SEOのリスクに注意! サイトリニューアルを成功に導く秘訣を現役マーケターが解説

WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較
今すぐ無料ダウンロード
WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較

サイトリニューアル実例を、Before/After比較でご紹介!
 
■こんな方におすすめ
・サイトリニューアルをしようか迷っている方
・どのようなWebサイトの課題がある際に、リニューアルすればいいか分からない方
・実際に、他社がどのようなサイトリニューアルを行っているのか知りたい方
 
■資料内容
・BtoC,BtoBにおける、それぞれのリニューアル実例5種
・各実例における、Webサイトの課題とリニューアル施策内容
 
自社のサイトリニューアルをご検討の方は、ぜひご活用ください!

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

マーケターの皆さん、こんにちは。本日の話題は、準備不足のまま実施すると大惨事になりかねない「サイトリニューアル」です。皆さんの運用するWebサイトは、リリースされてからどれくらいの期間が経っているでしょうか。長い年月が経過している場合、「デザインが古くなってきたので刷新したい」と感じることがあるかもしれません。あるいは、競合他社が台頭し、ユーザーの利便性を高めるために「レイアウトや階層構造を変更したい」、「Webサイトに新しい機能を実装したい」と考えるケースもあるでしょう。

そのような時は、パッチワーク的に細々と変更をWebサイトに加えることも可能ですが、思い切ってサイトリニューアルを行い、全体最適を図ることも選択肢の一つです。サイトリニューアルは、完遂した暁には社内もお祭りムードになることが多く、花形プロジェクトというイメージが強いですが、事前の情報収集や設計が不十分なまま実行に移してしまうと、大きなトラブルを招いてしまいます。サイトリニューアルにこれから取り組まれる方は、本稿を参考に準備を進め、ぜひプロジェクトを成功に導いてください。

サイトリニューアルを慎重に進めるべき理由

冒頭で述べた通り、準備が不十分なサイトリニューアルは大きなリスクを伴い、最悪の場合は取り返しのつかない失敗につながります。「Webサイト内のリンクが切れておりページ遷移ができない!」「実装した新しい機能が使えず、クレームが来てしまった!」といった、ユーザー体験の文脈でのリスクも当然ありますが、それ以上にビジネスインパクトが大きいのは「SEO観点でのリスク」です。

Webサイトのビジネスモデルによって差はあるものの、多かれ少なかれ、ほぼ全てのWebサイトは検索エンジン経由の流入を得ていると思いますが、SEOへの配慮が不十分なままサイトリニューアルを行ってしまうと、検索エンジン経由の流入が大幅に失われる事態に陥ります。これはサイトリニューアルの過程でWebサイトの評価が失われるためです。

検索エンジンのメカニズムについてもう少し詳しく述べますと、Googleをはじめとする検索エンジンは、様々な指標によってWebサイトを評価し、非常に複雑なアルゴリズム(数値計算)によって、検索結果のランキング(掲載順位)を決定しています。もし、検索エンジンから受けた評価に全く配慮せずにリニューアルを実施してしまうと、実装の方法によってはWebサイトを新しく切り替えたタイミングでその評価は大きく下がり、検索順位が大きく下落しかねません。検索順位の下落は、様々なキーワードで検索してWebサイトを訪れてくれていたユーザーを失うことを意味します。例え、非常に洗練された最先端のデザインがあしらわれたWebサイトだったとしても、SEO観点を無視して実装してしまえば、サイトリニューアルは失敗と言わざるをえないでしょう。

さて、サイトリニューアルを慎重に進めるべきというのは何となくお分かりいただけたかと思いますが、SEO初学者の方からすると「実際にはどのような段取りでサイトリニューアルの準備を進めていけばよいのか」と不安に思われるかもしれません。本稿では、まずはサイトリニューアルの準備の進め方を解説し、次に具体的なSEO観点での注意点について解説を進めます。

サイトリニューアルを検討すべきタイミング

漠然と「サイトのリニューアルを行いたい」と考えている方は多いかもしれません。しかし、実際のところどのタイミングでサイトのリニューアルを検討すべきか、時期の決め手がないと悩む方も多いはずです。ここでは、サイトのリニューアルを検討すべきタイミングについて紹介します。

会社の方針が変わった

会社の方針が変わった場合、サイトリニューアルを検討すべきタイミングだと言えます。例えば、新しいサービスを提供する場合、サイト内容を更新して新しいサービスを反映させる必要があります。

また、新しい会社の方針が採用された場合、サイト内容を更新して新しい方針を反映させたり、新しいブランドイメージを採用する場合、サイトデザインを変更して新しいブランドイメージを反映させたりする必要があります。

デザインを変更したい

サイトの見た目が古くなっている、ユーザーエクスペリエンスが悪い、サイトのコンテンツが古くなっているなどの理由でデザインを変更したい場合にリニューアルを検討すべきです。また、サイトのトレンドに合わせてデザインを変更したい場合もあります。

例えば、新しいテクノロジーの導入や、新しいデザインのトレンドに合わせてサイトをリニューアルすることなどが挙げられます。

SSL化に対応していない

サイトリニューアルを検討すべきタイミングとして、SSL化に対応していない場合があります。SSL化は、ウェブサイトのセキュリティを強化し、ユーザーのプライバシーを保護するための重要な役割を担う作業です。

SSL化を行わないと、サイトの信頼性が低下し、悪意のあるサイトと見なされる可能性があります。また、Googleなどの検索エンジンはSSLサイトを優先的にインデックスしているため、SSLを導入していないサイトは検索結果に表示されにくくなります。SSL化が行われていないサイトを運営している場合にはすぐにSSL化を行うようにしましょう。

モバイルフレンドリーに対応していない

モバイルフレンドリーに対応していないサイトもリニューアルを検討すべきです。例えば、サイトのレイアウトがモバイルデバイスで正しく表示されない、スクロールがうまくいかない、画像が正しく表示されないなどの問題が発生する場合にはリニューアルを行い、モバイルフレンドリー化を行うのが良いでしょう。

また、サイトのコンテンツがモバイルデバイスで閲覧しやすい形式になっていない場合もあります。これらの要因から、サイトをモバイルフレンドリーに対応させるためのリニューアルを検討することが効果的です。

サイトリニューアルを準備する3STEP

サイトリニューアルを進める手順は、大きく以下の3STEPに分かれます。

STEP 01:リニューアルの目的を明確にしよう

まず行うべきは、「なんのためにサイトリニューアルをするのか」という大前提をしっかり言語化しておくことです。目的を明確にすることによりWebサイトに求める機能が割り出され、リニューアル時の変更点が明らかになってきます。目的が定まっていなければ、後述するようなSEO知識をいくら詰め込んだとしても、サイトリニューアルを成功させることは難しいでしょう。

サイトリニューアルのよくある目的としては、以下のような例が挙げられます。もちろん、事業の成熟度や組織のスピード感によって、下記以外の目的である場合も当然あると思いますが、いずれにしても実施目的を明文化しておくことが、サイトリニューアルの一丁目一番地です。

  •  事業の拡大(もしくはピボット)に合わせて、サイト設計を見直したい
  •  デザインが古くなってきたので、最新のトレンドを取り入れて刷新したい
  •  スマートデバイスにも対応できる仕様に変更したい
  •  CMSを入れて、ページを量産できるようにしたい

STEP 02:リニューアルの体制を整えよう

サイトリニューアルの目的が定まったら、達成に必要な人員体制を明確にします。サイトリニューアルでは、プロジェクトを円滑に進めるプロマネやディレクターを中心に、Webサイトの内部を実装するエンジニアや、レイアウトを整えるデザイナーなど多くの関係者が携わります。リニューアルの一環でコンテンツを拡張する場合は編集者やライターが、SEO対策を外注する場合は外部のSEOコンサルタントが関わる場合もあるでしょう。ここで、意識すべき重要なポイントが2つあります。

  • 明文化したリニューアル目的を関係者全員と共有すること
  • 「サイトリニューアル時にはSEO観点に十分配慮する必要がある」という認識を関係者全員に持ってもらうこと

より重要なのが2つ目の「『サイトリニューアル時にはSEO観点に十分配慮する必要がある』という認識を関係者全員に持ってもらうこと」です。達成したい目的によって、後述するSEO施策の方針も変わってきます。リニューアルにおけるSEO観点のリスクを最小限に抑えるために、時間をかけてしっかり合意形成しましょう。

STEP 03:SEO施策を検討・立案しよう

リニューアル目的と人員体制が明確になり、SEOの重要性について関係各所と合意できたら、いよいよ具体的なSEO観点の対応の検討に入ります。SEOは、掘り下げるとテクニカルな要素も多くなり、初学者にとっては難しい要素もあります。次項で要点を絞って、サイトリニューアル時によくあるSEO観点での失敗事例をいくつかご紹介します。

サイトリニューアルにおけるSEO観点での注意点

SEO観点でのリスクとは前述の通り、「検索順位の下落」です。リンク切れなどのWebサイト内部のシステム不備によるユーザー体験悪化も問題であり、結果的に検索順位の下落へと繋がりかねませんが、Googleからの評価の下落(Webサイトの評価の下落)は、流入するユーザー数の減少、ひいてはビジネス上の機会損失を直接引き起こすため、絶対に避けなくてはなりません。では、SEO観点でのリスクを回避するためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。以下で代表的なものをご紹介します。

URL変更に伴うリダイレクトミス

サイトリニューアル時に最も多いミスが、この「リダイレクトミス」です。サイトリニューアルの際に、新しいURLへWebサイトを移転することがありますが、URLを変更する際にページの評価が新しいURLへと正しく引き継がれておらず、検索エンジンからの評価がリセットされてしまうパターンです。Webサイトに貯まった評価は、長い年月をかけて築き上げた「資産」とも言えますから、これの喪失は絶対に避けなければなりません。

<リダイレクトミスを防ぐための対策>

サイトリニューアルにより各ページのURLが変更となる場合は、必ず 301リダイレクト を実装してください。301リダイレクトは、ページの価値(検索エンジンからの評価)を新しいURLへと確実に引き継いでくれる効果があります。逆に、302リダイレクトなど違う方法でリダイレクトを実装してしまうと、SEO観点で大きな損失を生みますので、Webサイトを実装するエンジニアと確実に認識を合わせてください。

インデックスの不備/過不足

続いては、インデックスに関連する注意点です。SEOで上位表示を狙うには、検索エンジンによってページが「インデックス」されることが必要不可欠です。インデックスとは簡単に言えば、「ページが検索エンジンに認知され、検索エンジンのデーターベースに情報が格納される過程のこと」を指します。

サイトリニューアルにおいて時折見られる失敗として、新しいWebサイトの開発工程やテスト工程において、逆にこの「インデックス」が行われないような設定(noindex と呼びます)を行い、新しいWebサイトの公開時にnoindexを解除し忘れたというケースです。noindexを解除し忘れたことに気づいてすぐに設定を解除したとしても、検索エンジンがページをインデックスするまで、短くとも数日は必要であるため、その期間は検索経由の流入が得られず、機会損失を被ります。

<インデックスの不備を防ぐための対策>

現状のWebサイトから新しいWebサイトへの切り替えを行う前に、Google Search Consoleを用いて、新しいWebサイトがnoindexされていないことを必ず確認しましょう。

ページの品質低下

続いてのSEOの注意点は、ページの品質低下によるSEO評価の下落です。昨今のSEOでは、ページに掲載されているコンテンツの品質もさることながら、「ページを訪れたユーザーにどれだけ良い検索体験を提供できているか」という、いわゆるUXの観点もページを評価する指標のひとつとなっています。具体例としては、ページの表示速度が低下した(いわゆる「重くなった」)状態や、掲載されている画像の画質が悪い(いわゆる「画像が粗い」)状態などはユーザー体験が悪い状態にあたります。

<ページの品質低下を防ぐための対策>

抽象的な対策となってしまいますが、上述したようなページの品質がSEOにおいても非常に重要であることを、実装担当のエンジニアと事前にしっかり合意しておくことです。また、最終的なWebサイトの完成に至る前の途中段階で、複数のチェックポイント(いわゆるマイルストーン)を設けておき、そのタイミングで上述の観点が満たされているかどうかをチェックすることも効果的です。これにより、作業の手戻りを少なくさせることができます。

重複コンテンツ/URL分散

もうひとつ、よくある事例をご紹介すると、リニューアルによってサイト構造が大幅に変化し、コンテンツがほぼ同一だがURLは異なるというページ(「重複コンテンツ」と呼ばれます)が大量に生成されてしまうケースがあります。重複コンテンツの問題点を簡単に説明すると、ある検索キーワードに対応するページが複数できてしまい、キーワードを取り合ってしまうのです。

検索エンジンは「この検索キーワードに対してはこのページを結果として返そう」という具合に、検索キーワードとページのいわば「マッチング」を行っているわけですが、1つのWebサイト内に候補となるページが複数あった場合、それら同士で検索エンジンからの評価を奪いあってしまい、結果としてどちらのページも十分な評価を得られず結果として上位表示できない、カニバリゼーションという現象が発生します。

<コンテンツの重複を防ぐための対策>

新しいWebサイトの実装に着手する前の設計段階で「サイトマップ」を作成し、サイト構造を視覚的に把握できるような状態を設け、複数人でチェックすることが効果的です。可能であればエンジニアにも同席してもらい、重複コンテンツ が生成されないように仕組みを整えてもらってください。

サイトリニューアルを外注する際の注意点

最後に、サイトリニューアルを外部の企業に委託する場合の注意点についてご紹介します。自社内に適任の人材がいなかったり、リソース的に内製でのサイト制作が難しかったりする場合、サイトリニューアルの外注が現実的な選択肢となります。ただしその際は、最終的なWebサイトの仕上がりや、リニューアルのスケジュール感が想定通りになるよう、自社でしっかりとプロジェクトをコントロールすることが重要です。外部企業に完全に丸投げしてしまうと、最終的な成果物がイメージとまるで違い、時間も予算も失ってしまう、という結果になりかねません。

SEOやマーケティングに理解のある担当者を社内に置く

サイトリニューアルを外注する際に最も重要なことは、前述の通り、実装作業を外注する場合でも、プロジェクトのオーナーシップだけはしっかり自社で握ることです。そのためにも、自社内に専任の担当者を一人設置すること、もっと言えば、その担当者がSEOやマーケティングの豊富な知見を持っていることが必要です。そのような体制であれば、たとえ外注先の制作企業がSEO観点での考慮が欠いていたとしても、早い段階で軌道修正ができ、大幅な手戻りを未然に防げるでしょう。

リニューアルの目的・目指す成果について合意しておく

リニューアルを行うことには様々な目的がありますが、チーム全体がリニューアルの目的や成果について明確な合意を持っていないと、効果を発揮する戦略を立案することが難しくなります。

リニューアルの目的が明確であれば、適切なキーワードリサーチやコンテンツ最適化、サイト構造の改善など、具体的なSEO対策がスムーズに進められるため、チーム全体で共有しておくことをおすすめします。

コミュニケーションを取れる業者を選ぶ

サイトリニューアルを外注する際には、コミュニケーションを取れる業者を選ぶことが重要です。業者とのコミュニケーションは、プロジェクトを成功させるために欠かせません。

コミュニケーションが取れる会社かを判断する方法として、以下のようなポイントを確認してみましょう。

・要求している問題を正確に理解できるか
・質問に素早く正確な回答を返せるか
・提案したプランがわかりやすいか

例えば、業者がプロジェクトのスケジュールを明確に説明し、提案したプランを分かりやすく説明してくれるなど、コミュニケーション能力の高い業者を選べば、信頼して任せられるはずです。

明確な費用を提示してくれる業者を選ぶ

明確な費用を提示してくれる業者を選ぶことも重要です。業者から提示された見積書をよく読み、費用の詳細を確認する必要があります。

例えば、費用には、デザイン費用、開発費用、運営費用などが含まれている場合があります。また、業者が提示している費用には、サービスの内容や期間などが明確に記載されていることを確認してください。そうすることで、サイトリニューアルを外注する際に、明確な費用を提示してくれる信頼性の高い業者を選ぶことができます。

サイトのリニューアルにかかる費用と期間

サイトのリニューアルにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?ここでは、Webサイトのリニューアルにかかる費用をケース別に紹介します。

一般的なWebサイトのリニューアルにかかる費用

一般的なWebサイトのリニューアルにかかる費用は、様々な要素によって決定されますが、一般的な範囲では数十万円から数百万円程度が目安とされています。費用にはデザインや開発の人件費、コンテンツ制作や写真素材の購入費、ドメインやホスティングの費用、SEO対策やマーケティングのコストなどが含まれます。

また、リニューアルの規模や要件によっても費用は変動します。期間については、プロジェクトの複雑さや要素の量、関係者のスケジュールなどによって異なりますが、一般的には数週間から数ヶ月を要することが多いです。十分な計画と調整が必要であり、予算と期間の見積もりは事前に慎重に行うべきでしょう。

複雑なWebサイトのリニューアルにかかる費用

複雑なWebサイトのリニューアルとは、複雑な要件や機能の追加、データベースの移行、カスタム開発、eコマース機能の統合など、高度な作業や専門知識を必要とする場合のことです。こういった作業が発生する場合、リニューアルに数百万円以上の費用がかかることもあります。

また、デザインのカスタマイズや多言語対応、セキュリティ対策の強化など、追加の要素も費用を増加させる要因となります。期間についても、複雑なプロジェクトでは数ヶ月〜数年ほどかかる場合があります。プロジェクトマネージャーをつけるなど対策を講じ、適切なリソースを確保することが重要です。

サイトのリニューアルの費用を抑えるポイント

サイトのリニューアルには巨額の費用がかかることもあります。ここでは、サイトのリニューアル費用を抑えたい場合に確認しておくべきポイントについて紹介します。

サイトの素材は事前に用意しておく

事前にサイトの素材を用意しておくことでサイトのリニューアル費用を抑えられます。まず、写真やイラストの素材は、有料のストックサイトで事前に購入するか、自社で撮影・制作することで、デザインやコンテンツ制作の費用を抑えることができます。

また、テキストコンテンツや商品情報なども、事前に整理・整頓しておくことで、コンテンツ制作やSEO対策の効率を高めることができ、制作費を抑えられる場合があります。さらに、既存のサイトのデータや画像、設定ファイルなどをバックアップしておくこともリニューアル費用削減に役立ちます。

複数の会社に見積もりを取る

複数の会社に相見積もりを取ることもサイトリニューアルにかかる費用を抑える上で役立ちます。複数のウェブ開発会社やデザイン会社に見積もりを取ります。各社の提案や費用比較を行うことで、最も費用対効果の高いオプションを選ぶことができます。

また、見積もりの段階で具体的な要件やデザインのイメージを伝えることで、各社の提案が具体的になり、正確な費用を把握できます。さらに、複数の見積もりを比較することで、業界の相場やサービス内容の違いを把握し、適切な価格交渉が可能です。これにより、予算内で最適なパートナーを選び、費用を抑えることができます。

無理のない発注内容にする

無理のない発注内容にすることで費用を抑えられる場合があります。機能やデザインの要件を適切に絞り込み、必要最低限の機能やデザインを含めることで、開発やデザインの工数を削減できます。また、プロジェクトのスケジュールやリソースに合わせて、優先順位を付けることも重要です。

全ての要求を一度に実装せず、必要な機能やデザインを段階的に追加することで、費用を分散させることができます。さらに、外部のサービスやプラグインの活用も考慮し、開発する必要のある機能を最小限に抑えることも有効です。これにより、開発費用を削減し、費用を抑えることができます。

フリーランスへの依頼も検討する

サイトの開発費が嵩みそうな場合は、フリーランスへの依頼も検討しましょう。ウェブ開発やデザインのスキルを持つフリーランスに依頼することで、開発会社と比較して費用を抑えることができます。フリーランスの利用により、人件費やオフィス環境の負担が少なくなるため、リーズナブルな価格でサービスを受けることができます。

また、フリーランスは柔軟性が高く、個別の要件や細かい調整にも対応しやすいという利点もあります。ただし、信頼性やスキルの確認、コミュニケーションの円滑化などに注意が必要です。信頼して任せられるフリーランスを選ぶことで、費用を削減しても効果のあるリニューアルが行えます。

補助金や助成金を申請する

補助金や助成金を利用することでリニューアル費用を抑えられる場合もあります。地方自治体や産業団体、政府機関などが提供するIT関連の補助金や助成金を探し、条件を満たす場合には積極的に申請しましょう。具体的には、地域振興や新技術導入の支援などのプログラムが存在します。

また、特定の産業や業種に特化した補助金や助成金もありますので、自社の業態に合った制度を探すことも大切です。申請には一定の手続きや書類の提出が必要ですが、受給することでリニューアル費用の一部を補填することができます。地域の商工会や専門機関、公的な支援機関に相談し、助成金制度を活用しましょう。

まとめ

本稿では、サイトリニューアルの取り組み方や、陥りやすい失敗事例をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。サイトリニューアルは大規模なプロジェクトとなることが多く、担当者は心身ともに大きな負担が掛かりますが、やり遂げた時の感動も非常に大きなものです。本記事の内容が、皆さんのプロジェクトの成功に少しでも役立てば、嬉しく思います。