キーワード調査ツールはSEO対策の第一歩!キーワード設計に役立つツールまとめ

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

SEO対策によりウェブサイトへのアクセスを増やすには、検索キーワードの調査が欠かせません。キーワード毎に検索ボリュームが異なる為、SEO対策の難易度が異なります。自身のサイトにとって、どのようなキーワードで上位を狙うのが適切かを判断する為に、キーワード調査ツールを使用します。SEARCH WRITE

キーワード調査ツールとは?

キーワード調査ツールには、検索ボリュームを算出するものや、トレンドワードが確認出来るものなど、多岐に渡ります。それぞれ機能は異なりますが、SEO対策を目的としたキーワード設計を行う際に、便利なツールです。キーワード調査ツールを複数利用して、アクセスを効率良く集められる様にしましょう。

キーワードの設計方法についてはこちらの記事をご覧下さい。

キーワード調査ツールでできること

キーワード調査ツールではどんなことができるのでしょうか?ここでは、調査ツールを活用してできることを5つ紹介します。

検索ボリュームを確認する

キーワード調査ツールではキーワードの検索ボリュームを確認することができます。具体的には、特定のキーワードやフレーズが検索エンジンでどれだけ頻繁に検索されているかを把握することが可能です。

これにより、マーケティング戦略の立案やコンテンツ作成の方向性をより効果的に決定することができます。また、競合キーワードの検索ボリュームと比較することで、市場のトレンドや競争状況を理解できるでしょう。

おすすめのキーワードを提案してくれる

キーワード調査ツールには、おすすめのキーワードを提案してくれる機能が搭載されているものもあります。こちらの機能を活用することで、自社のブログに関連するキーワードやフレーズを提示してくれるため、制作すべきコンテンツを理解することに役立つでしょう。

また、おすすめのキーワード提案によって得られたキーワードを用いて、ブログ全体の構成を作ることもできるようになるはずです。

競合サイトを分析する

キーワード調査ツールでは、競合サイトの分析も可能です。ツールを使用すると、競合サイトがどのキーワードに焦点を当ててコンテンツを制作しているかや、それらのキーワードの検索ボリュームや競争度を把握することができます。

また、競合サイトのランキングやトラフィックの推移を調査することも可能です。これにより、競合サイトの成功要因や戦略を分析し、自社のマーケティングやSEO戦略に活かすことができます。競合サイトの分析を通じて、市場のトレンドや動向を把握し、自社の競争力を向上させることが可能です。

サジェストワードや関連キーワードを確認する

キーワード調査ツールには、サジェストワードや関連キーワードを確認する機能も搭載されています。この機能を活用することで、特定のキーワードに関連する他の検索クエリやフレーズを把握することができます。具体的には、ユーザーが入力したキーワードに基づいて自動的に関連するキーワードを提示してくれ、より幅広いキーワードをカバーしたコンテンツ作成やマーケティング戦略を構築することができるようになるでしょう。

また、サジェストワードや関連キーワードを確認することで、検索エンジンのアルゴリズムやユーザーの検索動向を把握し、SEOの最適化にも役立てることができるはずです。

広告の出稿状況を確認する

キーワード調査ツールは、広告の出稿状況を確認する機能も提供しています。これにより、特定のキーワードに関連する広告がどのように表示されているかを把握することが可能です。検索エンジン上で表示される広告や広告主の情報を収集し、その広告の順位や表示回数などを分析できます。

また、ツールによっては広告のクリック単価やコンバージョン率などのデータも確認できる場合があります。広告の出稿状況を確認することで、自社の広告戦略や競合他社との差別化を図るための情報収集が可能です。

おすすめのキーワード調査ツール9選

それではキーワード調査に最適なツールを紹介していきます。

キーワードプランナー(Google広告)

キーワード調査ツールとして、最も知名度の高いツールであると言っても過言ではありません。キーワードプランナーでは、キーワードの月間平均検索ボリュームや、競合性などが確認出来ます。元々はGoogle広告用のツールですが、SEOで狙うキーワードの上位化難易度を図るには、十分な指標となります。ただし、Google広告のアカウントで広告を出稿していない場合は、正しい検索ボリュームが表示されません。ざっくりの数値でも、大まかな難易度は把握出来ますが、より詳細な検索ボリュームを知りたい場合は広告出稿しているアカウントで確認する様にしましょう。

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

キーワードアドバイスツール(Yahoo)

キーワードプランナーと機能が似ていますが、こちらは検索ボリュームではなく推定のインプレッション数が表示されます。Google広告のキーワードプランナーとは異なる結果が表示されるので、合わせて利用すると良いでしょう。Google広告の場合は実際に広告を運用しているアカウントでないと詳細な情報が分かりませんが、こちらはYahoo!JAPANビジネスID(無料)さえがあれば、広告出稿せずにツールの使用が可能です。

https://login.bizmanager.yahoo.co.jp/login?url=https://promotionalads.business.yahoo.co.jp%2fAdvertiser%2fTools%2fKeywordAdviceTool%3futm_source%3d518dmj.com

rishirikonbu.jp

キーワードプランナーの様にキーワードの難易度を月間検索ボリュームや、競合性から判断するのではなく、難易度そのものを数値化してくれるツールです。チェックボックスに対象となるキーワードを入力し「check」ボタンを押すと、ツール独自に算出した難易度が表示されます。また「関連語・候補キーワード検索数予測ツール」を利用すると、関連ワードの月間検索予測数と、検索結果で1位を獲得した際のアクセス数の予測が出ます。複数のキーワードを同時に調べることが出来るので、キーワード設計を行う際に便利です。

http://rishirikonbu.jp/

goodkeyword

キーワード設計を行うには、ユーザーが実際に検索しているキーワードを知ることが大切です。ニーズを把握するのに一番適しているのが、サジェストに表示されるキーワードを確認することです。goodkeywordでは、GoogleやBingなどに表示される検索予測のキーワードを取得することが出来ます。サジェストに表示されるキーワードは、実際にユーザーが検索しているキーワードなので、一定のニーズが担保されています。また検索ボリュームの変動推移がグラフで現れ、季節によってニーズが高まるキーワードかどうかなど、判断することが可能です。

https://goodkeyword.net/

Googleサジェストキーワード一括ダウンロードツール

こちらのツールでは、対象となるキーワードのサジェストが表示されるだけでなく、CSVファイルとして一括でダウンロード出来ます。テキストデータがあると、キーワード設計も楽に行えます。Googleサジェストだけでなく、その他にもYahoo!サジェスト・Bingサジェスト・Amazonサジェスト・YouTubeサジェストのキーワード一括ダウンロードが可能です。SEOを目的としたキーワード設計に利用する場合は、まずGoogleとYahoo!のサジェストキーワードを抽出すれば問題ないでしょう。

https://www.gskw.net/

Googleトレンド

goodkeywordよりも更に詳細なトレンドの調査が出来るツールです。ウェブ検索だけでなく、画像検索やニュース検索などのトレンドも同様に調べることが出来、ECサイトやニュースサイトを運営している方にも有効なツールと言えます。調査対象となる期間も2004年まで遡って確認出来ます。また地域指定により、日本以外の国のトレンド調査が可能です。海外向けに配信しているサイトのキーワード調査には、まずGoogleトレンドを使用すると良いでしょう。関連するキーワードの抽出だけでなく、関連トピックが表示されます。近年のSEOではコンテンツ内に含まれるキーワードの比率よりも、テーマ性が重要視されているので、関連トピックを交えたコンテンツが評価され易い傾向にあります。キーワードの多さよりも、情報の網羅性を意識したコンテンツ作りに専念しましょう。

https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

SEARCH WRITE

SEARCH WRITE(サーチライト)は、SEO対策支援ツールであり、自社のキーワード調査から競合分析、施策立案、タスク管理まで幅広い機能を提供しています。このツールは、SEOの成果を可視化し、分析できることに強みを持つツールです。また、シンプルな仕様と充実したサポート体制により、初心者でも簡単に利用することができます。

SEARCH WRITEでは、自社キーワードの分析やページ調査、競合分析など、さまざまな機能を1つのツールで行うことができます。さらに、Googleの検索結果に表示される文字数に収まるように、metaタグのタイトルやディスクリプションの文字数を管理したりと、SEO指標の細かい部分にまで対応しています。

細かい機能が備わっているツールを、全く知識のない方が活用する場合にはおすすめのツールとなっています。

https://searchwrite.jp/

MIERUCA

MIERUCA(ミエルカ)は、コンテンツマーケティングやオウンドメディア運営に欠かせないツールです。コンテンツ作成時に他社のコンテンツを無断で盗用しないためのコピーチェック機能を提供しています。企業が著作権を侵害せずに施策を進めるために最適です。

また、自社のサイトにおいてSEOの記事を書く際に注力したいキーワードや、過去にコンバージョンがあった検索キーワードから、自動的に提案を行ってくれることも特徴です。

https://mieru-ca.com/

キーワードファインダー

キーワードファインダーは自動的に「おすすめキーワード」を抽出し、独自の自動分類と分析を行うツールです。、登録したサイトだけでなく競合サイトのデータをもとに関連キーワード情報を提供してくれることが特徴です。
また、キーワードファインダーにはジャンル別に毎日自動的に取得される新しいキーワードや勝ち組キーワード、お宝キーワードのピックアップといった、他のサービスにはない独自の特徴を持っています。このツールは無料デモ体験から気軽に利用でき、本格的に導入したい方には有料版も提供されているので、まずは無料版から試してみても良いでしょう。

https://keywordfinder.jp/

キーワード調査の結果を活用する方法

次に、キーワード調査で出た結果を活用する方法について紹介します。

サジェストキーワードを見出しに入れる

サジェストキーワードは、検索ボックスに文字を入力した際に表示される候補キーワードのことで、入力した文字を補完して、複数の検索キーワードを提案してくれます。この機能を利用すると、コンテンツの充実度を高めることができます。

このサジェストキーワードを見出しとして記事に取り入れることで、ユーザーの検索意図にマッチした情報を提供することができます。サジェストキーワードはSEO記事において効果的なキーワードとなりますので、キーワード調査の結果を活用する際にはぜひ参考にしてください。

サジェストキーワードの設定方法は、こちらの記事で記載しています。

サジェストキーワードをもとに新規記事を作成する

サジェストキーワードを元にして、新しいコンテンツを制作することも効果的です。例えば、「Google 検索 履歴削除」といったサジェストキーワードを取得できたなら、そのキーワードを題材として1記事制作します。ただし、全てのサジェストキーワードで記事を制作すれば良いというわけではありません。サジェストキーワードでもある程度検索ボリュームがあるキーワードで記事を作ることで、検索流入数を増やせる可能性があります。

ツール利用の際の注意点

ツールによって導かれるキーワードの上位化難易度やアクセス数は、あくまでも予測なので、参考程度に考えましょう。上位化難易度が高いという理由でSEO対策を諦めるのではなく、比較的簡単なものから徐々に順位を上げていくことで、サイト全体のSEO評価が高まり、やがてビックワードでの上位化に繋がります。またミドルワードやスモールワードは、アクセス数は少ないものの、コンバージョンに繋がり易いキーワードが多いです。アクセスの多いビックワードだけ狙うのではなく、細かなキーワードにも目を向ける様にしましょう。

ツールを利用することで得られるメリット

自分では想定しない様なキーワードを発見することが出来ます。情報量の多いコンテンツにするには、ツールにより新たに見つけたキーワードを追記し、内容を掘り下げる必要があります。ツールを利用することで、関連するキーワード網羅し、SEOの評価を受けやすいコンテンツに仕上げましょう。

まとめ:キーワード調査ツールで効率良く上質なコンテンツを作ろう!

SEOを意識したサイト作りには、事前のキーワード設計が非常に大切です。キーワード調査ツールは、需要のあるキーワードを複数同時に表示出来るので、SEOに効果的なキーワード設計が効率良く行えます。キーワード設計だけでなく、コンテンツの質を高める為に必要なキーワードの深堀も可能です。SEO対策の第一歩としてキーワード調査ツールを使用し、SEOに強いサイト構築を目指しましょう。

 
成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス