SEO対策の成功事例|会社を探す際にチェックすべき項目まとめ

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. 胡散臭い?SEO会社に対するイメージ
      1. 騙されそう…
      2. ぶっちゃけ胡散臭い
      3. うーん…成果が出るイメージがない
    2. そもそもコンテンツSEOってなぜ重要?
      1. SEOで自社の価値を高められる
      2. ブログ記事から自社商品が売れることも
      3. 結果的にコスト削減につながる
    3. これから依頼する人に知ってほしい!SEO会社を選ぶ際に行うべきこと
      1. 1.相見積もり
      2. 2.Webマーケティング全般を行える会社を選ぶ
      3. 3.「すぐに成果が出ます」という会社を安易に信じない
      4. 4.実績
      5. 5.自社でサービスを持ち、マーケティングを成功させていること
    4. SEOを成功させるために、依頼者が考えたいこと
      1. 1.全てをSEO会社任せにしない
      2. 2.KPIを明確に定める
      3. 3.スケジュールをしっかり立てて行う
    5. SEO会社に依頼する際に入念に擦り合わせた方が良いポイント
      1. 検索ボリュームから作成するコンテンツを選ぶ
      2. ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成する
      3. 信頼性の高い記事を制作する
      4. 内部リンクの設置方法を相談する
    6. SEO会社に依頼する際の注意点
      1. 流されない、当事者意識
      2. SEOだけがWebマーケティングでないことを覚えておく
      3. コンテンツSEOで結果を出すには多くの時間がかかる
      4. PV数が増えたとしてもCVに繋がるとは限らない
    7. SEO対策にかかる費用について
    8. 最後に忘れずチェック!依頼の際、注意すること
    9. 弊社(株式会社PLAN-B)のSEO成功実績・事例
      1. 1.株式会社プラスワンインターナショナル
      2. 2.日通情報システム株式会社
      3. 3.日本全薬工業株式会社
      4. 4.日本エスリード株式会社
    10. まとめ:SEOの成功実績がある会社に依頼しよう

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

SEO会社を探している人にとって、稟議を通す上でも施策を成功させる上でも「SEOの成功実績」というのはとても大事です。ただ業界の特性上、良い会社ばかりではなく粗悪な対応をするSEO会社も少なくありません。

今回は、実際にSEOの成功実績を紹介しながらSEO会社に依頼する際に注意すること・チェックポイントをご紹介していきます。

まずはSEO会社に対するイメージについてお話ししていきます。


胡散臭い?SEO会社に対するイメージ

SEO会社に対するイメージは以下のものが多いのではないでしょうか。実際に聞いたことがあるお声を中心に集めてみました。

SEO会社に対するイメージ

騙されそう…

Webマーケティング自体が実態がなく、目に見えないため「騙されているのではないか?」という思いがつきまとうようです。100万払ったけど、1円も収益につながらなかった…となっては悲しいですよね。世の中のSEO会社はそこまで悪質な人たちばかりではありませんが、そういったイメージがつく原因が業界のどこかにあったかもしれません。

ぶっちゃけ胡散臭い

「騙されそう」というイメージに近いですが、単純に見た目が胡散臭いという意見もネット上や実際に聞いた声からありました。SEO会社は「上位表示します!」が合言葉になっているケースが多いため、目的と違った提案をする会社もあるようで、業界全体として「SEO会社は胡散臭い」というイメージがついたのかもしれません。

うーん…成果が出るイメージがない

SEOをやったことがない方にとっては、SEO会社の提案は「?」なことばかりなはずです。

言葉もカタカナが多いし、専門用語ばかりで何を言っているのかわからない。本当に成果が出るのか?という疑問を持つのは当たり前と言っても過言ではありません。

ただSEO会社はたくさんの案件をこなしているため、初めてやる方と比べて知見は格段に違います。ですので、プロに任せること自体は問題ありません。

ではそのようなイメージがある中で、どのようにSEO会社に依頼することがいいのでしょうか。依頼する上で意識するべきこと、行うべきことを以下にまとめたので、参考にしてみましょう。

そもそもコンテンツSEOってなぜ重要?

そもそも、コンテンツSEOはなぜ重要なのでしょうか?ここでは、コンテンツSEOが重視されている理由について3つ紹介します。

SEOで自社の価値を高められる

コンテンツSEOは、検索エンジン上でのランキングを向上させるための施策です。良質なコンテンツを作成し、適切なキーワードやメタデータキーワードを使用することによって、自社のウェブサイトが検索結果の上位に表示される可能性が高まります。これにより、多くのユーザーにアクセスされやすくなり、サイトのトラフィックやオーガニックなクリック数が増加します。

検索エンジンは、ユーザーに価値のある情報を提供することを目指しており、そのためにコンテンツの品質や関連性を評価します。優れたコンテンツと適切なSEO施策を行えば、ユーザーのニーズに合致したコンテンツとみなされるため、上位表示される可能性が高まります。

そして、コンテンツSEOはブランドの知名度やイメージ形成にも寄与します。上位にランクされることで、ユーザーは自社のウェブサイト自体に信頼性を覚え、読者の中でブランドのイメージが高まっていくでしょう。

ブログ記事から自社商品が売れることも

良質なブログ記事は、ユーザーの関心や問題意識に対して役に立つ情報を提供します。それに加えて、自社の商品やサービスに関連する情報を解決策として提示することで、読者が関心を持ち、購買意欲を刺激することができます。

例えば、LP制作に悩んでいる方に向けてLP制作事業を提案したり、サーバ選びに悩んでいる方に向けて、自社製のサーバーを提案したりする方法があるでしょう。信頼性の高いコンテンツを提供している会社の商品は信頼性の高いものだと感じてもらえることが多く、コンバージョンにつながることも多いです。

結果的にコスト削減につながる

コンテンツSEOはコスト削減につながると言われています。なぜなら、良質なコンテンツを提供し、適切なSEO施策を行うことにより、有機的な検索エンジンのトラフィックを増やすことができるからです。これにより、有料広告やマーケティングキャンペーンに比べて低コストで効果的な結果を得ることが可能です。

また、一度作成したコンテンツは長期間にわたって有効であり持続的な結果をもたらすため、継続的に広告へ費用をかける必要がなくなります。コストを抑えて広告効果を高めたいのなら、コンテンツSEOがおすすめです。


これから依頼する人に知ってほしい!SEO会社を選ぶ際に行うべきこと

1.相見積もり

まず、これはよほど信頼できる会社がない限り相見積もりを行うことをオススメします。会社によっては、対策できる得意サイトジャンルが違う場合があるためです。

ECが得意な会社もあれば、SEOではなくYouTubeの検索エンジン対策が得意な会社も存在します。自分が依頼したいマーケティングはどのジャンルなのか見極めて、その中で数社ピックアップし依頼するようにしましょう。

得意なジャンルはさまざま

2.Webマーケティング全般を行える会社を選ぶ

SEOだけに限らず、Webマーケティング全般を網羅している会社を選んだ方が、後から楽にマーケティングを行えます。少なくとも以下2点を対応している会社に連絡を取りましょう。

Webマーケティングを全般行える会社を選ぶ

理由としては、SEOでうまくいった場合はリスティングやSNS広告を活用しさらに集客することで売り上げをどんどん増やすことができるからです。

これがSEOしかできない会社となると、リスティングは別の会社、Web制作はさらに別の会社に依頼することになります。それでは依頼者も疲弊してしまうため、できるだけまるっと全て行なってくれる会社を選びましょう。

3.「すぐに成果が出ます」という会社を安易に信じない

SEOは、すぐに成果が出ないところが難しいところです。そのため、リスクを含めて正しい情報を伝えてくれる会社を信じた方が良いです。「すぐに成果が出ます!」とゴリゴリの営業を行なっている会社の場合、実際は試算どおり行かないケースが多いです。

成果をすぐに出したい気持ちはよくわかりますが、そういうときこそ落ち着いて情報を整理して考えましょう。

4.実績

SEO会社の中でも、しっかりと実績やクライアント名を開示できる会社は少ないです。「このキーワードで上位表示経験がある!」という会社はかなり多いですが、クライアント名まで出せる会社は少ないです。

クライアント名まで出しているSEO会社は信頼できる会社といえます。弊社含め、きちんと開示している会社を選ぶようにしましょう。

PLAN-B SEO事例

PINTO!:SEOコンサルティング PLAN-Bができること

5.自社でサービスを持ち、マーケティングを成功させていること

最後に、SEOを代行しているだけではなく自社でメディアやサービスを成功している会社を選ぶことで、広告主の気持ちもわかる優しい会社と出会うことができます。

外注の役割だけ行なっている会社は本当の意味のマネタイズの機会に触れているケースが少ないです。そのため、あなたの提案をうまく理解してくれないケースや全ての問題をSEOで解決させようとしてきます。

「御社はSEO以外は何をやられているんですか?自社サービスはありますか?」と聞くとより良いMTGになるでしょう。

SEOを成功させるために、依頼者が考えたいこと

SEOを成功させるためには、ただ依頼するだけでは成功確度を下げる可能性が高いです。そのため自分も当事者意識を持ち、SEO会社と手を取り合って対応して行く必要があります。

その中でも「依頼者が考えておくべきこと」を紹介します。

依頼者が考えておくべきこと

1.全てをSEO会社任せにしない

SEO会社に依頼する場合、全て相手の言いなりになってしまうことがあります。(専門的な内容であるため、意見しづらい)

ただそれでは初回に定めておいた目標への成果が正しく出ず、間違った方向に進む場合があります。これでは、実際に自分が出したい成果が出るまでかなり時間があります。

そうならないために、当事者意識を持ってMTGにも参加し、目標に対しての達成率チェックや対策内容を具体的にわかりやすく説明してもらうことを怠らないようにしましょう。

2.KPIを明確に定める

KPIを明確に定めることで「全てをSEO会社任せにしない」に対策することもできます。例えば、KPIは「アクセス数」「CV数」「回遊率」などさまざまあります。

どれでも良いので自分のやろうとしている施策に合わせて、KPIを設定しましょう。注意点としては、あまりにも現状から乖離する数値を設定してしまうケースです。KPIは、SEO会社とよく相談し、最適なKPIを定めましょう。

ちなみに、以下の項目をKPIと設定すると良いケースが多いです。

KPIに設定すると良い項目

  • UU数
  • PV数
  • CV数
  • 回遊率
  • 記事更新数

「記事更新数」をKPIとする場合は、ただ更新することを目標にするのではなく目標のPVに行くためには何記事書けばいいかを考えて試算すると計画的にアクセスを伸ばすことができます。

3.スケジュールをしっかり立てて行う

SEOは、マーケティングの施策の中でも後手に回ることが多い対応です。そのため、スケジュールを立てずに行うと多くの場合施策が遅延し、最悪の場合数ヶ月何もできていなかったということもあります。

そのため、

  • SEO会社がやるべきこと
  • 自分たちがやるべきこと
  • 社内では対応できないので外注すること

をそれぞれ分けてスケジュールを引いて対応するようにしましょう。


SEO会社に依頼する際に入念に擦り合わせた方が良いポイント

次に、SEO会社に依頼する際に入念に確認しておいたほうが良いポイントについて見ていきます。

検索ボリュームから作成するコンテンツを選ぶ

コンテンツSEOを外注する場合でも、自社で検索ボリュームを確認し、作成するコンテンツを絞ることは重要です。もちろん、SEO会社に依頼することで成功へ一歩近づきますが、自社にとっての成功とSEO会社にとっての成功に少しずれが発生するケースがあります。一方、作成するコンテンツのすり合わせから行っていれば、同じゴールを狙ってコンテンツ制作を進められるでしょう。

ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成する

コンテンツSEOで成果を出すためには、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成することが非常に重要です。そのため、ユーザー属性のすり合わせは入念に行ったほうが良いでしょう。

ユーザーは特定の情報や解決策を求めて検索エンジンを利用しています。そのため、コンテンツがユーザーの検索クエリに対して適切な情報を提供し、彼らの要求やニーズに応えることが必要です。ユーザーの検索意図を正確に理解し、それに基づいてコンテンツを作成することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、検索エンジンでのランキングを高めることができます。しかし、SEO会社はあくまでSEOの専門家であり、「どんなユーザーを狙っているか」は詳細まで把握できていない場合があります。自社の見込み顧客となるユーザーを狙えるよう、ユーザーのすり合わせは入念に行うべきです。

信頼性の高い記事を制作する

コンテンツの信頼性を高めるためには、正確な情報の提供、信頼できる情報源の引用、客観的な視点の提供などを意識することが重要です。また、専門知識や経験に基づいた情報を提供することも心掛けなければなりません。

SEO会社はコンテンツの制作に強い会社であり、専門的すぎる分野に関しては、あまり知識を持っていないケースがあります。そのため、自社の分野でも特に専門的な部分に関しては、入念にすり合わせを行い記事を制作する必要があります。場合によっては、社内の中で監修者を設定してもらう必要が出てくるかもしれません。

内部リンクの設置方法を相談する

内部リンクとは、ウェブサイト内の異なるページを結びつけるための要素ですが、適切な内部リンクはSEOにも効果があると考えられています。そのため、どのように内部リンクをつなぐかについて相談することが大切です。もちろん、SEO会社は効果的な内部リンクの添付方法についての知識を持っているため、わからないことは聞いてみると良いでしょう。


SEO会社に依頼する際の注意点

SEO会社と取り組む際に注意しておくべきことは以下の通りです。

流されない、当事者意識

SEO会社の提案は常に、依頼者にとって大切な情報です。しかし、実際修正する必要のないところを修正してほしいと依頼されたり、数値にインパクトのない施策を依頼されるケースもあります。

そのため、提案を受ける際には担当者を信頼していたとしても一歩下がって俯瞰的に施策を見て「これは本当に意味のあることか、提案に根拠があるか」をチェックしてから対応しましょう。

その際にSEOコンサルタントに対して、この人で大丈夫か不安になることもあるかもしれません。

そのように不安になった時に、SEOコンサルタントの良し悪しがわかる物差しのようなものがあるとわかりやすいですよね。

そのようなことになった時には以下の記事をご覧になってみてはいかがでしょうか。
SEOコンサルの選び方・不安を覚えたら確認するべきこと

SEOだけがWebマーケティングでないことを覚えておく

Webマーケティングを行う上で大事になってくるのは多角的な視点です。そのため、SEOはあくまで1つの施策選択肢でしかありません。

そのため、まずは自社のマーケティング施策の中で「SEOは最適か」「SEO以外に合うものはないか」を計算してからSEO会社に依頼するようにしましょう。

さまざまなWebマーケティング

もしSEOを専業でやられている会社の場合、包括的に施策を見ることができないためスポットの提携になる可能性が高いです。

弊社含め、デジタルマーケティング全般を対応できる会社を利用すると、「SEO以外でもこういう案はどうでしょうか?」「こういった施策がSEOよりいいかもしれません」というアイデアを出すことができます。

ところで、SEO以外のWebマーケティングとして、コンテンツ制作を外注している企業様もいるのではないでしょうか。

しかし、コンテンツをたくさん外注してもなかなかうまくいかないということもよく耳にします。コンテンツ制作もしっかりと要点を押さえてやっていかないといけません。

どのようにすればいいか知りたい方、外注する際のポイント等を知りたい方は以下の記事をご覧ください。
・コンテンツSEO まとめ記事 Coming Soon 
WBE記事のアウトソーシング失敗を事前に防ぐ|外注前に決めるべきルール
記事外注をする際の注意点!これから意識していくオウンドメディア運営のポイント


コンテンツSEOで結果を出すには多くの時間がかかる

コンテンツSEOで結果を出すには多くの時間がかかります。検索エンジンのアルゴリズムは複雑であり、ウェブサイトのランキングを変動させる要素も多岐にわたります。そのため、コンテンツの最適化やリンク構築などの施策を実施しても、すぐに効果を期待することはできません。

また、検索エンジンはウェブサイトを継続的にクロールし変化を評価するため、時間が経過することで成果が現れるケースもあります。具体的には、コンテンツを公開してから1~3か月程度の期間は必要だとされており、忍耐力が必要です。

PV数が増えたとしてもCVに繋がるとは限らない

PV数が増えたとしても、必ずしもCV(コンバージョン)に繋がるとは限りません。PV数の増加はウェブサイトへのアクセス量を示す指標であり、多くのユーザーがウェブサイトを訪れていることを示すものです。しかし、CVに繋がるためには、訪問者が望む情報や価値を提供し、具体的なアクションを促す必要があります。

具体的には、コンテンツのユーザビリティを向上させたり、CTA(Call to Action)の適切な配置なども重要な要素となります。つまり、PVを増やした後にもCV向上のための対策に取り組む必要があります。

SEO対策にかかる費用について

さて、良いSEO会社を見つけた後に依頼するため確認するのが「SEOの費用」です。では、どれくらいの費用を払うのが相場なのか、どうやって適正価格を判断するのか…それは以下を中心に判断すると良いでしょう。

  • 何に対して対価を払うかが明確になっているか。
  • 業界相場より高くないか?それを自分でやるとどれくらい値段差が出るのか確認する。
  • 成功報酬か?固定か?コンサルティング型か?

上記の中でわかりづらいのが相場単価ですが、相見積もりを取った際に「明らかに高い会社」「明らかに安い会社」が存在します。そちらはおそらく業界相場からかけ離れているため、注意が必要です。

もし気になる場合は「なぜそんなに安いのか」「なぜそこまで高いのか」をチェックしましょう。

SEO対策の相場がわからない方、以下の記事でSEO対策の費用の相場について確認してみてください。
【費用早見表】SEO対策の費用や相場を料金体系別に詳しく解説!


最後に忘れずチェック!依頼の際、注意すること

SEOを依頼する際には以下を注意しておくとさらに良い会社に出会いやすくなります。

注意すること3つ

  1. 自分でもSEOを勉強する。
  2. 相手に任せっきりにしない、学習するつもりで挑む。
  3. 短期的に成果を見ない、ある程度時間がかかることを認識しておく。

コンテンツを外注する際の別の注意点は下記の記事に詳しく記載されています。
コンテンツSEOに必須|外部ライターに記事を発注する際の注意点


弊社(株式会社PLAN-B)のSEO成功実績・事例

依頼する際の具体的なポイントや注意点に関してはお分りいただけたと思いますが、SEO会社に依頼した際にどのくらいの成果が出るのか知りたいですよね。

以下、弊社が今まで成功に導いてきたクライアント様の実例になります。(あくまで一部を紹介しています)

実際に、クライアント様からのレビューもありますのでぜひご覧ください。

1.株式会社プラスワンインターナショナル

「ご担当者様のSEOに対する正しい理解があったこと」「お互いがお互いの領域に対して深い理解とオープンな開示を持っていたこと」が成功を生んだ事例です。色々なSEO会社様で対応したもののうまくいかず、弊社にご依頼いただき、マイナスからプラスへと成果を出すことができました。

2.日通情報システム株式会社

3社のSEOベンダーからPLAN-Bを選んでいただき、実際に成果が出た事例です。

ただ、弊社が取り組むだけでなくクライアント様がインハウスでSEO施策が行えるようになるための支援を意識してお手伝いさせていただきました。ビッグワードで1位も達成し、他のベンダーでは出せない成果を出しています。

3.日本全薬工業株式会社

「畜産事業者のファン層を獲得」をKPIに始まった「どっこいしょニッポン」も弊社がSEOとコンテンツマーケティングの観点から支援を行なっています。

SEOを意識しながらもSEOファーストではなく、「コンテンツを届けるユーザーに対してより良い記事」を第一に考えたコンテンツ作りでたくさんの方に認知効果を発揮しています。

4.日本エスリード株式会社

SEOだけでなく、「マルチデバイスでのWebサイトUI/UX設計」「上質で信頼性のあるデザイン設計」を意識したサイトリニューアルの事例です。

多数の会社の中から弊社を選んでいただき、施策の結果「さまざまなロングテールワードでのオーガニック流入」をサイトに与えることができました。


まとめ:SEOの成功実績がある会社に依頼しよう

SEOを依頼する際は、「今まで色々な会社で成功している会社に依頼する」ということが大切になります。実際、自分で色々とやってみても知見が足りなかったりイレギュラーなケースに当たる場合があります。

そういった時のためにSEOは可能な限りプロに依頼し、成功実績を生かして自分のサイトも成功へのお手伝いをしてもらいましょう。なお、弊社でもSEOの無料診断を行なっていますのでお気軽にご連絡くださいませ。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス