LINE広告のおすすめ代理店9選|広告の特徴から代理店の選び方まで解説

インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

「LINE広告の代理店ってどこがあるのか」「成果の出る運用代行ってあるのか」と代理店選びに迷われている方も多いのではないでしょうか。中には、現在の運用で成果が出ず、新しい代行先を探しているという方もいるかもしれません。

 

本記事では、LINE広告ができる代理店の紹介から、代理店目線でどのような観点で代行先を選べばよいのかを詳しく解説していきます。

 

関連記事:SNS広告の運用代行ができる代理店12選|代理店視点の選び方も解説

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

インターネット広告サービスのご案内

弊社の取り扱う広告媒体の全体図と、リスティング広告、ディスプレイ広告を中心として運用スキームをご紹介しております。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

LINE広告とは

LINEは全年代での利用率が90%を超えており、利用率が最も低い60代でも86%の利用率であることから全年代にリーチできるプラットフォームであることがわかります(調査対象は10代~60代の計1500人)。ユーザー数が多く、国内ユーザー数約9,500万人(2023年3月)といわれています。

参照:【2024年5月最新版】SNS媒体別利用状況を調査!年代別、利用数・利用率や目的を比較

LINE広告は、ほかのプラットフォームと比べ、ユーザーによる拡散性は低くなりますが、全年代に対して宣伝をすることが可能です。また、SNS利用者の41.2%はLINEのみの使用のため、LINE広告でしかアプローチできない層がいることも一つの特徴でしょう。

参照:LINE Business Guide 2024年4月-2024年9月期

LINE広告の種類

広告の種類は主に、どの配信面(場所に)に対して、どのフォーマット(形式)で出稿するかによって決まります。

LINE広告の配信面とフォーマットの組み合わせは以下の通りです。配信面が16種類、フォーマットが静止画5種類、動画5種類の計10種類あり、その組み合わせで種類が決まります。

LINE広告 種類

LINE広告の配信面×フォーマットの早見表

引用:LINE広告のクリエイティブサイズと入稿規程 制作のコツも解説

LINE広告の種類について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
おすすめ:LINE広告とは?|準備すべき費用や課金形態、配信面を徹底解説

LINE広告の課金方式

LINE広告の課金方式は以下の3種類があります。

  • クリック課金(広告がクリックされたら課金)
  • インプレッション課金(広告が完全表示されたら課金)
  • 友達追加ごとに課金(「友だち追加」されるごとに課金)

クリック課金方式

クリック課金方式は、CPC(Cost Per Click)と呼ばれ、実際にリンクをクリックしたときに費用が発生します。この方式は、商品ページへの遷移など、特定のアクションを求める広告に適しています。

インプレッション課金方式

インプレッション課金方式は、広告がユーザーのスマホ画面で完全に表示されたときに課金される方式です。広告が1,000回表示されるごとの費用をCPM(Cost Per Mile)と呼びます。こちらの方式は、ブランド認知を高める目的の広告配信に適しています。

友達追加ごとに課金方式

友達追加ごとに課金方式は、LINE公式アカウントの友だちを増やす目的の「友だち追加」限定の課金方式です。

成果報酬型の課金方式のため、クリック課金方式やインプレッション課金方式よりも費用対効果が高くなりやすいという特徴があります。

広告代理店を選ぶ際の6つの観点

ここでは、LINE広告を運用代行するにあたって、どのように広告代理店を選べばよいのか、6つの観点をご紹介します。

観点詳細チェックポイント
1.実力の観点代理店・運用担当者の運用力があるがあるか
  • パートナー認定を受けているか
  • 提案の質が高いか
2.品質の観点手数料が安い理由は何か相場である手数料20%が一つの指標
3.施策の観点広告運用以外の知見があるか
  • SEOなど広告運用以外のWebマーケティング事業を行っているか
  • 広告以外の課題解決策を持っているか
4.スタンスの観点担当者の目的が運用額や担当社数になっていないか
  • 担当者の評価観点
  • 提案内容が自社の売上向上・事業拡大につながるものか
5.体制の観点自社の広告を運用する体制がどうなっているか
  • 運用担当者の担当社数
  • サポートメンバーの有無
6.事例の観点どんな経験をしてきた企業なのか
  • 類似業界の事例
  • 類似事業形態の事例
  • 代理店の事業経験

以下の記事では広告代理店の選び方から、広告代理店に運用代行を依頼するメリット・デメリットを詳しく紹介しています。是非合わせてご確認ください。

LINE広告の運用代行の費用相場 

LINE広告の運用代行では、一般的に運用額の20%が手数料となることが多いです。例えば、月あたりの運用予算額が100万円の場合、20万円が手数料となりますので、120万円がその月に支払う費用になります。

LINE広告の運用代行ができる代理店9選

ここからは、実際にLINE広告運用ができる代理店を紹介していきます。

株式会社PLAN-Bマーケティングパートナーズ

PLAN-Bマーケティングパートナーズ

PLAN-BマーケティングパートナーズPLAN-BとADKホールディングスのジョイントベンチャーでデジタルマーケティングにおける認知、獲得領域を問わないフルファネルでの幅広いソリューション提供が魅力です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • 運用額の大きい大規模アカウントと中小規模アカウントの運用経験で培った「知」と「技」を活かして、幅広いレンジに対応 
  • KPI達成率やお客様満足度を広告運用者の評価基準としているため、顧客の売上への貢献度を追求 
  • 見込み顧客の発掘から営業に引き継ぐまでの「デマンドジェネレーション」領域に対しても支援可能 

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー(認定称号:広告運用)
  • Criteo Certified Agency Bronze

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
50万円~運用額の20%*0円6か月~

*媒体のご予算が50万円未満の場合、1媒体当たり固定手数料8.3万円

基本情報

項目詳細
会社名

株式会社PLAN-B
株式会社PLAN-Bマーケティングパートナーズ

本社所在地大阪本社: 〒550-0013 大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア 6階
東京本社: 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-5-9 CIRCLES with 島津山 3階
事業内容

デジタルマーケティング事業
SEOコンサルティング
コンテンツライティング
広告・プロモーション支援
コンテンツマーケティング支援
Webサイト制作
インフルエンサーマーケティング支援

マーケティングDX事業
SEARCH WRITE
Cast Me!

ASP事業

メディア事業

電話番号PLAN-B:大阪本社:06-6578-5558東京本社:03-3446-7577
PLAN-Bマーケティングパートナーズ:大阪本社:06-6535-3344東京本社:03-3446-7701
コーポレートサイトURL

PLAN-B:https://www.plan-b.co.jp/
PLAN-Bマーケティングパートナーズ:https://www.pbmp.co.jp/

事例・実績SNS広告の事例ページ

サイバーホルン株式会社

サイバーホルン引用:サイバーホルン株式会社

サイバーホルンはWeb広告だけでなく、LPや動画といった高品質なクリエイティブ制作も可能な広告代理店です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • LINE広告の運用に特化した専任の運用者が担当
  • 予算や契約期間の縛りがない
  • 運用者が全員営業経験者であり、提案の幅広さがこだわり

広告媒体による認定

  • Google Partner

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
~100万円運用額の20%0円制限なし
100万~200万円固定20万円
200万円~運用額の10%

基本情報

項目詳細
会社名サイバーホルン株式会社
本社所在地〒162-0821 東京都新宿区津久戸町4-7OSビル9F
事業内容リスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Instagram広告運用代行、LINE広告運用代行、YouTube広告運用代行、動画制作、ランディングページ制作
電話番号03-6457-5890
コーポレートサイトURLhttps://cyberhorn.co.jp/
事例・実績要問い合わせ

株式会社Enigol

Enigol引用:株式会社Enigol

Enigolはクライアントがデジタル時代を生き抜くための、カスタマー・エクスペリエンス(CX)をリードするプロフェッショナルサービス企業です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • LINE広告に特化したプロが運用
  • 長期的に安定した集客
  • コンサルティングから運用まで対応

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
50万円以上~運用額の20%
※下限10万円
要問い合わせ3か月~

基本情報

項目詳細
会社名株式会社Enigol
本社所在地東京都港区北青山2丁目12-8 BIZ SMART235
事業内容デジタルマーケティング、SNSマーケティング、CRMツール開発
電話番号非公開
コーポレートサイトURLhttps://enigol.com/
事例・実績要問い合わせ

株式会社Epace

Epace

引用:株式会社Epace

Epaceは事業コンサル、Webマーケティング、クリエイティブ制作など幅広い事業を展開する一方で、サービスありきの支援ではなく、顧客の課題や予算に合わせてオーダーメイド型のプランを提供しているのが特徴です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • 顧客の事業領域に精通した運用者が担当
  • 「認知獲得」や「売上向上」など顧客の目的に合わせた運用が可能
  • 運用内製化のための支援やコンサルティングにも対応

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
50万円~運用額の20%~(月額予算50万円の場合、運用費40万円+手数料10万円)15万円3か月~

基本情報

項目詳細
会社名株式会社Epace(イーペース)
本社所在地〒141-0033 東京都品川区西品川一丁目1-1
住友不動産大崎ガーデンタワー9階
事業内容

事業コンサルティング、マーケティング支援、SNSマーケティング、クリエイティブ制作支援、デジタル人材育成事業、サロン運営事業、飲食事業

電話番号03-6824-5251
コーポレートサイトURLhttps://e-pace.co.jp/
事例・実績事例ページ

株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブ

引用:株式会社グラッドキューブ

グラッドキューブは広告運用代行をはじめ、WEBサイトの制作・解析・コンサルティングも展開しています。また、SaaS事業としてSiTestやFasTestなどの提供も行っているのが特徴です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • LINE広告運用専門チームが対応
  • オンラインのコミュニケーションでもホスピタリティ溢れるサービス
  • 広告主向けアンケートにおいて、サポートの満足度で高評価

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー
  • Meta Business Partner

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
50万円以上~運用額の20%0円制限なし

基本情報

項目詳細
会社名株式会社グラッドキューブ
本社所在地

〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F

事業内容リスティング広告運用代行、Facebook広告運用代行、Instagram広告運用代行、LINE広告運用代行、YouTube広告運用代行、Webサイト制作、動画制作・YouTubeチャンネル運用代行、アクセス解析、LPO・CROコンサルティング
電話番号

06-6105-0315

コーポレートサイトURLhttps://corp.glad-cube.com/
事例・実績要問い合わせ

株式会社ユニアド

ユニアド

引用:株式会社ユニアド

ユニアドは各種広告媒体における広告運用代行を行っている代理店です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • 細かく分類したアカウント設計
  • 自社アカウントの「友だち」の類似ユーザーに配信するなど、工夫したターゲティング
  • 自動入札の導入

広告媒体による認定

  • Google Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ運用額の20%5万円制限なし

基本情報

項目詳細
会社名株式会社ユニアド
本社所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル 東館7F
事業内容インターネット広告、マーケティング支援
電話番号非公開
コーポレートサイトURLhttps://www.uniad.co.jp/
事例・実績要問い合わせ

合同会社SAWL

SAWL引用:合同会社SAWL

SAWLではWebマーケティング全般に関するコンサルが可能であり、社員ではなくフリーランスが集まった会社です。

LINE広告代理店としての強みは以下の2点です。

  • 大手広告代理店の出身者が多数在籍
  • 最低手数料1万円~依頼が可能

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ1万円~要問い合わせ要問い合わせ

基本情報

項目詳細
会社名合同会社SAWL
本社所在地〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-10東松ビル2F
事業内容Webコンサルティング、ホームページ・LP制作、Web広告運用、画像・動画制作、SEO対策、MEO対策
電話番号070-8428-5329
コーポレートサイトURLhttps://sawl.work/
事例・実績事例ページ

株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェント引用:株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェントは1998 年の創業以来、インターネット広告事業を展開しており、広告効果最大化を強みに国内トップクラスの規模を誇ります。広告領域だけでなく、エンタメやDX推進の領域にも強みがあるのが特徴です。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • デジタル領域の豊富な知見と技術を活用して、最高の顧客体験を実現
  • CX向上における、各専門分野を集結したチームを顧客ごとに編成
  • LINE取扱い実績No.1の豊富なナレッジ

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー(認定称号:動画広告)
  • LINEセールスパートナー(Diamond)

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

基本情報

項目詳細
会社名株式会社サイバーエージェント
本社所在地〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
事業内容インターネット広告事業、ゲーム事業、メディア事業、投資育成事業
電話番号03-5459-0202(代表)
コーポレートサイトURLhttps://www.cyberagent.co.jp/
事例・実績要問い合わせ

株式会社アイレップ

アイレップ引用:株式会社アイレップ

アイレップはデジタル起点の統合マーケティングにおいて、必要なサービスを体系的に取り揃えており、クライアント企業の本質的なマーケティング課題を解決するために、戦略から実行までを支援しています。

LINE広告代理店としての強みは以下の3点です。

  • プラットフォームの特性を理解した運用戦略
  • Data Provider Partnerに認定されたDMP「AudienceOne®」活用
  • アカウント運用最適化サービス「Social Dig Connection」でマーケティング効果の最大化を支援

広告媒体による認定

  • Google Premier Partner
  • Yahoo! JAPAN セールスパートナー(認定称号:広告運用、動画広告、広告審査(検索広告))
  • LINEセールスパートナー(Bronze)

費用

月額予算運用手数料初期費用契約期間
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ

基本情報

項目詳細
会社名株式会社アイレップ
本社所在地〒150-6021 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号  恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
事業内容広告代理事業、ソリューション事業、クリエイティブ事業 その他
電話番号非公開
コーポレートサイトURLhttps://www.irep.co.jp/
事例・実績要問い合わせ

まとめ:LINE広告の出稿について迷っているならまずはご相談を

ここまでLINE広告について、代理店の選び方や運用代行のメリット・デメリットをご紹介してきました。

LINE広告は他のプラットフォームと比較して、リーチできる層の幅が広いため、認知拡大を推進したい場合には非常に有効な手段といえます。

広告代理店を選ぶ中で一番気になるのは、ちゃんと成果が出るかどうかだと思います。Webサイト等で気になる代理店の情報を収集したら、まずは問い合わせて直接話を聞いてみることをおすすめします。1社では判断がしづらいという場合は、複数社に問い合わせて、提案を聞いてみるとよいでしょう。

弊社PLAN-Bでもご相談からアカウント診断まですべて無料で実施しています。お気軽にお問い合わせください。