オウンドメディアのデザインを成功させるには? ポイントをわかりやすく解説!

Webサイト制作サービス資料
今すぐ無料ダウンロード
Webサイト制作サービス資料
今すぐ無料ダウンロード

オウンドメディアのデザインを成功させるには?意識すべきポイントやデザインの制作方法を徹底解説!

オウンドメディアは、自社の情報を発信するだけでなく、ブランド価値を伝える看板のようなものです。それだけに、情報が見やすい、わかりやすいといった部分だけでなく、デザインの表現力も求められます。本記事では、オウンドメディアのデザインのコツや成功事例など、オウンドメディアのデザインについて解説します。

オウンドメディアでデザインが重要な理由

オウンドメディアのデザインは、ユーザーに対して自分達のブランド価値や体験を与える役割をもっています。Web業界では、一般的にはオウンドメディアとは自社の情報発信サイトのことをさしますが、広義には自社で発信するメディア全てを指すという見方もあります。マーケティングにおいては、それだけオウンドメディアはユーザーとの接点として重要な役割を果たしているといえます。

オウンドメディアでユーザーが体験することは、ユーザーがあなたのサービスや会社に対して感じる体験そのものです。例えば会社のサイトがみずらいとユーザーが感じた場合、ユーザーは会社から提供されるサービスについても、悪い印象をもってしまうでしょう。逆に、オウンドメディアのデザインをユーザーが心地よいと感じた場合は、ユーザーはサービスを好意的なものに捉えます。オウンドメディアにおいてのデザインは、自社のサービスの印象を左右する非常に重要な要素なのです。

オウンドメディアのデザインで意識すべきポイント

では、オウンドメディアのデザインではどのようなポイントを意識して制作すれば、より良いユーザー体験を提供出来るのでしょうか。ここでは、オウンドメディアのデザインで意識すべきポイントを4つ紹介します。

企業のカラーを意識してデザインする

オウンドメディアのデザインにおいて、企業のカラーを意識することは非常に重要です。企業のカラーは、ブランドイメージを形成するうえで欠かせない要素であり、オウンドメディアでもその色を活かしたデザインが求められます。

例えば、企業のロゴやブランドカラーをデザインの中心に据えることで、オウンドメディアが企業のイメージに合わせた統一感のあるデザインに仕上がるでしょう。ただし、企業のカラーを強調しすぎるとデザインが派手になりすぎる場合があります。適度にカラーを活かしつつも、シンプルで読みやすいデザインにまとめることが大切です。

スマホでも見やすいデザインにする

オウンドメディアのデザインにおいて、スマホでも見やすいデザインにすることは非常に重要です。昨今はスマートフォンからのアクセスが増えていることから、スマホでの閲覧に適したデザインを採用することでSEO対策にもつながります。

スマホで見やすいデザインにするためには、文字のサイズや行間、画像の配置などを適切に設計することが大切です。また、レスポンシブデザインを採用してPC版とモバイル版の見え方が同じになるよう、画面サイズに応じて自動的にレイアウトが最適化されるようにすることもおすすめの方法です。

ユーザー属性に合わせてデザインする

オウンドメディアのデザインにおいて、ユーザー属性に合わせてデザインわかりやすく解説することも重要です。
例えば女性向けのサイトであれば、ピンクなど柔らかい色を多くする、子供向けで合れば、線が少なくわかりやすいデザインが好まれるでしょう。

メディアが誰に向けた発信化をしっかりと考えでデザインすることで、ユーザーにとって心地よいと思ってもらえるサイトを提供できます。

企業の目的をコンテンツに反映する

企業のオウンドメディアは、自社の製品やサービスを紹介するだけではなく、ブランドイメージの向上や顧客獲得のためにも活用されます。

そのため、企業の目的やコンセプトを反映するデザインを採用することが必要です。企業の目的をコンテンツに反映する方法として、コンテンツのタイトルや見出し、画像などに企業のコンセプトを取り入れることが有効です。ブランドカラーを取り入れたり、ロゴマークをデザインに組み込んだりすることで、コンテンツの見た目だけでなく、企業のアイデンティティを表現することもできます。

オウンドメディアのデザインを制作する方法

オウンドメディアをデザインする場合は、様々な方法があります。自社のデザイナーに頼んだり外注したり、マーケティング会社からアドバイスをもらうといった方法もあります。ここでは、オウンドメディアのデザイン制作について、パターン別にメリットやデメリットを紹介します。

制作会社に外注する

オウンドメディアのデザイン制作は、専門的なスキルと知識が必要です。企業が自社で制作することもできますが、外部の制作会社に外注することもおすすめの方法となります。制作会社に外注する場合は、企業の要望やコンセプトをしっかりと伝えることが重要です。また、過去の実績や制作会社のスキルも重要なポイントであり、入念に選ぶことで信頼できる制作会社にサイト制作を任せられます。制作会社を活用することで、企業の目的やターゲットに合ったデザインを制作することができます。

外注することで、自社にリソースがない場合もデザインをしてもらえる、外からの意見を取り入れることができるといったメリットがありますが、費用がかかる、またコンセプトなどが伝わりきらない場合があるといったデメリットもあります。自社にデザイナーがいる場合は、どちらが最適かをよく検討しましょう。

デザインを一部外注する

オウンドメディアのデザイン制作において、すべてのデザインを外部に依頼する必要はありません。企業内にデザインの専門家がいる場合は、その人材を活用することもできます。また、企業内でデザインのスキルを持つ人材がいない場合でも、一部のデザイン制作を外部に依頼し、簡単な部分は自社で対応することもできます。例えば、企業ロゴやイメージ画像の制作を外部に依頼し、それ以外のデザイン制作は企業内で行うという方法があります。

一部を外注する場合は、コストを削減できる、必要な部分だけデザインをしてもらえるといったメリットがありますが、連携が必要になってきたり、統一感が崩れてしまうというデメリットがあります。外注する際は、しっかりと連携をとっていくことを意識しましょう。

自社でデザインを制作する

自社にデザイナーがいる場合は、自社のデザイナーに依頼することも良いでしょう。もしデザインについて高度なスキルを持ったデザイナーがいる場合は、コンセプトや会社の事も理解してくれているため、外注するよりコストも掛からず、より自社の特性にあったデザインを作成してもらえます。

自社で作成する場合は、コストがかからない、コンセプトなどを反映してくれるというメリットがある反面、客観的な視点を持ちづらくなります。自分達がいいと思ったものでも、ユーザーにどう伝わる方はわかりません。自社でデザインする場合は、外部の方の意見も参考にするといいでしょう。

オウンドメディアのデザインを制作する際の注意点とは?

オウンドメディアのデザインは、失敗すると自社のサービスやブランド価値を大きく損なってしまいます。ここでは、オウンドメディアのデザインで失敗しないための注意点をお伝えします。

競合のメディアをチェックする

オウンドメディアのデザイン制作を行う際には、競合する他社のメディアをチェックすることが重要です。競合他社のメディアのデザインやコンテンツを調査することで、市場動向やユーザーの嗜好を把握し、自社のオウンドメディアのデザインやコンテンツ制作に生かすことができます。また、競合他社のメディアとの差別化や、より効果的な訴求方法を知ることができます。

コンテンツのデザインにこだわりを持つ

オウンドメディアのデザイン制作において、コンテンツのデザインにこだわりを持つことが大切です。見やすく、分かりやすいデザインになっていることも重要ですが、そのサイトをみて、誰が見ても自分の会社がやっているとわかるような独自性があるといいでしょう。ブランドカラーやロゴなどを取り入れると、デザインとして自社の独自性を表現できるでしょう。

コンプライアンスを守る

デザインする上で、客観的な視点、特にコンプライアンスが守られているかに注意しましょう。使っている画像などが差別をしたり、誰かを批判したりするものになっていないか、またデザインは著作権に違反していないかなどを確認する必要があります。できれば、外部からの専門家もいれて事前に調査するといいでしょう。

オウンドメディアのデザインで成功している事例7選

最後に、オウンドメディアのデザインで成功している事例について7つのサイトを紹介します。

サイボウズ式

サイボウズ式

引用:サイボウズ式

サイボウズ式はデザインが洗練されており、読みやすく、ユーザーに対して親しみやすい印象を与えます。また、企業のカラーが効果的に取り入れられており、ブランドイメージが統一されています。さらに、ユーザーに役立つ情報を提供するなど、多くのファンの獲得に成功しました。

メルカン

mercan

引用:メルカン

メルカンは採用者向けの情報を提供しているオウンドメディアです。読みやすく、分かりやすいコンテンツにこだわりがあり、ユーザーにとって役立つ情報を提供しています。また、メルカリのポップな印象を取り入れつつも目立ちすぎないブランディングでブランドイメージを統一しています。

北欧、暮らしの道具店

引用:北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店は、北欧の美意識に基づいた機能性とデザイン性を兼ね備えた道具や雑貨を扱っているサイトです。シンプルで洗練されたデザインが特徴であり、品質の高く使い勝手の良い商品を紹介しており、サイトデザインともマッチしています。また、北欧ファンが好むシンプルなデザインでありながら効果的にビビッドな色味を取り入れてリッチに仕上げています。

ferret

ferret

引用:ferret

ferretのオウンドメディアのデザインの良い点は、シンプルで洗練されたデザインであることです。情報が整理され、分かりやすく伝えられるようなレイアウトと配色が採用されています。全体的に使いやすく、見やすいオウンドメディアのデザインに仕上がっています。

TODAY’S PICK UP

TODAY'S PICK UP

引用:TODAY’S PICK UP

TODAY’S PICK UPは大手ファッションブランド「ユニクロ」が提供しているオウンドメディアです。TODAY’S PICK UPは、情報のカテゴリー分けが明確で、読者が必要な情報に素早くアクセスできることが特徴として挙げられます。また、写真やイラストが多用されており視覚的に情報を理解しやすいです。さらに、カラーリングが鮮やかで、みているだけで楽しいといった雰囲気作りに成功しています。

アマノ食堂

アマノ食堂

引用:アマノ食堂

アマノ食堂はシンプルでモダンなデザインが特徴です。全体的に食に関する情報をわかりやすく、美しく伝えることに重点が置かれている点がサイト全体の特徴となっています。文章や写真が絶妙な位置に配置されており、情報を伝えるだけでなく読者が気持ちよくコンテンツを閲覧できるように配慮されています。また、カテゴリーごとに見出しが明確になっており、導線がわかりやすく、ユーザーファーストなサイト設計になっています。

ジモコロ

ジモコロ

引用:ジモコロ

ジモコロは情報の見やすさとカテゴリー分けが明確である点がデザイン的に秀逸です。文章や写真が適切なサイズで配置され、視覚的に情報を理解しやすくなっています。また、ナビゲーションがわかりやすく、サイト階層がわかりやすくなっています。加えて、Webサイトのカラーリングが統一されており統一感のある印象があります。使いやすく、見やすいデザインになっており、ユーザーにとって親しみやすいオウンドメディアに仕上がっています。

まとめ

本記事では、オウンドメディアのデザインが重要な理由や、デザインで意識すべきポイント、デザインを制作する方法などについて紹介しました。オウンドメディアのデザインは、ユーザーファーストかつ自社のイメージやブランドを表現することが求められます。これまでオウンドメディアのデザインを意識したことが無かったという方は、本記事を参考にぜひデザインをもう一度見直してみて下さい。