キーワードの出現率とは? 出現頻度がSEOに与える影響とコンテンツに含める方法を解説!

SEO費用対効果算出シート
今すぐ無料ダウンロード
SEO費用対効果算出シート
今すぐ無料ダウンロード

キーワードの出現率は、SEOで効果を出す上で重視されているポイントであるとされています。具体的には、キーワードの出現率を高めるとより上位表示されやすいという話があり、SEOについて学んでいる際にこの話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、キーワードの出現率がSEOに与える影響と、キーワードを含めてコンテンツを制作する際のコツについて紹介します。SEOでなかなか上位表示されないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

キーワードの出現率とSEOの関係とは?

キーワードの出現率とSEOにはどのような関係性があるのでしょうか。ここでは、キーワードの出現率とSEO効果の関係性について紹介します。

  • キーワード出現率とは?
  • キーワード出現率の高い文章よりも、読みやすく品質の高い文章

  • 以前はキーワード出現率もランキングに関係していた

キーワード出現率とは?

キーワード出現率とは、特定のキーワードが文書やWebページなどの文章中に出現する頻度を示す指標です。具体的には、キーワードの出現回数を記事の総単語数で割ったものが「キーワード出現率」となります。キーワード出現率は、SEO(検索エンジン最適化)の観点から重要な指標であり、特定のキーワードに関連する文章がより多くの検索結果に表示されるためには、そのキーワードの出現率が適切な数存在しているべきだとされています。一方で過剰なキーワードの使用によって、文章の質が低下したりユーザビリティが下がったりすることもあるため、適度なキーワード出現率の維持が求められているのです。

 

キーワード出現率の高い文章よりも、読みやすく品質の高い文章

キーワード出現率は、SEOに関係する重要な要素の1つです。検索エンジンはキーワード出現率をもとにWebページのテーマや内容を判断し、検索結果のランキングを決定します。したがって、キーワードを含めてキーワード出現率を高めることはSEOで上位表示するうえで重要なポイントとなります。

ただし、単純にキーワードを過剰に使うことによって、逆に検索エンジンからペナルティを課せられることもあります。検索エンジンは、高品質なコンテンツを提供するWebページを優先的にランキングし、過剰なキーワードを使用していたり、スパム行為を行っていたりするWebページを低いランキングとする傾向があります。

そのため、コンテンツを制作する場合にキーワード出現率は重要なポイントではありますが、適切なバランスが必要であり、自然な文章として読みやすく、かつ検索エンジンから見てもコンテンツの内容が明確に伝わるようにする必要があるのです。また、キーワード出現率だけでなくキーワードの選定や配置、見出しの使い方、内部リンクの設定など、検索エンジン最適化に必要な要素を網羅的に満たす必要があるでしょう。

上記のような理由から、キーワード出現率はSEOにおいて重要な指標であることは間違いありませんが、SEOにおいて重要なのは高品質なコンテンツを提供することであり、キーワード出現率はその手段の1つにすぎないということを意識しなければなりません。適切なキーワード選定や配置、自然な文章の作成、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツ提供など幅広い視点からSEOを考えてWebページを最適化することが重要です。

以前はキーワード出現率もランキングに関係していた

従来はキーワード出現率が高いほど、検索エンジンにとってそのページがそのキーワードに関連するものであると判断されやすく、その結果、ランキングが上昇するとされていました。そのため、過剰なキーワードを大量に含める行為が常套化され、多くのWebサイトがこの方法でSEOを行なっていました。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムの進化にともない、過剰なキーワードを大量に含めること自体がペナルティを受けることになり、記憶に新しいWELQ事件ではサイトのあり方が再確認されるようになりました。現在は、キーワード出現率が重要な要素ではあるものの、適切な使用量やキーワードの位置などより多くの要素が考慮されており、そういったキーワードを含めなければキーワード数を増やして出現率を高めたとしても上位表示されることはありません。

現在はキーワード出現率だけに注目せず、コンテンツの質やユーザーのニーズに合わせたコンテンツの提供がSEOの最適化において重要であるとされています。

キーワード出現率を考えるのが逆効果になる理由

キーワードの出現率を考えることはSEOで効果を発揮するために必要なことです。しかし、キーワードの出現率を考えすぎるあまり、効果を発揮しないこともあります。ここでは、キーワードの出現率を考えるのが逆効果になる理由について紹介します。

ユーザービリティが下がる

キーワードの出現率を過剰に考慮することで、ユーザビリティが低下する可能性があります。キーワードを過剰に含めることによって文章が読みにくくなったり、重要な情報が埋もれたりすることがあります。また、正確な情報が得られないと、読者がWebサイトを離脱してしまう恐れもあるでしょう。そのため、適切なバランスを保ちコンテンツの読みやすさや価値を最優先する必要があります。

ブラックハットSEOだと判断される

ブラックハットSEOは、不正な手法を用いて検索エンジンランキングを上昇させようとする行為のことです。キーワードを大量に含めるキーワードスタッフィングはブラックハットSEOと判断されやすいため、キーワード出現率を考えるうえでは意識しておかなければなりません。また、その他、隠しテキスト、リンクスパム、クローキングなどの手法も検索エンジンに対して不正な方法で情報を提供することになり、Googleからペナルティを受ける可能性が高いため、避けるべき行為とされています。

キーワード出現率より大切なのは、ユーザーのニーズを満たすこと

ではキーワード出現率に代わる重要なポイントは何でしょうか? 答えは、特定のキーワードを調べている様々なユーザーの顕在ニーズ・潜在ニーズを満たすことです。

これだけだと分かりにくいと思いますので、具体的にユーザーニーズを満たすためのポイントも本記事でご紹介します。

ポイント<1>:見出し作成時における網羅性の担保

特定のキーワードで調べているユーザーのニーズは多岐に渡ります。そのユーザーのニーズを漏れなく満たすことで網羅性が担保できます。例えば「SEO対策」と調べているユーザーのニーズは下記のように様々です。

  • SEO対策の意味が知りたいユーザー
  • SEO対策のノウハウが知りたいユーザー
  • SEO対策の最新情報が知りたいユーザー
  • SEO対策の外注先を探しているユーザー
  • SEO対策の事例を探しているユーザー

この様々なニーズに対して、できる限り漏れがないように親切に回答できている記事は、網羅性が担保できているといえるでしょう。

ポイント<2>:見出し作成時における独自性の担保

自社独自の情報を取り入れることでユーザーに深い気付きを与えることが可能です。良く記事に取り入れられている独自情報の例が下記です。

  • 自社で独自に行った実験や調査の結果
  • 有識者に取材した内容
  • 実際のお客様の声
  • 商品の導入事例・成功事例
  • 記事執筆者の考察

独自情報は自社でしか書けない情報になるため、AIライティングなどの浸透により、他社との差別化が難しくなっている近年において、ユーザーやGoogleからの評価を高めるために非常に重要であると弊社は考えます。つまり、キーワード出現率を計算するよりも、具体性の高い情報を含めることで上位表示できる可能性は一気に上がると考えられるのです。

キーワード出現率の目安

キーワード出現率の目安は、一般的に4〜6%程度とされています。とはいえ、目安の4〜6%については結果的に上位表示されている記事から得られたデータであり、キーワードの競合状況やコンテンツの性質によっても異なるでしょう。したがって、相関はあるとしても因果はないとPLAN-Bでは考えています。そのため、キーワード出現率を意識して執筆するのではなく、ユーザーにとってわかりやすく価値を提供できる記事の執筆を強く推奨します。

キーワード出現率の調べ方

キーワード出現率は以下の計算式で求めることができます。

キーワード出現率 計算式

つまり、500単語含まれている記事の中で対象キーワードが30単語あるとしたら、キーワード出現率は6%となります。とはいえ、単語数を目視で確認することは難しいため、キーワード出現率ツールなどを使用して確認することをおすすめします。

キーワード出現率を確認すべきタイミング

キーワード出現率はどのようなタイミングで確認すべきなのでしょうか?ここでは、キーワードの出現率を確認すべきタイミングについて紹介します。

  • Webサイトに記事をアップロードするタイミング
  • コンテンツを見直すタイミング
  • 競合調査を行うタイミング

Webサイトに記事をアップロードするタイミング

Webサイトに記事をアップロードする際に、その記事に含まれるキーワードの出現率を確認することは、SEOにおいて非常に重要です。キーワード出現率を確認することで、記事の内容と関連性を検索エンジンに示すことができます。また、キーワードの出現率が高すぎる場合、スパム的な印象を与える可能性があります。ただし、キーワードの出現率が低すぎる場合は、記事の内容が検索エンジンに十分に理解されず評価されない恐れもあるでしょう。

キーワード出現率を確認することで競合他社との差別化を図ることができます。仮に競合他社と同様の記事を制作していた場合に、ある程度のラインまではキーワード数が多いほど有利にはたらきます。アップロード時の出現率を鵜呑みにして上位表示されると判断するのはあまり良くありませんが、リライトをする際などの指標になるため、アップロード時に確認しておくとよいでしょう。

コンテンツを見直すタイミング

Webサイトのコンテンツは時代の流れや規制の変化、競合他社の影響などにより定期的に見直す必要が出てきます。その際に、キーワード出現率を確かめることはWebサイトのSEO上とても重要です。

キーワード出現率を確認することで、Webサイトのコンテンツの強みと弱みを把握することができます。出現率が高すぎる場合は、スパム的な印象を与え、低すぎる場合は検索エンジンにとって十分に理解されない可能性があります。このように、コンテンツの弱みを把握することで、より適切なキーワードの配置やより関連性の高いコンテンツの制作を行うことができるようになり、上位表示させやすくなるでしょう。

競合調査を行うタイミング

競合調査は、自社のWebサイトやビジネスにおいて競合他社の動向や強み・弱みを把握し、戦略を立てる上で非常に重要な要素です。その際に、キーワード出現率を確かめることで自社と他社のコンテンツの違いがわかり、対策が施しやすくなります。

たとえば、競合他社のWebサイトにおいて、どのようなキーワードをどのくらい使用しているかを確認することで、Googleの検索エンジンで評価される法則がある程度理解できるようになります。また、競合他社がとくに力を入れているキーワードを把握することで、自社の強みや弱みを把握し、より戦略的にキーワードを選定することができるでしょう。

つまり、キーワード出現率の調査によって、競合他社が力を入れているキーワードやSEO戦略に関する洞察を得ることができるため、自社の戦略的なキーワード選定やコンテンツ制作につながります。競合調査を行うタイミングで自社コンテンツのキーワード数も確認しておきましょう。

まとめ

本記事では、キーワードの出現率がSEOに与える影響と、キーワードを含めてコンテンツを制作する際のコツについて紹介しました。再度結論をお伝えすると、キーワードの出現率はコンテンツの上位表示に影響を与えますが、含めすぎると逆効果になることもあります。出現率は4〜6%程度のラインを守るとよいとされていますが、それ以上にコンテンツに自社独自の情報を含めることが大切だと言われています。したがって、キーワードの出現率のみを考えるだけではなく、記事を読む読者が満足できるコンテンツを制作することが大切です。本記事の内容も参考に、キーワード出現率について考えてみてください。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
「SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス