YouTube広告の出し方は?出稿の流れや設定方法を解説

インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. そもそもYouTube広告とは? 
      1. YouTube広告の特徴とメリット
      2. YouTube広告の重要性
        1. 利用ユーザー数の増加
        2. 動画が与える高い認知効果
    2. YouTube広告の配信フォーマット
      1. スキップ可能なインストリーム広告
      2. スキップ不可のインストリーム広告
      3. インフィード動画広告
      4. バンパー広告
      5. アウトストリーム広告
      6. マストヘッド広告
    3. YouTube広告の課金形態
      1. CPC(クリック課金)
      2. CPV課金(視聴課金)
      3. CPM課金(表示課金)
    4. YouTube広告を出稿するための事前準備 
      1. Google広告のアカウントを開設する 
      2. YouTubeアカウントを用意する
      3. 広告用の動画を用意する
        1. 開始5秒のアテンションを意識する 
        2. キーメッセージを打ち出す
        3. CTAを設ける
    5. YouTube広告出稿の流れ
      1. ①YouTubeに完成した動画をアップロードする
      2. ②Google広告からYouTube動画広告のキャンペーンを作成する
      3. ③動画広告キャンペーンの「達成したい目標」を選択する
      4. ④動画広告キャンペーンの詳細情報を記入する
      5. ⑤動画広告キャンペーンで配信をするターゲットを設定する
      6. ⑥動画広告キャンペーンのグループを作成する
      7. ⑦動画広告グループで配信をする広告を作成する
    6. YouTube広告をうまく運用するためのポイント 
      1. 効果的な動画クリエイティブ
      2. 効果測定の設定
      3. 適切なターゲティング
      4. 目的の明確化
    7. まとめ:YouTube広告の出し方は難しくない!

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

インターネット広告サービスのご案内

弊社の取り扱う広告媒体の全体図と、リスティング広告、ディスプレイ広告を中心として運用スキームをご紹介しております。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

YouTubeを筆頭に動画市場が盛り上がりを見せる中、動画広告の需要はますます増えています。

サイバーエージェントの「2021年国内動画広告の市場調査」によると、2021年の動画広告市場は、昨年対比142%の4,205億円に達する見通しで、2022年には5,497億円、2025年には10,465億円に達する見込みとなっています。

本記事ではYouTube広告の出稿方法や配信メニューを中心に解説します。

そもそもYouTube広告とは? 

YouTube広告とは、YouTube上で動画を視聴する際に表示される広告のことです。YouTubeは世界中で利用されており、その規模の大きさから広告の露出が期待できます。

動画視の聴前後や動画を視聴している途中などに表示される広告、検索結果のページ上や関連動画のサムネイルの周辺に表示される広告などがあります。

広告の種類にはさまざまなタイプがありますが、テキストや画像広告に限らず、動画広告の出稿ができるのが大きな特徴です。

ちなみにCPC(クリック課金)、CPV課金(視聴課金)、CPM課金(表示課金)の3つの課金形態から選ぶことができます。

既にYouTube広告を配信している方は関連記事もご覧ください。

YouTube広告の特徴とメリット

YouTube広告の特徴とメリットは、以下の通りです。

  • 広告主は広告の配信対象者を細かく設定できる
  • 広告表示回数の測定ができるため、配信効果が見えやすい
  • YouTubeはGoogleの子会社であり、Googleアカウントを持っていれば広告出稿が可能
  • YouTubeは世界中で利用されているため、世界規模での広告露出が期待できる
  • 配信フォーマットや課金形態を選べるため、広告出稿の柔軟性が高いです。

また、動画広告の場合、視聴されてはじめて広告費が課金される仕組みとなっており、費用対効果が高い点もメリットだといえるでしょう。

いっぽう、YouTube広告にはデメリットになりえる点もあります。

最も懸念すべきなのが、動画広告を出稿することによるイメージダウンです。動画広告の種類によっては、スキップができないタイプのものもあるため、そのことで反感を買う可能性があります。また動画広告のクオリティによっては、ブランドの印象を悪くしてしまう場合もあるでしょう。

とはいえデメリットは動画制作の質を高めることで、いくらでもカバーできる問題です。

YouTube広告の重要性

冒頭にも触れましたが、動画広告市場は年々増加傾向です。

新型コロナウイルスの影響によりでユーザー全体の動画視聴時間は伸びており、ライムライトの「オンラインビデオの視聴状況に関する調査-2020年」によると、2020年の視聴時間は2019年に比べ、16%ほど増加しています。

 

利用ユーザー数の増加

YouTubeは、月間ユーザー数20億人を超えており、急速に利用ユーザー数が増加しています。利用ユーザー数は日本国内では6,500万人に使用されています。(出典:Think with Google

おおよそ2人に1人が使用しているという計算になり、日本を代表する動画メディアであるといえるでしょう。

通信システムが4Gから5Gへと移行が進められていることからもわかるように、高画質や容量の大きい動画の視聴に適した通信環境の整備が進められています。

ユーザーは今後ますます快適に動画コンテンツを利用することができるようになり、利用者数も増えることが予想されるのです。

このことからも、今後さらにYouTube人口は増えることが予想されますし、YouTubeをプラットフォームとしたさまざまなコンテンツやビジネスの展開も期待されます。

動画が与える高い認知効果

動画には高い認知効果があるため、視聴者の興味を引きやすく、記憶に残りやすいです。

YouTube広告の基本メニューは動画のため、静止画の広告と比較するとユーザーの記憶に残りやすい特徴があります。

電通とディーツーコミュニケーションズが実施した「iPhone向け動画広告効果調査」では、バナー広告と動画広告の認知状況の比較を行ったところ、「広告を確かに見た」と回答したユーザーはバナー広告が8.9%、動画広告が14.7%でした。

認知度に関して動画広告はバナー広告の約1.7倍の効果があると考えられます。

同様に、クリック率でも動画広告は静止画より高い傾向にあります。

Adformの「DIGITAL ADVERTISING BENCHMARK REPORT」では、バナー広告のCTRの平均が0.11%であるのに対し、動画広告は0.4%でした。今回の結果から動画広告はバナー広告よりCTRが3倍以上高いことがわかります。

これは、YouTube広告でも同じことが言えます。次では、YouTube広告の配信フォーマットを紹介します。

YouTube広告の配信フォーマット

スキップ可能なインストリーム広告

スキップ可能なインストリーム広告の画像

※引用元:YOUTUBEヘルプ

スキップ可能なインストリーム広告は、別の動画の前後、または途中に再生される動画広告です。再生開始から5秒が経過すると、ユーザーは広告をスキップできるます。

この広告フォーマットを使用する際に選択するキャンペーン目標は
販売促進、見込み顧客の獲得、ウェブサイトのトラフィック、ブランド認知度とリーチ、商品やブランドの比較検討が挙げられます。

スキップ不可のインストリーム広告

スキップ不可のインストリーム広告の画像

引用元:YouTubeヘルプ

スキップ不可のインストリーム広告は、配信されている動画の再生前後もしくは再生中に15秒間再生される動画広告です。
3秒でスキップができるフォーマットと違い15秒間動画が再生されてしまうため、広告に興味がないユーザーにとっては不快感を与える可能性もあります。

この広告フォーマットを使用する際に選択するキャンペーン目標はブランド認知度とリーチが挙げられます。

インフィード動画広告

 

TrueView ディスカバリー広告の画像

引用元:YouTubeヘルプ

インフィード動画広告は、YouTubeの関連動画や検索結果に表示される広告です。
他のYouTube動画と同様、ユーザーが広告動画をクリックすると広告が再生される仕組みです。
広告に興味を持ったユーザーが視聴するので、ターゲットとするユーザーに絞り込んで配信できます。

この広告フォーマットを使用する際に選択するキャンペーン目標は商品やブランドの比較検討が挙げられます。

バンパー広告

バンパー広告の画像

引用元:YouTubeヘルプ

この広告は、動画広告の中でも短く、視聴者にとってはあまり邪魔になりません。また、動画再生前に表示されるため、視聴者がまだ注目を向けていない段階で商品やサービスをアピールできるというメリットがあります。

一方で、6秒という短い時間内に商品やサービスの魅力を十分に伝えることができるかどうかは課題です。また、広告が繰り返し流れることで、視聴者にとってはストレスとなることもあります。そのため、広告の制作には工夫が必要です。

バンパー広告は、YouTubeなどの動画プラットフォームでよく利用される広告の形態です。企業がターゲットとする視聴者に直接アプローチし、商品やサービスを効果的に宣伝するために利用されます。

この広告フォーマットを使用する際に選択するキャンペーン目標はブランド認知度とリーチが挙げられます。

詳しくは関連記事を参照ください。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告の画像

引用元:YouTubeヘルプ

アウトストリーム広告は、コンテンツの中に埋め込まれる広告形式です。主にオンライン記事やブログ記事、SNSの投稿などで見ることができます。動画広告とは異なり、コンテンツの再生が完了した後に広告が表示されるため、コンテンツの途中で広告が流れることはありません。

アウトストリーム広告には、自動再生型とユーザーがクリックするまで再生されないクリック再生型の2種類があります。自動再生型は、コンテンツをスクロールすると自動的に再生されるため、ユーザーの注意を引きやすく、視認性も高いというメリットがあります。

一方、クリック再生型はユーザーが広告をクリックした時に再生されるため、より意図的な広告閲覧が可能です。

また、アウトストリーム広告は、ビデオやバナー広告のようにコンテンツの中に埋め込まれるため、視聴者が自然な流れで広告を受け取れます。そのため、広告が強制的に表示されるよりも、視聴者にとってストレスが少なく、広告の効果も高いとされています。

マストヘッド広告

マストヘッド広告の画像

引用元:YouTubeヘルプ

YouTubeのトップページに掲載される大きな広告枠が「マストヘッド広告」です。この広告は、YouTubeの利用者数が多い時間帯に配信され、多くのユーザーにアピールすることができます。

視覚的に強いインパクトを持つため、商品やブランドの認知度を高めることができるでしょう。ただし短期間で多くのユーザーにアプローチできる一方で、高額な出稿費用がかかります。したがって比較的、予算に余裕がある企業に向いています。

YouTube広告の課金形態

YouTube広告には、大きくわけて3つの課金形態があります。

CPC(クリック課金)

広告がクリックされた場合にのみ、広告主が費用を支払う課金形態です。クリック率が高いほど、効果的な広告といえます。 ユーザーが動画広告のサムネイルもしくは見出しをクリックすると、広告料金が発生します。

対象メニュー:インフィード動画広告、動画アクションキャンペーン

目安:50円~600円

CPV課金(視聴課金)

動画が視聴された場合に費用が発生する課金形態です。ユーザーが広告動画を30秒以上(動画が30秒未満の場合は、最後まで)視聴した場合に費用が発生します。

対象メニュー:スキップ可能なインストリーム広告

課金目安:5~10円

CPM課金(表示課金)

広告が表示された回数に応じて費用が発生する課金形態です。広告の露出量が重要な場合に、有効な課金形態といえます。インプレッション単価とも言われ、1000回表示されるごとに広告費用が発生します。

対象メニュー:スキップ不可なインストリーム広告、バンパー広告、アウトストリーム広告

課金目安:400~600円

YouTube広告を出稿するための事前準備 

YouTube広告を出す前に用意するものをご紹介します。

Google広告のアカウントを開設する 

YouTube広告を出稿するためには、Google広告のアカウントを開設する必要があります。YouTube広告の配信をおこなう場合は、Google広告にて配信をおこないます。

Google広告のアカウント開設には

・宣伝したいWebサイト
・広告費の支払い情報(クレジットカードなど)
の設定が必要です。

YouTubeアカウントを用意する

YouTube広告を出稿するためには、YouTubeのアカウントを用意する必要があります。YouTubeアカウントを用意することで、YouTube広告の出稿が可能になります。

YouTubeアカウントは、メールアドレスがあれば作成可能です。YouTubeページよりYouTubeアカウントの作成を行ってください。

広告用の動画を用意する

動画広告を配信するためには素材となる広告用の動画が必要です。

ただ、作ればいいということではなく「興味のないユーザーがたまたま見ても、有益と感じたり、購入を検討したくなる魅力的な動画」である必要があります。そのために少なくとも以下の項目をチェックするようにしましょう。

開始5秒のアテンションを意識する 

YouTube広告をスキップするには開始6秒~です。

つまり、冒頭5秒で狙ったユーザーをいかに惹きつけれるかが重要です。視聴者はその時間内に動画の中身が自分にとって価値があるかどうかを判断し、その後の動画の視聴を決めるからといえます。

そのため例えば、ビデオ内で問いかけをする、衝撃的な映像を出す、またはオリジナルのストーリーを紹介するなど、視聴者の興味を引く工夫が必要でしょう。

動画制作前にターゲットを設定し、「誰の」「どんな課題・悩みを」「自社商品・サービスによってどう解決したいか」を整理してみましょう。 

キーメッセージを打ち出す

動画広告では、短い時間内にキーメッセージを伝えることが求められます。視聴者が広告の中身を理解し、興味を持ち、アクションを起こすためには、分かりやすく伝えることが大切です。

例えば、商品やサービスの特徴やメリットを簡潔に説明し、どういった問題を解決できるかを伝えると良いでしょう。

ブランド名や訴求ポイントをストレートに打ち出すこと意識してください。

CTAを設ける

動画広告には、CTA(Call to Action)が必要です。CTAとは、視聴者に何かアクションを起こすように呼びかけるテキストやボタンのことで、例えば「今すぐ購入する」、「無料トライアルに登録する」などのように、明確なアクションを示すためのものといえます。CTAは、動画広告の最後に挿入することが一般的です。

ここでいう「アクション」(Action)とは、「資料の請求」や「メルマガの登録」、「リンク先ページ」への訪問などのことを指し、

CTAは、動画広告の最後に挿入することが一般的です。

YouTube広告出稿の流れ

ここではYouTubeの広告の出し方について、詳しく説明します。

①YouTubeに完成した動画をアップロードする

広告を出稿する前に、YouTubeに動画をアップロードする必要があります。動画の長さは、6秒から15分までとなっています。

動画のアップロードは、YouTubeのWebページだけでなくスマートフォンのYouTubeアプリからも行うことができます。

②Google広告からYouTube動画広告のキャンペーンを作成する

Google広告にログインし、Google広告の管理画面からYouTube動画広告を作成します。

メニューの「キャンペーン」タブをクリックし、キャンペーン管理画面の「+」ボタンをクリックするとプルダウンメニューが表示されます。

YouTube動画広告を作成

プルダウンメニューの中から「+新しいキャンペーンを作成」を選択しましょう。

+新しいキャンペーンを作成

③動画広告キャンペーンの「達成したい目標」を選択する

YouTube広告を設定する際、まずは「達成したい目標」を選択することが重要です。達成したい目標を明確にすることで、広告の効果的な配信が可能になります。

目標を選択する際には、以下のような目的を設定することができます。

  • ブランド認知の向上
  • リード獲得
  • Webサイトのトラフィック増加
  • コンバージョン数の増加
  • アプリのインストール数の増加
  • 店舗への来店数の増加

配信したい目標を「商品やブランドの比較検討」、「ブランド認知とリーチ」、「目標キャンペーンを指定せずに配信」から選択します。キャンペーンタイプは動画を選択します。

「達成したい目標」を選択する

キャンペーンのサブタイプの選択では、1本の広告動画のみ配信をする場合は「動画リーチキャンペーン」を選択しましょう。

もうひとつの選択にある「広告シーケンス」とは、複数の動画を指定した順序でユーザーに表示することのできる機能です。

1つ目の動画を見せたあと2つ目の動画を見せるなど、動画広告を一連のストーリーでユーザーに広告を配信することができます。

今回は「動画リーチキャンペーン」で進めます。

「目的をどのように達成するか」では配信フォーマットで選択をしましょう。

 

④動画広告キャンペーンの詳細情報を記入する

目標を選択したら、次に詳細情報を記入する必要があります。これには、広告の配信期間や広告予算、配信地域、広告の形式などが含まれます。これらの情報は、目的に合わせて選択することが重要です。

続いて、キャンペーンの「入札戦略」「予算と日程」をそれぞれ入力します。 

広告の配信はGoogleの自動審査で承認される必要があり、審査に数日かかることもありますので、スケジュールに余裕をもって作成しましょう。

⑤動画広告キャンペーンで配信をするターゲットを設定する

広告を設定する際には、ターゲットを設定することも重要です。ターゲットを設定することで、より効果的な広告配信が可能になります。

ターゲット設定のポイントは、以下の通りです。

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地域
  • 職業
  • 趣味や嗜好などの興味関心
  • デバイス

ネットワークでは「YouTube動画」を選択します。

また、YouTube以外にもリーチを拡大したい場合は「ディスプレイ ネットワークの動画パートナー」の設定を選択してください。

これを選択することで、Googleパートナー上のWebサイトに広告を配信することができます。

地域や言語は配信をするターゲットの設定ができるため効果的にユーザーを絞って広告が配信できます。

都道府県単位で配信をしたい場合、配信したい地域を手動で入力すれば、その地域のみの配信となります。

ターゲットを絞る

⑥動画広告キャンペーンのグループを作成する

ターゲットを設定したら、次に動画広告グループを作成する必要があります。グループを作成することで、広告のターゲットに合わせた配信が可能になります。

グループの作成には、以下のポイントがあります。

  • 広告の配信ターゲット
  • 広告の配信期間
  • 広告予算
  • 広告の形式

具体的な方法は、以下より説明します。

動画広告を配信するグループを設定します。

広告グループを作成する

グループの設定では、配信をおこなう「性別」・「年齢」・「子供の有無」・「世帯収入」などのユーザー属性を設定できます。

ユーザー属性の他には、Googleが推定したオーディエンスなどの興味関心の設定も可能です。

⑦動画広告グループで配信をする広告を作成する

最後に配信する広告を作成します。

左側の「お客様のYouTube動画」にアップロードした動画のURLを入力します。

入力が完了したら「広告を保存」を選択し次に進みます。

 

広告の詳細設定画面に移り変わります。

ここでは、広告をクリックしたユーザーに表示する最終ページURL 、ユーザーを誘導するようなフレーズ、見出し、広告名を入力します。

見出しは最もユーザーの目に付きやすいテキストですので、効果的なものにしましょう。

入力が終わったら、「広告を保存」 をクリックして完成です。


 

YouTube広告をうまく運用するためのポイント 

効果的な動画クリエイティブ

YouTube広告で最重要とも言えるのが、前段でもご紹介したクリエイティブです。

効果的な動画クリエイティブを作成できるかどうかで、広告の効果は大きく変わります。

改めてお伝えしますが、、YouTube広告の動画は、開始5秒でユーザーの心をつかめるかどうかにかかっています。5秒間でユーザーが広告に興味を持たなければ、スキップされてしまうケースが多くなります。

そのため、動画全体のクオリティはもちろんですが、特に最初の5秒に力をいれて制作しましょう。

効果測定の設定

YouTube広告を出す上で、効果測定の設定は非常に重要です。広告を出すことでどの程度の効果があったかを把握し、今後の施策に反映させることができます。

具体的には、以下のような設定が必要になります。

  • コンバージョンタグの設置
  • クリックトラッキングの設定
  • アナリティクスの導入

コンバージョンタグを設置することで、広告クリックからのコンバージョン(目的の行動)を計測できます。また、クリックトラッキングを設定することで、広告クリックがどの程度の効果を生んでいるかを把握できます。

さらに、アナリティクスの導入によって、ユーザーの行動を分析し、広告の改善点を見つけられるでしょう。

YouTube広告運用は、はじめから高い効果を得られるとは限りません。運用を開始したら、効果測定の設定をして、PDCAを回すことが大切です。

クリエイティブやターゲティングなど、より高い効果を得られる方法を探りながら、改善を繰り返していきます。予算が合わなければ、入札単価の調整も行いましょう。

PDCAを回していくことで、YouTube広告の効果はどんどん高めることが可能です。

適切なターゲティング

YouTube広告を出す際には、どのような人に対して広告を出すかが重要になってきます。適切なターゲティングを行うことで、広告の効果を高めることができます。

広告で取り扱う商品やサービスにまったく関心のないユーザー層に広告を配信しても、高い効果が得られることはまずありません。

まずは、自社の商品やサービスに関心がある人をターゲットにすることが重要です。そのためには、YouTubeのデータを分析し、視聴者の年齢層や性別、興味関心などを把握する必要があります。また、ターゲットとなる視聴者が集まる動画のカテゴリーやチャンネルも調査することが大切です。

さらに、ターゲティングをより細かく設定することで、より効果的な広告を出すことができます。例えば、地域や言語、趣味など、視聴者の細かな属性を設定することが可能です。また、これまでに自社のウェブサイトやSNSを訪問した人をターゲットにするリターゲティング広告も有効でしょう。

以上のように、適切なターゲティングを行うことで、よりターゲットに合わせた広告を出すことができ、広告のクリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。

目的の明確化

YouTube広告の種類を選ぶポイントでも解説しましたが、YouTube広告を上手に運用するためには、広告の目的に合った種類の広告フォーマットを選択する必要があります。

広告の目的がブランディングなのか、コンバージョン獲得なのかによって、選ぶべき広告の種類は変わってきます。ですから、YouTube広告を運用する際は、必ずこの目的を明確にして、最適な広告フォーマットを利用しましょう。

まとめ:YouTube広告の出し方は難しくない!

今回は、YouTube広告を出すための基本的な手順や注意点についてご紹介しました。

まずは、広告の目的を明確にし、その目的に応じた広告タイプを選択しましょう。また、配信期間や配信先の設定も適切に行うことで、効果的な広告戦略を実現することができます。

さらに、広告作成や配信のための技術やノウハウが豊富なプロフェッショナルなども存在していますので、必要に応じて専門家のサポートを受けることも検討してみてください。

YouTube広告は、多くのユーザーが利用するプラットフォームであり、様々なターゲット層にアプローチすることができます。ぜひ、YouTube広告を活用して、自社の商品やサービスを効果的に宣伝してみてください!

YouTube広告の出し方はそれほど複雑ではありませんので、こちらの記事を参考に進めてみてください。導入の一助となれば幸いです。