YouTube広告の運用代行ができる代理店8選|選び方から費用相場を解説

インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

YouTube広告を配信したいと考えたとき、どんな代理店に頼むのが正解なのか、そもそも動画制作会社に頼むべきなのか、Web広告代理店に頼むべきなのか、など色々なことに迷われるのではないでしょうか。

 

本記事では、YouTube広告の特徴から広告代理店の選び方を解説し、YouTube広告の運用代行を行っている代理店を紹介していきたいと思います。

 

YouTube広告の代理店探しに是非ご活用ください。

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

インターネット広告サービスのご案内

弊社の取り扱う広告媒体の全体図と、リスティング広告、ディスプレイ広告を中心として運用スキームをご紹介しております。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

YouTube広告とは

YouTubeの月間アクティブユーザー数は7,120万人(2023年10月)とGoogleから発表されており、全世代の利用率は87.1%(調査対象は10代~60代の男女計1500人)とされています。

参照:【2024年5月最新版】SNS媒体別利用状況を調査!年代別、利用数・利用率や目的を比較

また別の調査では、TVの利用率が86.8%に対してYouTubeの利用率は74.4%に達しました(調査対象は15~69歳の男女6,188人)。また、29歳までの男女においては、YouTubeの利用率がTVの利用率を上回っています。

参照:Z世代はテレビよりYouTube!なのか?「データが語る放送のはなし」

YouTube広告は、動画の前と途中に差し込むことができ、特にTV利用率を上回る30代までの層に対して効果的な配信が期待できます。また、YouTube広告はGoogleによって管理されているため、Googleが保有するデータを利用したターゲティングができるのも特徴です。

YouTube広告の種類

YouTube広告の配信メニューは全部で6種類あります。

これらの広告は、それぞれ課金方式、動画の長さ、配信目的が異なります。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • インフィード広告
  • スキップ不可能なインストリーム広告
  • バンパー広告
  • アウトストリームと付随するコンテンツ広告
  • マストヘッド広告

参照:動画広告フォーマットの概要

YouTube広告の課金方式

YouTube広告の課金方式は以下の3種類があります。

  • クリック課金(広告がクリックされたら課金)
  • 視聴課金(広告が30秒以上視聴されたら課金)
  • 表示課金(1,000回表示される毎に課金)

クリック課金方式

クリック課金方式は、CPC(Cost Per Click)と呼ばれ、実際にリンクをクリックしたときに費用が発生します。この方式は、商品ページへの遷移など、特定のアクションを求める場合に適しています。

視聴課金方式

視聴課金方式は、CPV(Cost Per View)と呼ばれ、動画が30秒以上視聴されると費用が発生します。30秒未満の動画の場合は、最後まで視聴されたときに課金されます。また、クリックなどのインタラクションが発生した際にも課金されるのが特徴です。この方式は、自社のブランドやサービス、商品などをより正確に訴求したい場合に適しています。

インプレッション課金方式

インプレッション課金方式は、CPM(Cost Per Mile)と呼ばれ、広告が1,000回表示されると費用が発生します。この方式は、低コストで運用できるため、認知を拡大したい場合に適しています。

YouTube広告代理店に依頼するメリット

ここでは、YouTube広告の運用を代理店に依頼するメリットを2つご紹介します。

  • メリット1:プロの運用力で広告配信ができる
  • メリット2:工数を削減できる

メリット1:プロの運用力で広告配信ができる

YouTube広告代理店はいわば、広告運用のプロです。費用を払うことでプロの運用力を獲得できるのは大きなメリットといえるでしょう。

大きく分けると「経験」と「知識」の観点でメリットがあります。

経験

YouTube広告代理店は複数の企業の広告運用を代行しています。そのため、多くの業界やケースに対する効果的な解決策やノウハウを多く持っています。

自社で広告を運用する場合、自社で取り組んでいること以上の知見はたまりません。代理店に依頼することでより多くの知見から広告運用を行ってもらえます。

このように、豊富な情報量の中からそのケースに対する最善の方法を提供してくれるというメリットがあります。

複数媒体を同時運用するスキルを持っていることも代理店に運用代行するメリットといえるでしょう。

知識

また、YouTube広告をはじめ、Web広告は広告媒体のアルゴリズムや最新情報の更新が頻繁に起こるため、有効な施策や情報の変化に対応しつづけなければいけません。効果的な広告運用を行うには、最新情報にアンテナを張り続け、それを施策に反映し続ける必要があります。

広告代理店は職業上、常に最新情報のチェックをしているため、情報の変化やアップデートに対応し、場合によっては現在のトレンドなどの最新情報を共有してくれるというメリットがあります。

メリット2:工数を削減できる

YouTube広告運用には、アップデートへの期的なメンテナンス、細かいPDCAサイクルの実行が求められます。特に、YouTube広告の運用には動画が必須になるため、動画制作の工数も発生するでしょう。追加で料金はかかりますが、クリエイティブの作成から広告の運用までを行ってくれるのは大きなメリットです。

しかし、広告代理店に依頼すれば、自社の人的リソースを節約しつつ、高い効果が期待できる施策を実施してもらえるという点が大きなメリットです。

広告代理店を選ぶ際の6つの観点

ここでは、YouTube広告を運用代行するにあたって、どのように広告代理店を選べばよいのか、6つの観点をご紹介します。

観点詳細チェックポイント
1.実力の観点代理店・運用担当者の運用力があるがあるか
  • パートナー認定を受けているか
  • 提案の質が高いか
2.品質の観点手数料が安い理由は何か相場である手数料20%が一つの指標
3.施策の観点広告運用以外の知見があるか
  • SEOなど広告運用以外のWebマーケティン事業を行っているか
  • 広告以外の課題解決策を持っているか
4.スタンスの観点担当者の目的が運用額や担当社数になっていないか
  • 担当者の評価観点
  • 提案内容が自社の売上向上・事業拡大につながるものか
5.体制の観点自社の広告を運用する体制がどうなっているか
  • 運用担当者の担当社数
  • サポートメンバーの有無
6.事例の観点どんな経験をしてきた企業なのか
  • 類似業界の事例
  • 類似事業形態の事例
  • 代理店の事業経験

YouTube広告代理店で発生する費用

YouTube広告の代理店でかかる費用は大きく4つあります。依頼する代理店によって差がありますので、あくまで目安としてとらえてください。

  • 広告費
  • 初期費用
  • 運用手数料
  • 動画制作費

費用は大きく分けて、YouTube広告の配信元のGoogleに支払われるものと、広告代理店に払われるものの2種類があります。

Googleに支払う費用は、広告費のみです。完全内製で広告を配信する場合は、この費用だけがかかります。

広告代理店に支払う費用は、「初期費用」「運用手数料」「動画制作費」です。以下でそれぞれの費用について解説します。

YouTube広告の運用代行におけるお金の流れ

 

初期費用

YouTube広告代理店によっては、初期のアカウント開設や設計の際に、初期費用を設定している場合があります。

初期費用の相場は代理店によってばらつきが大きいので、依頼する際にはしっかりと確認するようにしましょう。場合によっては、自社でアカウント開設まで行うことで、初期費用を抑えられることもありますので、初期費用についてはよく確認することをおすすめします。

運用手数料

Web広告の運用代行の際には、一般的に運用額の20%が手数料となることが多いです。例えば、月あたりの運用予算額が100万円の場合、20万円が手数料となりますので、120万円がその月に支払う費用になります。

動画制作費

YouTube広告運用にあたって重要な要素の一つが、広告動画です。YouTube広告の代理店では、動画制作は専門の動画制作会社に作成を依頼していることが多いでしょう。その場合の多くは、クライアントが動画制作会社に直接費用を払うのではなく、代理店を介したやり取りが行われます。

一方で、動画制作会社が代理店を運営している場合や、代理店内で動画制作まで行っていることもあります。どちらにしても、動画制作費は運用手数料とは別にかかる費用として考えておくとよいでしょう。

YouTube広告の運用代行ができる代理店8選

ここからは、実際にYouTube広告運用ができる代理店を紹介していきます。

株式会社PLAN-Bマーケティングパートナーズ

PLAN-Bマーケティングパートナーズ

PLAN-BマーケティングパートナーズPLAN-BとADKホールディングスのジョイントベンチャーでデジタルマーケティングにおける認知、獲得領域を問わないフルファネルでの幅広いソリューション提供が魅力です。

YouTube広告代理店としての強みは以下の3点です。

  1. 運用額の大きい大規模アカウントと中小規模アカウントの運用経験により培った「知」と「技」を活かして、幅広いレンジに対応 
  2. KPI達成率やお客様満足度を広告運用者の評価基準としているため、顧客の売上への貢献度を追求 
  3. 見込み顧客の発掘から営業に引き継ぐまでの「デマンドジェネレーション」領域に対しても支援可能 

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー(認定称号:広告運用)
  • Criteo Certified Agency Bronze

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
50万円~運用額の20%*0円6か月~

*媒体のご予算が50万円未満の場合、1媒体当たり固定手数料8.3万円

基本情報

項目詳細
会社名

株式会社PLAN-B
株式会社PLAN-Bマーケティングパートナーズ

本社所在地大阪本社: 〒550-0013 大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア 6階
東京本社: 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-5-9 CIRCLES with 島津山 3階
事業内容

デジタルマーケティング事業
SEOコンサルティング
コンテンツライティング
広告・プロモーション支援
コンテンツマーケティング支援
Webサイト制作
インフルエンサーマーケティング支援

マーケティングDX事業
SEARCH WRITE
Cast Me!

ASP事業

メディア事業

電話番号PLAN-B:大阪本社:06-6578-5558東京本社:03-3446-7577
PLAN-Bマーケティングパートナーズ:大阪本社:06-6535-3344東京本社:03-3446-7701
コーポレートサイトURL

PLAN-B:https://www.plan-b.co.jp/
PLAN-Bマーケティングパートナーズ:https://www.pbmp.co.jp/

事例・実績Web広告の事例ページ

株式会社pamxy

pamxy

引用:株式会社pamxy

pamxyはマーケティング事業だけでなく、IP事業やコマース事業など各種SNSを活用したマーケティングの包括的支援を行っています。

YouTube広告代理店としての強みは以下の3点です。

  1. 成果・売り上げに直結しやすいプロモーション
  2. 現役YouTuberから民放TV局員まで、プロの映像制作クリエイターが在籍
  3. YouTube運用代行も行っている

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ運用額の20%要問い合わせ要問い合わせ

基本情報

項目詳細
会社名株式会社pamxy
本社所在地〒107-0061 東京都港区北青山一丁目3番1号 アールキューブ青山3F 株式会社pamxy
事業内容IP事業、マーケティング事業、コマース事業
電話番号非公開
コーポレートサイトURLhttps://pamxy.co.jp/
事例・実績要問い合わせ

株式会社ジェー・ピー・シー(AdMarket)

AdMarket

引用:株式会社ジェー・ピー・シー(AdMarket)

ジェー・ピー・シーはあらゆる広告の制作に対応している広告制作会社です。また、「AdMarket」という広告代理店を運営しており、広告動画の制作から配信・運用の代行までをワンストップで依頼できます。

YouTube広告代理店としての強みは以下の4点です。

  1. 複数のYouTube広告の連携で相乗効果を狙う
  2. YouTube広告をSNS広告にも展開可能
  3. 充実の月間「レポート」で素早く改善運用
  4. YouTube広告用の”効く”動画・CM制作もワンストップで対応

広告媒体による認定

  • Google Partner

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
10万円以上~運用額の20%4万円1か月~

基本情報

項目詳細
会社名株式会社ジェー・ピー・シー
本社所在地〒600-8062 京都市下京区富小路通高辻下る恵美須屋町193番地
事業内容Web・SNS広告運用、動画・映像制作、Webサイト制作、グラフィック制作、3DCG制作、AIモデル・AI広告バナー作成、撮影スタジオ運営、モデル・ナレーターキャスティング
電話番号075-365-0571(代表)
コーポレートサイトURLhttps://www.jpc-ltd.co.jp/
事例・実績事例ページへ

株式会社デジタルアスリート

デジタルアスリート

引用:株式会社デジタルアスリート

デジタルアスリートは総合マーケティング支援や広告運用代行など、4つのサービス形態を提供しており、最短3か月の売上創出から長期的な支援まで、顧客の課題に合わせたサービスを提供しています。

YouTube広告代理店としての強みは以下の3点です。

  1. 動画制作から広告運用まで一貫して対応
  2. セールスライティングの技術でシナリオを作成
  3. 他媒体やLPと組合わせて相乗効果を生む

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー
  • Meta Business Partner

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

基本情報

項目詳細
会社名デジタルアスリート株式会社
本社所在地〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビルディング4階
事業内容リスティング広告情報提供、リスティング広告代行、リスティング広告コンサルティング業務、ランディングページ・ホームページ制作、Webマーケティング代行、コンサルティング業務、デジタルマーケティング人材の育成と派遣・紹介
電話番号03-6825-6831
コーポレートサイトURLhttps://ppc-master.jp/
事例・実績事例ページ

合同会社SAWL

SAWL引用:合同会社SAWL

SAWLではWebマーケティング全般に関するコンサルが可能であり、社員ではなくフリーランスが集まった会社です。

YouTube広告代理店としての強みは以下の2点です。

  1. 大手広告代理店の出身者が多数在籍
  2. 最低手数料1万円~依頼が可能

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ1万円~要問い合わせ要問い合わせ

基本情報

項目詳細
会社名合同会社SAWL
本社所在地〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-10東松ビル2F
事業内容Webコンサルティング、ホームページ・LP制作、Web広告運用、画像・動画制作、SEO対策、MEO対策
電話番号070-8428-5329
コーポレートサイトURLhttps://sawl.work/
事例・実績事例ページ

株式会社アイズ

アイズ

引用:株式会社アイズ

YouTube広告代理店としての強みは以下の3点です。

  1. 口コミマーケティングプラットフォーム「トラミー」を運営
  2. ユーザー獲得だけではなく、認知から提案
  3. 10年以上口コミプロモーションを行ってきた知見

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
5万円以上~広告費の15%0円制限なし
※ただし、3か月以上推奨

基本情報

項目詳細
会社名株式会社アイズ
本社所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-12-22 渋谷プレステージ7F
事業内容広告業界のプラットフォーム「メディアレーダー」、クチコミマーケティングのプラットフォーム「トラミー」などのマッチングプラットフォーム事業
電話番号03-6419-8505
コーポレートサイトURLhttps://www.eyez.jp/
事例・実績事例ページ

株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブ

引用:株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブは広告運用代行をはじめ、WEBサイトの制作・解析・コンサルティングも展開しています。また、SaaS事業としてLPOツールなどの提供も行っているのが特徴です。

YouTube広告代理店としての強みは以下の3点です。

  1. 動画制作×YouTube広告運用で成果向上
  2. 他媒体との組み合わせで潜在層・準顕在層にもアプローチ
  3. 網羅的なアプローチと透明性の広告運用

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー
  • Meta Business Partner

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
50万円以上~運用額の20%0円1か月~

基本情報

項目詳細
会社名株式会社グラッドキューブ
本社所在地

〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F

事業内容リスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Instagram広告運用代行、YouTube広告運用代行、YouTube広告運用代行、Webサイト制作、動画制作・YouTubeチャンネル運用代行、アクセス解析、LPO・CROコンサルティング
電話番号

06-6105-0315

コーポレートサイトURLhttps://corp.glad-cube.com/
事例・実績要問い合わせ

株式会社ユニアド

ユニアド

引用:株式会社ユニアド

ユニアドは各種広告媒体における広告運用代行を行っている代理店です。

YouTube広告代理店としての強みは以下の3点です。

  1. 目的に応じてフォーマットを使い分ける
  2. 一度自社サイトに訪れたことのあるユーザーに動画を配信する
  3. クリエイティブの鮮度を見極める

広告媒体による認定

  • Google Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ運用額の20%5万円制限なし

基本情報

項目詳細
会社名株式会社ユニアド
本社所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル 東館7F
事業内容インターネット広告、マーケティング支援
電話番号非公開
コーポレートサイトURLhttps://www.uniad.co.jp/
事例・実績要問い合わせ

まとめ:YouTube広告の出稿について迷っているならまずはご相談を

今回は、YouTube広告についてご紹介し、広告代理店の選び方からYouTube広告の運用代行ができる代理店を11社ご紹介しました。

YouTube広告はGoogleが管理していることもあり、Google広告をとり扱っている代理店であればYouTube広告も取り扱っていることが多いでしょう。広告の運用代行を成功させるには、代理店選びがカギになります。今回紹介した観点で比較するにしても、実際に話を聞いてみない限りはわからないことも多いでしょう。

弊社PLAN-Bではご相談からアカウント診断まですべて無料で行っております。何かお困り事がございましたら、お気軽にご相談ください。