SEOに強いポータルサイトを作るためには? 具体的な施策について徹底解説!

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

ポータルサイトで利益を生み出すには、徹底してSEO対策を行わなければなりません。しかし、「ブログコンテンツに対するSEOはわかるけど、ポータルサイトでどうやってSEO対策を行えばいいの?」と疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ポータルサイトにおけるSEO対策の方法や意識すべきポイントなどについて紹介します。ポータルサイトで効果を発揮したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポータルサイトとは?

そもそもポータルサイトとは、必要としているWeb上の情報に素早くアクセスできるサイトのことを指します。ニュースサイト、天気予報、メール、SNSなどの情報にアクセスできるGoogleやYahoo!のようなものがポータルサイトとなります。ポータルサイトは、複数のサービスを一つの場所で利用できるため、利用者にとって利便性が高くなっています。また、多くの場合、ポータルサイトはカスタマイズが可能で、ユーザーは自分の好みに応じて表示される情報を選択することができます。

しかし、どれだけ質の高いポータルサイトを運営していても、そのサービス自体を知ってもらえなければ利益を生み出すことはできません。したがって、ポータルサイトで効果を発揮するためにはSEO対策が必要不可欠となるのです。

ポータルサイトでSEO対策を行うべき?

ポータルサイトでSEO対策を行うことで、より多くの利用者にアクセスしてもらうことができます。ポータルサイトの具体的なSEO施策として、次のようなものが挙げられます。

  • 適切なキーワード配置
  • 内部リンクの最適化
  • コンテンツのクオリティ向上
  • サイトマップの作成
  • サイト構成

これらを意識してサービスを構築することで価値のあるポータルサイトを作ることができます。

ポータルサイトの主な種類

ポータルサイトにはいくつかの種類があります。ここでは、ポータルサイトの種類ごとに詳しくみていきます。

  • 総合ポータルサイト
  • 口コミポータルサイト
  • 社内ポータルサイト
  • 地域ポータルサイト

総合ポータルサイト

総合ポータルサイトは、多機能でさまざまな情報を一元管理しているサイトです。ポータルサイトの中でも最も代表的な種類の1つです。ニュース、天気、検索エンジン、メール、SNSなど、さまざまな情報やサービスを提供し、利用者が必要とする情報を1つの場所で手軽に入手できるようになっています。広告収入によって運営されていることが多く、利用者は無料でポータルサイトを利用できます。

口コミポータルサイト

口コミポータルサイトは、利用者が自分の経験や意見を投稿し、他の利用者がその情報を参考にすることができるポータルサイトです。主にレストランやホテル、美容室、観光地などの口コミ情報が多く掲載されています。利用者にとってはリアルな情報を入手しやすいメリットがあり、投稿者にとっては、自分の意見を発信できる場となっています。

社内ポータルサイト

社内ポータルサイトは、企業内で利用されるポータルサイトのことです。社員向けの情報やニュース、業務支援ツール、社員間のコミュニケーションなど、企業内で必要な情報や機能を提供することが目的です。社員の業務効率化や情報共有を促進し、企業全体の生産性向上に貢献します。また、社員が情報を収集する際の手間を省くこともでき、業務改善につながるケースもあります。ちなみに、大学のポータルサイトもこの1部となっています。

地域ポータルサイト

地域ポータルサイトは、地域に特化した情報を提供しているポータルサイトのことです。主に市区町村の情報、イベント情報、生活情報、地域のニュースなどが掲載されており、地域住民や地域情報に関心のある人たちに利用されます。また、地域の企業や店舗などの情報発信の場として利用されることもあり、地域の活性化にも役立つでしょう。また、地域の特色を生かしたコンテンツや地元の情報を発信することで、地域住民の情報収集にも役立っています。

ポータルサイトでSEO効果を出すメリット

ポータルサイトでSEO対策を行う場合、通常のコンテンツマーケティングよりも時間がかかってしまいます。そのため、SEO対策に取り組むべきか悩む企業も少なくないでしょう。ここでは、ポータルサイトでSEO対策を講じて効果を出すメリットについて紹介します。

  • 見込み客のアクセスが狙える
  • 広告により収益化ができる
  • 接触する機会を増やせる

見込み客のアクセスが狙える

まず、見込み客のアクセスが狙えることがメリットとして挙げられます。ポータルサイトが上位表示されるようになると、そこが間口になり、自社ホームページを利用してコンテンツマーケティングを行うよりも多くの見込み客にアクセスしてもらうことができます。また、ポータルサイトに掲載されているコンテンツが魅力的な場合、リピートや口コミによる集客効果も期待できます。

広告により収益化ができる

広告による収益化ができることも、ポータルサイトでSEO効果を出すメリットです。多数のユーザーが訪れるポータルサイトに対して、企業が広告出稿を希望することもあります。したがって、成長して価値のあるコンテンツを生み出せれば、その広告掲載益を手にできるケースもあるでしょう。さらに、ポータルサイトに集まるユーザーがターゲットに合わせた広告をクリックする可能性が高いため、広告運用を行いたいと考える企業からのオファーが増える可能性もあります。

接触する機会を増やせる

ユーザーとの接触機会を増やせることもポータルサイトのメリットです。ポータルサイトは多数のユーザーが訪れるため、企業が自社情報を掲載することで、多くのユーザーに情報を伝えることができます。うまく活用することで、これまで接点がなかったユーザーの流入を見込めるため、企業やブランドの魅力を伝える上でも役立ちます。

ポータルサイトのSEOで効果を出すために意識すべきポイントとは?

次に、ポータルサイトのSEOで効果を発揮するために意識すべきポイントについて紹介します。

内部対策

ポータルサイトでSEO対策を行うなら内部対策に力を入れる必要があります。内部対策とは自社サイト内の構造やコンテンツ、リンク構造などを最適化することによって、検索エンジンからの評価を高める手法のことを指します。キーワードの適切な配置やメタ情報の最適化、内部リンクの整備などを行うことで、自社サイトの品質を向上させユーザーにとってより使いやすいサイトになり、検索エンジンからの評価も高まるでしょう。

外部対策

次に、ポータルサイトを運営するなら、外部対策に力を入れることも重要です。外部対策とは他のWebサイトからのリンクを増やすことで、自社サイトへの評価を高めることを言います。具体的には、他サイトからの自社サイトへのリンク獲得、SNSなどのプラットフォームでの露出などの方法があります。外部対策を行うことで、自社サイトの信頼性やアクセス数を向上させ、検索エンジンからの評価を高められるでしょう。

被リンク

被リンクもポータルサイトのSEOに重要なポイントです。被リンクとは、他のサイトから自社サイトへ送られるリンクのことであり、被リンク数が多いほど自社サイトへの評価が高くなります。被リンクを増やすためには、他サイトとのコラボレーションやゲスト投稿、オンラインディレクトリへの登録などの方法が効果的です。被リンクを増やすことで、検索エンジンからの評価を高め、サイトのランキングアップにつながります。被リンク獲得には時間がかかりますが、長期的視点を持って増やすことがポータルサイトのSEO効果を高める上で重要なポイントとなっています。

コンテンツのクオリティ

また、ポータルサイトであってもコンテンツのクオリティにも重視することが重要です。検索エンジンはコンテンツの質も判断基準の1つとしてランキングを決定しているため、コンテンツの質が高ければ高いほどランキングアップにつながります。クオリティの高いコンテンツを作成するためには、ユーザーが求める情報を提供したり、的確なタイトルとキーワードの使用、画像や動画などのマルチメディアコンテンツの使用したりすることが効果的です。

ポータルサイトのSEOで効果を出すために行うべき具体的な施策

最後に、ポータルサイトのSEOで効果を出すために行うべき具体的な施策について紹介します。

  • サイトの構造を簡略化する
  • 顧客にあったキーワードを選定する
  • 質の高いコンテンツを制作する

サイトの構造を簡略化する

ポータルサイトのSEOで効果を出すために行うべき具体的な施策として、サイトの構造を簡略化することが挙げられます。たとえば、ナビゲーションをシンプルにし、ユーザビリティを高めることで、ユーザーの利便性を向上させることができます。また、サイトの構造が複雑になっているとクローラーが正しく認識しない場合があるため、検索エンジンからの評価を下げないようシンプルなサイト構造が重要です。

顧客にあったキーワードを選定する

顧客が検索するキーワードを正確に捉え、コンテンツやサービスに含めることが重要です。顧客層をしっかりとリサーチし、検索してくれるような状態を整えておくことが大切です。キーワードの選定には、検索ボリュームの多い単語だけでなく自社の強みや特徴を反映したキーワードを含めることも重要です。また、競合他社が狙っていないけどニーズがあるキーワードを見つけ出すことも必要です。これらの工夫により、ポータルサイトのコンテンツが検索結果上位に表示され、見込み客の獲得につながるのではないでしょうか。

質の高いコンテンツを制作する

ポータルサイトで上位表示を狙うには、質の高いコンテンツを制作することも重要です。検索エンジンは、ユーザーが求める情報を正確に理解し、提供しているサイトを高く評価する傾向があります。そのため、ユーザーにとって質の高いコンテンツを提供することで、ユーザーの利便性を高めるだけでなく、検索エンジンからの評価も向上させることができます。また、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することで、口コミやシェアなどの自然なリンクを生み出すことも可能です。「質の高いコンテンツを作る」という観点においては、コンテンツマーケティングと同様の視点でポータルサイトを設計していくことが大切です。

まとめ

本記事では、ポータルサイトにおけるSEO対策の方法や意識すべきポイントなどについて紹介しました。ポータルサイトでSEO効果を高め、上位表示させることによって、インターネット上でのアクセス数を増やせたり、広告益を獲得できたりとさまざまなメリットがあります。アクセス数の多いポータルサイトを運営するには多くの時間がかかりますが、その分獲得できるメリットも大きいです。

とはいえ、ポータルサイトを制作して運営しても簡単にアクセス数を増やすことはできません。SEOを意識してサイトを構築したり内部対策・外部対策を行ったりしながら、評価を高めていくことが重要です。本記事の内容も参考に、ポータルサイトのSEOについて考えてみてください。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
「SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス