採用LPの重要性や制作のメリット・デメリット、制作手順について徹底解説

Webサイト制作サービス資料
今すぐ無料ダウンロード
Webサイト制作サービス資料
今すぐ無料ダウンロード

採用LPとは採用に特化したランディングページです。自社のホームページからなかなか応募が来ない、求人広告を出しても採用できない、そんな時は採用LPの制作がおすすめです。

そこで本記事では、採用LPの重要性やメリット・デメリット、制作手順などについて解説します。

採用LPとは

採用LPとは、人材採用を目的とした縦長レイアウトが特徴のWebページのことを指します。主に求人情報や資料請求、お問い合わせ、応募の入力フォームなどが掲載されています。採用LPは、自社の魅力を伝え、応募率を高めることができます。

求人広告や知人の紹介などに加えて、応募者を増やすための施策として、多くの企業で採用LPが活用されています。

採用LPと求人サイトの違いは?なぜ効果があるの?

採用LPは、通常の求人募集サイトなどと違い、自社の採用のためだけの情報を集めたページとなります。そのため、採用LPにたどり着いたユーザーは、こちらが用意した情報をじっくりとみてくれるため、通常の求人広告よりも高い効果を発揮します。今や多くの企業が採用LPを活用しているのはそれだけ効果が高いからです。採用活動を行っているけど上手くいかない、そんな企業はぜひ採用LPを活用しましょう。

魅力的な採用LPを制作することで「私もこの会社で働きたい!」求職者の応募意欲を高めることができます。採用LPは、会社と未来の新規社員を繋ぐパイプ役を担っているのです。

採用LP制作のメリット

採用LPを制作することでどのようなメリットがあるのでしょうか。採用LPの制作には、主に5つのメリットを挙げます。

・離脱率が低い
・低コストで制作できる
・デザインの自由度が高い
・効果を測定できる
・他のマーケティング施策と連携できる

下記では、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

離脱率が低い

離脱率とは、全てのページのうち、あるページでユーザーが検索行動を終了した割合のことを指します。多くの求人サイトでは、様々なリンクがあるため、ユーザーが離脱しやすい構造になっています。その点、採用LPでは、1ページで応募まで完結するよう設計されているため、読者の離脱を防ぐことができます。

採用LPは、求職者に応募してもらうことに特化しているため、他の採用サイトと比較して、応募率が上がることが期待できます。

低コストで制作できる

採用LPの制作費用の相場は、40〜60万円と言われています。

求人広告サイトを利用するよりも、低予算で制作できると言われています。また、一度作成してしまえば誘導先として継続して使用できるため、コストパフォーマンスが高いです。

デザインの自由度が高い

求人広告サイトでは、フォーマットが企業によって定められており、カスタマイズ性が低く、掲載できる情報も限られます。しかし、採用LPではフォーマットから選定できるため、カスタマイズ性が高く、企業の魅力やメッセージを打ち出しやすいです。

配色や共通のデザインを用いることで、企業のオリジナリティも印象付けることができます。

効果を測定できる

ヒートマップなどの専用ツールを用いることで、採用LPのなかでよく見られている箇所や離脱した箇所を計測できます。効果測定を繰り返し、コンテンツの改善を図ることで、クオリティの高いLPに仕上げることができます。

他のマーケティング施策と連携できる

採用LPを作成したら、集客する必要があります。集客の方法としては、SEO対策を行い記事の中で採用LPのリンクを掲載したり、リスティング広告として打ち出したり、SNSで紹介したりと様々なマーケティング施策と連携できます。集客の汎用性が高いことが大きなメリットです。

採用LP制作のデメリット

採用LPのメリットだけではなく、デメリットについても把握しておきましょう。採用LPを制作するデメリットは主に4つあります。

  • 採用LPまでの導線設計が必要
  • 制作までに日数を要する
  • 情報量に制限がある
  • 改善していく必要がある

下記では、それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

採用LPまでの導線設計が必要

採用LPは、制作して終わりではなく採用LPを訪問してもらうための導線設計が必要です。つまり、採用LP自体は集客コンテンツではないため、採用LPを作っただけでは応募者は集まりません。採用LPとは別に集客するための施策を練らねばなりません。

リスティング広告などは金銭的コストが発生しますし、SEO対策を施した記事を書くことは労力的コストが発生します。魅力的な採用LPが制作できたとしても、導線設計が弱く応募者が集まらないことも少なくありません。

制作までに日数を要する

採用LPは、作り込めば作り込むほど工数を要します。他のサイトと比較してライティング・デザイン・コーディングと制作コストが発生します。オリジナルの商品画像を用意したり、文字フォントにこだわったりと、通常のオウンドメディア記事の制作よりも細部にこだわる必要があり、制作完了までに多くの日数を要します。

情報量に制限がある

採用LPは、1ページで完結しなければなりません。長すぎる採用LPは途中でユーザーが離脱してしまいます。そのため、情報の取捨選択が求められます。

理論的には、採用LPに情報量の制限はありませんが、コンバージョンの高い採用LPの制作においては、ある程度情報量を絞り込まなければなりません。

改善していく必要がある

採用LPは一度作成したら終わりではなく、効果検証をしながら常に改善していく必要があります。作成して集客しても問い合わせ来ないという場合は、ユーザーがどこで離脱していくのかなど、最適化を行っていく必要があります。

採用LPの制作手順

採用LPの制作で迷わないために、制作手順を把握しておきましょう。制作手順は主に8つのステップを踏むことで完成します。

STEP 01:目的を決定する
STEP 02:ペルソナを設定する
STEP 03:強みを特定する
STEP 04:構成を作成する
STEP 05:ライティングを行う
STEP 06:デザインを決定する
STEP 07:コーディングを行う
STEP 08:公開する

下記では、それぞれのステップについて詳しく解説します。

STEP 01:目的を決定する

採用LPの最たる目的は、応募者を集めることです。ただし、どんな人でも良いというわけではないでしょう。具体的にはどんな人が欲しいのか、どのくらいのスキルを持っていて欲しいのかなど、自社が欲しい応募者の候補をどのくらい集めるのかを決定しましょう。

STEP 02:ペルソナを設定する

採用LPのペルソナを決定しましょう。ペルソナとはターゲットとなる人物像を具体的に定めることを指します。自社が希望する応募者とは、具体的にどんな特徴を持っているのかを洗い出しましょう。性別、年齢、住所、学歴、保有スキル、家族構成、趣味、関心事などを決定します。

ペルソナを設定する理由は、採用LPに一貫性を与えるためです。ペルソナが決定していないと、伝えることが曖昧になったり、改善の方向性がぶれてしまったりします。

STEP 03:強みを特定する

自社の強みとは何かを特定し、訪問したユーザーが魅力的だと思ってもらえるよう強みを全面に出して訴求しましょう。

強みを見つける際には競合他社の分析が必要不可欠です。強みとは相対的なベクトルであり、自社にとって最も訴求したいポイントであったとしても、競合他社がそれ以上のサービスを提供していた場合、ユーザーにとって魅力的には映らないでしょう。

競合他社の採用LPを研究して、他社との差別化を図り、強みを特定しましょう。

STEP 04:構成を作成する

LPでは、構成のことをワイヤーフレームと呼んでいます。理想的なワイヤーフレームは、企業によってさまざまですが、ここでは一般的な流れを把握しておきましょう。

(1) 会社の強みを訴求する
(2) 会社の魅力を伝える
(3) 会社が求める人物を記載する
(4) 選考の流れを記載する
(5) 応募フォームを記載する
(6)Q&Aを設置する

ワイヤーフレームの作り方について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にすると良いでしょう。

STEP 05:ライティングを行う

ワイヤフレームが決定したら、ユーザーを惹きつける魅力的なキャッチコピーを考えましょう。セールスライティング手法を用いて、ユーザーの興味を刺激するような文言で紡いでいくことが大切です。

会社の魅力や応募することの価値が最大限伝わるよう、簡潔でわかりやすい文章を心がけましょう。

STEP 06:デザインを決定する

ライティングの次はデザインを決定しましょう。デザインで重要なことは、フォントや写真の大きさなどにおいては一貫性・統一感を与えること、強調したい部分は文章の色や太さを変更すること、動画やアニメーションを用いてビジュアル面で訴求することなどが挙げられます。

下記にデザインの参考サイト4つを紹介します。

STEP 07:コーディングを行う

デザインが決定したら、コーディングを行なって実際に採用LPを制作していきます。採用LPのコーディングで必要な言語は主に、HTML、CSS、JavaScriptです。HTMLによって基本的な表現を、CSSによって表現のスタイルを、JavaScriptによって動的な表現を提供します。

STEP 08:公開する

コーディングが終了したら、正常に動作するかのテストを行いましょう。そして、テストに成功したら採用LPを公開します。

ただし、採用LPは公開して終了ではありません。LP公開後に効果測定を行い、PDCAを回しながらブラッシュアップしていく必要があります。公開後のLPの効果測定をして改善する一連の作業をLPO(Landing Page Optimization)と呼びます。

公開後は、LPO対策をして効果的な採用LPに改善していきましょう。

採用につながる効果的なLPを制作する4つのコツ

採用LPを制作するからには、採用につながるよう、効果の高いLPを完成させたいものですよね。そこで、効果的な採用LPを制作する4つのコツについて紹介します。

  • 自社の強みをアピールする
  • ファーストビューのインパクトを高める
  • 具体的な数値やデータを伝える
  • 制作会社に依頼する

下記では、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

自社の強みをアピールする

多くの企業で採用LPが制作されています。求職者は、競合他社の採用LPも閲覧している可能性が高く、競合他社と同類であれば複数者のうちの一つとして印象付けることは難しいでしょう。

競合他社と比較して自社は何が異なるのか、自社の強みをアピールしましょう。採用LPでは、ユーザーにとって魅力的なポイントを抽出することが大切です。

ファーストビューのインパクトを高める

ファーストビューとは、ユーザーがWebサイトを訪問した際に、スクロールせずに最初に表示される画面のことを指します。

一般的にユーザーはWebサイトを訪問して3秒以内に興味を抱くかどうかを判断すると言われています。ファーストビューの目的は、最初の3秒で離脱されないことです。ファーストビューは、採用LPの第一印象を左右する最も重要な箇所と言えます。

ファーストビューが良ければ、ユーザーはそのまま下部まで読み進めてもらえる可能性が高くなります。印象深いデザインやメリットを訴求したキャッチコピーを用いて、ファーストビューのインパクトを高め、ユーザーの離脱を防ぎましょう。

具体的な数値やデータを伝える

具体的な数字やデータを用いてインパクトを与えたり、事実を明確に伝えることはユーザーから興味を持ってもらい信頼を高めるための一つの手法です。

数値はユーザーの記憶にも残りやすく、曖昧な文言よりも説得力を持ちます。数値やデータを用いる際は、表やグラフにまとめることで、直感的に伝えることができます。

制作会社に依頼する

採用LPの制作は、実績のある制作会社に依頼することも一つの手です。LPの制作会社では、これまで様々なLPを制作しているため、LPのノウハウが蓄積されています。素人が作るよりも圧倒的にクオリティが高く、制作会社からLPマーケティングの知見も得られます。

ただし、コミュニケーションの齟齬があると、自社の要求するニーズとは異なる採用LPが納品される場合もがあるため、制作初期の段階でどのような採用LPを望んでいるのか明確に伝えることが大切です。

まとめ

本記事では、採用LPの重要性やメリット・デメリット、制作手順などについて解説しました。

採用LPを制作することで、企業の信頼性を高め、ブランディング向上にも繋がります。魅力的な採用LPを制作して、優秀な人材を獲得しましょう。また、専門家に外注して高品質な採用LPをつくる場合は、弊社PLAN-Bでも無料相談会を行っているためぜひお問い合わせください。