Yahoo!のSEO対策はGoogleの対策と異なる? ポイントを詳しく解説!

SEOサービス概要資料
今すぐ無料ダウンロード
SEOサービス概要資料
今すぐ無料ダウンロード

Yahoo!を中心にSEO対策を行う場合、「GoogleのSEOとどんな違いがあるの?」「Yahoo!のSEO対策では何をすれば良いの?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。今回は、GoogleとYahoo!のSEOの違いにスポットを当て、Yahoo!で行うべき具体的な対策について紹介します。Yahoo!のSEO対策で効果を発揮したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Yahoo!のSEOとGoogleのSEOは同じ

Yahoo!とGoogleのSEOにおいては、基本的に同じアルゴリズムを使用しているため、基本的なSEO対策において違いはありません。そのため、Yahoo!でSEO対策を行う場合でも、Googleのアルゴリズムを参考に、SEO対策を行えば問題はないでしょう。

Googleアルゴリズム

Googleのアルゴリズムは非公開であり、詳細な仕組みは公には明らかにされていません。しかし、Googleは定期的にアルゴリズムのアップデートを行い、ウェブマスターやSEOコミュニティに情報を提供しているため概要を確認できます。またSNSを利用して、SEOコンサルタントの発信や海外のSEOに関する専門家の投稿内容を確認することで最新の傾向を掴むことができます。

Yahoo!とGoogleの検索結果が異なる理由

Yahoo!とGoogleは同じアルゴリズムを活用していますが、キーワードを両方のエンジンで検索してみると、検索結果が異なることがあります。なぜ、同じアルゴリズムを活用しているにもかかわらず、Yahoo!とGoogleの検索結果が異なるのでしょうか。

理由として最も有力なのが、Yahoo!とGoogleの両者には独自のコンテンツが設けられているからです。Yahoo!の場合、Yahoo!ニュースやショッピング、ヤフオク!などの情報が優先的に表示されます。Googleの場合、ユニバーサル検索の機能が搭載されており、ユーザーの検索キーワードによってはWebサイト以外の地図や画像などのコンテンツが表示されます。また、パーソナライズ検索の機能もあり、ユーザーの所在地や検索履歴、Webサイトの訪問履歴などが表示されるようになっています。

このように、Yahoo!とGoogleのそれぞれの機能によって検索結果に違いが生じるのです。

Yahoo!のSEO対策で行うべきこと

Yahoo!のSEOを強化したい場合、以下の対策を講じる必要があります。

・コンテンツ対策
・内部対策
・外部対策

ここでは、それぞれの対策の特徴と、具体的な対策内容について詳しく解説します。

コンテンツ対策

コンテンツ対策とは、ウェブサイトやブログなどのコンテンツを最適化し、質の高い情報を提供することで、ユーザーの興味を引きつけ、検索エンジンのランキング向上を図る対策です。キーワードを適切に使用したりターゲットに合った情報を提供したりと、SEO効果を高める取り組みが含まれます。

E-E-A-Tを意識する

E-E-A-Tは「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(信頼性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を示すGoogleの評価基準です。これらの基準を満たすコンテンツがSEO的に評価されるため、意識してコンテンツを制作することが重要です。

具体的な取り組み例として、事例を含めてコンテンツをつくることや専門家に力を借りてコンテンツを制作したり、実際に検証した結果をコンテンツに反映したりする工夫が必要になります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

ペルソナを意識してコンテンツを作る

ペルソナとは、マーケティングにおいて自社商品やサービスのユーザーを指す言葉です。名前や職業、ライフスタイルなど細かく具体化していくことがペルソナの特徴です。ペルソナを設定することで、サービスのキャッチコピーをブラッシュアップしたり、マーケティング部門でユーザーの共通認識を持ちスムーズにプロジェクトを進行できます。例えば、ダイエットをしたい30代の女性をターゲットとした際に、ダイエットへの意識は高いのか、所得はどれくらいか、家族構成、専業主か働いているのかで訴求内容が変わってしまいます。

ペルソナで設定する情報の例

・氏名
・年齢
・家族構成
・居住地
・職業
・収入
・趣味
・最近の悩み
・使用するSNS

ペルソナを設定して言語化することで、マーケティング施策の効率化が期待できます。

ペルソナについてはこちらの記事でより詳しく解説しています。

読みやすい流れを意識する

多くの方がストレスなくコンテンツを閲覧できるよう、読みやすい流れを意識して作成することが重要です。例えば、読みやすい流れのコンテンツとは、次のようなものを指します。

・タイトルから逸脱しない内容のコンテンツを制作する
・見出しを読んでコンテンツの内容がわかるようにする
・箇条書きやボックスを使って視覚的にみやすくする
・画像やグラフを多用する

このように、読者に配慮したコンテンツを制作することで、内容の理解を深めやすくなります。

内部対策

内部対策とは、ウェブサイト内部の要素を最適化することで、SEO対策を行うことを指します。具体的には、サイトの構造やナビゲーションの改善、キーワードの適切な配置、メタタグの最適化、内部リンクの整備などが含まれます。内部対策は、検索エンジンに対してサイトの内容と構造を理解しやすくするための重要な取り組みであり、ランキング向上やユーザーエクスペリエンスの向上に役立つため、意識して取り入れなければなりません。

クロールの最適化を行う

クロールの最適化は、検索エンジンのクローラーがウェブサイトを効果的にインデックスできるようにする重要な要素です。サイトマップの提出、robot.txtの適切な設定、クローラーの優先順位設定などを行うことで、Webページが適切に評価されます。クロールの最適化はSEO対策のにおいても特に重要なポイントであり、ウェブサイトを上位表示する上では必ず取り組むべき項目となっています。

モバイルフレンドリーなサイトを作る

内部対策として、モバイルフレンドリーなサイトを作ることも重要です。具体的には、レスポンシブデザインを採用することでモバイルフレンドリーなサイトを作ることができます。レスポンシブデザインとは、異なるデバイスに対応するレイアウトを提供する方法のことを指します。

モバイルにもPCにも対応するサイトを作るため、工数はかかりますが、多くの方に閲覧されるサイトを作るためには重要な心がけです。

ページの表示速度を改善する

ページの表示速度を改善することも、内部対策では重要なことです。ページの表示速度を改善する具体的な方法としては、以下のような対策があります。

・画像や動画の圧縮
・ブラウザキャッシュの活用
・JavaScriptやCSSの最適化
・不要なプラグインの削除
・サーバーの性能向上

これらの対策により、ページの読み込み速度を高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させるとともに、SEO対策にも良い影響を与えることが期待されます。

外部対策

外部対策とは、ウェブサイトの認知を高めるためのSEO対策を指します。主な対策としては、他のウェブサイトからの被リンクの獲得やソーシャルメディアでの露出拡大、オンライン広告やコンテンツマーケティングの活用があります。これらの施策を用いることで、WebサイトのPVを高められるため、コンテンツを多くの方に見てもらいたい場合には、意識的に取り組む必要があります。

被リンクを獲得する

被リンクとは、外部サイトに自社のコンテンツのリンクが貼られることを指します。被リンクは、サイトの検索順位を決める上で特に重要な項目であるため、被リンクを獲得するために対策を講じる必要があるでしょう。

具体的な施策としては、情報の信頼性や実用性を高め、他のウェブサイトが共有したくなるようなコンテンツを制作します。さらに、業界の専門家や影響力のある人々とのコネクションを構築し、リンクをリクエストすることも有効です。また、他のウェブサイトへのゲスト投稿やプレスリリースの活用、コンテンツのシェアを促すSNSキャンペーンも被リンクを増やす方法です。ただし、リンクの品質を重視することが重要であり、ブラックハットSEOなど禁止されている施策を用いることは辞めましょう。

SNSによる外部対策を行う

SNSによる外部対策では、以下の具体的な内容が有効です。まず、SNSアカウントを作成し、コンテンツを定期的にシェアします。興味を引く画像や動画を活用し、ユーザーエンゲージメントを高めることが重要です。

さらに、他のウェブサイトやブログとの連携を図り、相互にシェアやリンクを行うことで相乗効果を生み出すことも可能です。SNSを活用することでウェブサイトへのアクセス数を増やし、ブランド認知の向上につながります。

リンク否認

リンク否認は、Googleサーチコンソールを通じて行われる対策です。不正なリンクや低品質なバックリンクがウェブサイトに影響を及ぼす場合、リンク否認を行うことでそれらのリンクを無視するようGoogleに伝えることができます。

具体的には、有害なリンクをテキストファイルに記述し、Googleサーチコンソールにアップロードすることでリンクを無効化します。リンク否認は慎重に行う必要があり、十分な調査や分析を行って不正なリンクを確認し、誤って良質なリンクを否認しないよう注意が必要です。リンクを獲得する一方で、不自然なリンクや怪しいリンクを否認することも大切です。

まとめ

今回は、GoogleとYahoo!のSEOの違いを中心に、Yahoo!で行うべき具体的な対策について紹介しました。Yahoo!でSEO対策を行う場合、基本的にはGoogleのSEO対策と同様に行えば問題ありません。今回ご紹介した具体的な対策を取り入れることで、Yahoo!でもGoogleでも評価されるサイトを作ることができるでしょう。ぜひ本記事の内容も参考にしてみてください。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス