よりターゲットの興味を引きやすくなります。具体的には、ビジネスマンを狙っている場合には「MTG」や「アイミツ」「アサイン」などの用語を使うと読者が安心してコンテンツを楽しめます。

ユーザー属性に合ったキーワードを使用するにはペルソナの理解が必要不可欠です。ペルソナについては下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

SEOでキーワード数を増やす際に意識すべきポイント

次に、SEOでキーワード数を増やす際に意識すべきポイントについて紹介します。

  • 自然にキーワードを含める
  • キーワード出現率チェックツールを使用して競合を分析する
  • 1記事で狙うSEOキーワードは1つまで
  • SEOツール「SEARCH WRITE」のコンテンツ立案を使った調べ方

自然にキーワードを含める

SEOでは自然にキーワードを含めることを意識しましょう。キーワードを無理なく文章に組み込み、読者が自然に理解できるような文章を書くことで興味関心を引くことができます。また、自然な言語でコンテンツを作ることで、ユーザーだけでなく検索エンジンにも評価されやすい記事に仕上がるでしょう。

キーワード出現率チェックツールを使用して競合を分析する

キーワード出現率チェックツールを使用して競合を分析することも重要なポイントです。キーワード出現率チェックツールを使用して競合サイトを分析すれば、自社のサイトにどんなキーワードが必要か、何が不必要かを理解しやすくなります。また、競合サイトで使われていないキーワードを自社サイトで積極的に使用することで、競合サイトに比べて上位表示を狙える可能性が高まります。

オススメのキーワード出現率チェックツールを下記の記事で紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

1記事で狙うSEOキーワードは1つまで

1記事で狙うSEOキーワードは1つまでを意識することが重要です。複数のキーワードを詰め込んだ記事は、内容が分散され、読者や検索エンジンにとって親切でない場合があります。また、キーワードを過剰に使いすぎたり強引に文章に組み込んだりすることで、読みづらくなり、結果として得られる情報が少なくなる場合があります。1つのキーワードを中心に、読みやすくかつ内容が充実した記事を作成することで、検索エンジンとユーザーの評価が高まり、より多くのアクセスを獲得することができるでしょう。

SEOツール「SEARCH WRITE」のコンテンツ立案を使った調べ方

SEARCH WRITE」では、テーマに関連するキーワードの抽出と検索結果の調査から始めます。競合サイトのコンテンツやページ構成、特徴などを分析して、自社のコンテンツの差別化や強みを見つけ出すことが重要です。

また、ユーザーが求めている情報を把握するために、キーワードのサジェストや関連キーワードの調査を行います。これにより、より精度の高いコンテンツの立案が可能になります。

上位ページのコンテンツに含まれる「単語」の傾向

SEARCH WRITE」では、上位ページのコンテンツに含まれる単語の傾向を調査する機能も提供されています。競合サイトのコンテンツにおけるキーワードの出現頻度や関連キーワードの存在などを分析し、自社サイトのコンテンツに必要な単語やキーワードを把握することができます。これにより、初心者でも簡単にSEO対策を行うことができます。

サジェストマップ

「SEARCH WRITE」では、Googleの検索サジェストを活用した機能である「サジェストマップ」も利用できます。入力されたキーワードに関連するサジェスト候補を表示してくれるため、効果的なキーワードの選定に役立ちます。これにより、SEO対策の精度を高めることができます。

まとめ

本記事では、SEO記事制作におけるキーワード数の重要性や、コンテンツ評価に影響を与える他の要素について紹介しました。キーワード数は重要な要素ですが、コンテンツの評価はキーワード数だけでなく、関連キーワードやサジェストワード、ドメインパワーなど、200以上の要因が複合的に影響します。キーワード数に囚われ過ぎず、総合的な分析を行いながら上位表示を狙うことが重要です。本記事の内容を参考にしながら、読者にとって価値のある情報をコンテンツに含めるよう努めてください。ぜひ、本記事のアドバイスを活用し、効果的なSEO記事制作に取り組んでください。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
「SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス