検索順位の仕組みとは? 検索エンジンで上位表示するために必要な対策とは?

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

検索順位は、様々な要因で決まるといわれています。そのため、どのように対策を施せば記事が上位表示されるのかについて疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。また、対策がわからず誤った手法で検索順位を上げようとしてしまい、逆効果になってしまうケースもあります。

本記事では、検索順位の仕組みを示すとともに、検索順位で上位表示を狙うために意識すべきポイントや検索順位を確かめるツール、SEOの検索順位を上げるうえでチェックしておきたい項目についても紹介します。検索順位をアップさせたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

検索順位の仕組みとは?

検索順位は様々な要因によって決まります。まずは、検索順位の仕組みについて紹介します。

  • Googleクローラーが情報を自動収集
  • インデックス登録と情報整理
  • 200以上の評価アルゴリズムでランクを付ける

Googleクローラーが情報を自動収集

Googleの検索順位は、Googleクローラーがインターネット上の情報を収集しその情報をもとに「ページランク」を計算して決定されます。

まず、Googleの記事を巡回するクローラーはWebサイトのリンクを辿り、ページの内容やキーワード、タグなどを解析してインデックスに登録します。その際にはページの質や信頼性などの要素も考慮されています。その後、他のページからのリンクの数や質、アクセス数などをもとにランクが算出され、検索結果の順位に反映されます。

つまり、クローラーがページを収集したページの質や信頼性が高ければ高いほど、検索順位が上位になる可能性が高くなるのです。ただし、検索順位には多くの要素が関係しており上記の項目だけが指標ではなく、200以上の指標があるといわれているため注意が必要です。

インデックス登録と情報整理

GoogleはWebサイトから収集した情報を整理し、インデックスに登録します。インデックスに登録された情報は、検索クエリに基づいて検索結果を表示する際に活用されています。

インデックスに登録される情報には、Webページのタイトル、メタデータ、コンテンツ、画像、ビデオなどが含まれており、そのすべての要素からページの品質や信頼性、ページランクなどの要素を考慮してインデックスに登録するページを選択しているのです。また、重複したページや低品質のページなどはインデックスから除外し、正しいページのみを表示します。検索クエリに対して最適な結果を表示するために、Googleはインデックスに登録された情報を継続的に更新し、最新の情報を提供するように努めており、その影響によって検索順位が変動しています。

200以上の評価アルゴリズムでランクを付ける

Googleの検索順位には、ページランクだけでなく200以上の評価アルゴリズムが使用されています。これらのアルゴリズムは、ページの品質や信頼性、コンテンツの適切さ、検索クエリに対する関連性など多岐にわたる要素を評価します。たとえば、以下のような指標が挙げられるでしょう。

  • 検索クエリの意図に応じたコンテンツが提供されているか
  • 検索クエリの言語やロケーションに基づいて適切な結果が表示されているか
  • モバイルフレンドリーであるか
  • 安全なページであるか

Googleはこれらのアルゴリズムを定期的に改善しており、最新の技術を使用して検索結果の質を向上させるように取り組んでいます。

検索順位で上位表示するために意識すべきポイントとは?

検索順位で上位表示するにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、検索順位で上位表示するために意識すべきポイントについて紹介します。

  • ユーザーに対して有益な情報を提供する
  • 結果を分析しながら編集を繰り返す
  • SNSマーケティングも取り入れる
  • ユーザーが行動しやすいよう導線を作る
  • キーワードを狙って記事を作成する
  • 内部対策を徹底する
  • ドメインパワーを上げる

ユーザーに対して有益な情報を提供する

検索順位で上位表示するためには、ユーザーに対して有益な情報を提供することが重要です。Googleは、ユーザーが検索クエリを入力した際に、最も役立つ情報を提供することを目的としています。したがって、Webサイトを制作するうえではユーザーが最も使いやすいコンテンツを制作する必要があるでしょう。つまり、ユーザーが求める情報を的確に把握してわかりやすく、正確に、かつ印象に残る形で提供しているコンテンツが上位表示されやすいのです。

結果を分析しながら編集を繰り返す

検索順位で上位表示するためには、Webサイトのコンテンツや構造を継続的に改善することが必要です。検索結果を分析し改善点を見つけ、編集を繰り返すことが重要です。具体的には、アクセス解析やキーワード分析などのデータを分析し、ユーザーのニーズや検索エンジンのアルゴリズムに合わせて、コンテンツやメタデータを最適化することが求められています。これにより、検索エンジンからのアクセス数やコンバージョン率の改善が期待できます。

SNSマーケティングも取り入れる

SNSマーケティングも検索順位に影響を与える重要なポイントの1つです。SNSでの投稿や共有が増えるほど、そのコンテンツが注目される機会が増え、検索エンジンからの評価も高くなります。また、SNSでの情報発信によってユーザーとのコミュニケーションが促進され、ブランドの知名度向上やファン層の拡大にもつながります。SNSマーケティングは、検索順位向上だけでなくブランドのマーケティング全般においても有効な手段となるため、積極的に取り入れる必要があります。

ユーザーが行動しやすいよう導線を作る

ユーザーが行動しやすいような導線を作ることも重要なポイントです。たとえば、Webサイトのナビゲーションやコンテンツ内のリンクなどを工夫することで、ユーザーが目的の情報や購入ページにスムーズにアクセスできるようになります。この作業によりユーザーの満足度が向上し、滞在時間やコンバージョン率が改善されます。また、検索エンジンはユーザーの行動を分析し、サイトの利便性や信頼性を評価しているため、導線を意識したサイト設計は検索順位向上にもつながるでしょう。

キーワードを狙って記事を作成する

キーワードを狙って記事を制作する「コンテンツマーケティング」も重要です。具体的には、検索エンジンが認識しやすいキーワードを記事のタイトルや見出し、本文などに適切に配置し、関連する情報を提供することで閲覧してもらえる機会が増えます。また、キーワードの意図やニーズに沿った内容を提供することで、ユーザーのニーズに応えるとともに信頼性の高いサイトとして検索エンジンからの評価も上がるでしょう。

内部対策を徹底する

内部対策もSEOで上位表示するには必要な項目です。具体的にはサイト内のリンク構造やページの階層構造を整理し、クローラーがサイトを効率的に巡回できるようにしておけば、自身のサイトがインデックスされる可能性を高められます。また、重要なコンテンツをサイトの上位に配置し、ユーザーがアクセスしやすくすることでサイトの評価が高まると予想されます。このように、内部対策はサイト全体の信頼性や利便性を高めるためにも有効な手段となっているのです。

ドメインパワーを上げる

ドメインパワーはそのサイト自体の評価を示す指標です。ドメインパワーが上がればGoogleが記事の露出機会を増やしてくれるため、上位表示される可能性が高まります。具体的には高品質なコンテンツを提供し、多数の外部サイトからのリンクを獲得することで、ドメインの信頼性や権威性を高められます。また、ドメインの歴史や安定性も重要な要素となり、長期間運営されているドメインは評価が高くなりやすく、より多くのアクセスを狙える可能性が高いです。

検索順位を調べるツールとは?

検索順位を調べる上で、以下のようなツールを活用するとよいでしょう。

  • Googleサーチコンソール:自サイトの検索順位やクローラーによるインデックス状況を確認することが可能
  • Googleアナリティクス:自サイトへのアクセス数や流入経路などの分析ができ、検索エンジンからのアクセス数を把握可能
  • SEMrush:サイトの検索順位やトラフィックを分析可能(有料)
  • Ahrefs:サイトのバックリンクや競合サイトのリンク分析、検索順位などを調べられる(有料)
  • SEARCH WRITE:検索順位の確認や対策すべきキーワー、と施策案を提案してくれるツール(有料)

これらのツールを活用することで、自サイトの検索順位やトラフィックを把握し、改善するための施策を打つことができます。ただし、ツールによって得られる情報はあくまでも参考程度に留め、定期的に分析を行い、サイトの改善を継続的に行うことが重要です。

SEOの検索順位を上げる際に確認したいチェックリスト

SEOの検索順位を上げるためには様々な施策が必要になります。ここでは、SEOの検索順位を上げるうえで確認しておくべきチェックポイントについて紹介します。

  • 検索意図を理解してコンテンツを作っているか
  • 正しい情報を提供できているか
  • 狙うキーワードは適切か
  • モバイルフレンドリーなサイトになっているか
  • 読み込み時間は極端に長くないか
  • 読みづらいコンテンツを作っていないか
  • コンテンツに自社独自の情報を盛り込めているか

検索意図を理解してコンテンツを作っているか

検索意図を理解してコンテンツを作ることは、SEOの検索順位を上げる上で非常に重要なポイントです。検索エンジンはユーザーの意図に合わせた最適な情報を提供することを目的としており、ユーザーが求める情報に合致するコンテンツを提供することが検索順位を上げるために不可欠です。そのため、ユーザーがどのような情報を求めているかを正確に理解し、合致するコンテンツを作成することが重要です。

正しい情報を提供できているか

SEOの検索順位を上げるためには、正しい情報を提供することが重要です。正しい情報を提供することで、ユーザーからの信頼性が高まり、自然なリンクやシェアが増える可能性があります。そのため、コンテンツ作成時には信頼できる情報源から情報を収集し、正確な情報を提供するように注意することが重要です。また、情報が古くなっていないかや最新の情報を提供できているかも確認する必要があります。

狙うキーワードは適切か

SEOの検索順位を上げる上で、狙うキーワードが適切かどうかを確認することが重要です。適切なキーワードを選定することで、ユーザーの検索意図に合致するコンテンツを提供しやすくなり、検索エンジンにとってもわかりやすいサイトとなります。そのため、狙うキーワードが正確に自社のサービスや商品を表しているか、競合他社が狙っていないか、検索ボリュームがあるかなどを確認することが大切です。

モバイルフレンドリーなサイトになっているか

モバイルフレンドリーなサイトにすることも重要なポイントです。スマートフォンからのアクセスが増加している今、モバイルフレンドリーなサイトでないと、検索エンジンからの評価が下がってしまいます。スマートフォンに最適化されたレイアウトになっているか、ページの読み込み速度が速いか、タッチ操作に対応しているかなどを確認し、モバイルユーザーにも快適な閲覧体験を提供するようにすることが重要です。

読み込み時間は極端に長くないか

サイトの読み込み時間は極端に長くないかを確認することも重要なポイントです。ページが遅いとユーザーは不満を抱き、離脱してしまうことがあります。また、検索エンジンもページの読み込み速度を評価基準の1つとしており、遅いサイトは検索順位が下がる可能性があります。そのため、ページの軽量化、キャッシュの有効化、画像の最適化などを行い、サイトの読み込み時間を短くするように心がけましょう。

ページの表示速度はGoogleが提供している「Page Speed insite」で確認することができます。

読みづらいコンテンツを作っていないか

SEOの検索順位を上げる上で、読みづらいコンテンツを作っていないかを確認することも重要です。具体的には、文章が長すぎたり、見出しが適切でなかったりフォントや背景色が読みにくいものなどが読みづらいコンテンツです。読みづらいコンテンツはユーザーに不満を与え、離脱率を上げてしまうため、適切なフォントや背景色、見出しを使用しユーザーに快適な閲覧体験を提供するように心がけましょう。

コンテンツに自社独自の情報を盛り込めているか

検索順位を上げるには、自社独自の情報を盛り込んだコンテンツを提供することが重要です。Googleは、コンテンツの質や独自性を評価し、それに基づいて検索順位を決定します。そのため、自社独自の情報や視点を盛り込んだコンテンツを提供することで、競合他社との差別化を図り、検索順位を上げることができます。また、独自の情報を提供することでユーザーからの信頼度や評価も高まります。

検索順位が上がらない場合に知っておきたいこと

上記のような対策を講じても検索順位が上がらない可能性もあります。ここでは、検索順位が上がらない場合に知っておきたいことについて紹介します。

  • クローラーの認知には時間がかかる
  • 記事はそのままでは上位表示されない
  • 権威性の獲得には監修記事の作成がオススメ

クローラーの認知には時間がかかる

SEOの検索順位を上げるためには、Webサイトをクローラーに認識させる必要があります。しかし、クローラーはすぐにWebサイトを認識できるわけではありません。そのため、Webサイトを公開した直後にすぐに検索結果に反映されるわけではないことを覚えておく必要があります。また、Webサイトの構造やコンテンツの変更を行った場合も、クローラーに反映されるまでには時間がかかるため、変更後すぐに反映されるわけではないことも注意が必要です。反映までにかかる時間には諸説ありますが、一般的に1日〜数週間程度でインデックス登録されるといわれています。

記事はそのままでは上位表示されない

SEOにおいて、良質なコンテンツを作成することは非常に重要ですが、そのまま投稿しただけでは上位表示されないことがあります。したがって、適切なキーワードの使用や内部リンクの設定、メタデータの最適化など、SEOに適した形式に記事をリライトすることが必要です。また、競合が激しいキーワードを狙う場合は、よりクオリティの高いコンテンツを提供する必要があります。そのため、記事の質を高めるために編集やリライトを行うことが重要です。

権威性の獲得には監修記事の作成がオススメ

監修記事とは、業界や分野に詳しい第三者の専門家によるコンテンツを作成することで、自社のサイトに権威性を与える方法です。監修記事は、その分野の権威者が寄稿しているため、検索エンジン的にもユーザー的にも高い評価が得られます。ただし、監修記事を作成する場合でも必ずしも上位表示されるわけではなく、適切なキーワードの選定やコンテンツの品質向上は行なわなければなりません。

まとめ

本記事では、検索順位の仕組みを示すとともに、検索順位で上位表示を狙うために意識すべきポイントや検索順位を確かめるツール、SEOの検索順位を上げるうえでチェックしておきたい項目について紹介してきました。検索エンジンで上位表示を狙う場合、最も重要なことは検索エンジンを意識することではなく、ユーザーにとって価値の高い情報を提供することです。

そのため「ユーザーにとって必要なことは何か」を常に考えながらコンテンツを作成するとよいでしょう。本記事の内容も参考に、検索順位で上位表示を狙ってみてください。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
「SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス