Google広告のアカウント移管方法!代理店と事業主別の方法を解説

インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

インターネット広告サービスのご案内

弊社の取り扱う広告媒体の全体図と、リスティング広告、ディスプレイ広告を中心として運用スキームをご紹介しております。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

今回はGoogle広告のアカウント移管について解説致します。

広告を運用する会社が変わる場合、広告アカウントを作り直さないといけないと思っている方もいるかもしれませんが、実は今使用しているアカウントをそのまま移管することが可能です。

下記に当てはまる方は特にこの記事でGoogle広告のアカウント移管方法をマスターしていきましょう。

  • 自社運用のGoogle広告を代理店に依頼したい方
  • 代理店を切り替えたい方
  • インハウスを目指している方

リスティング広告について、基礎を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

Google広告とは?

Google広告は、Googleの検索結果ページやパートナーサイトに広告を表示するためのオンライン広告プラットフォームです。ユーザーが特定のキーワードを検索したとき、広告主の商品やサービスに関連する広告が表示されます。これにより、広告主は自社の商品やサービスを必要としている可能性のあるユーザーに直接アピールできます。

Google広告は、広告主が広告を表示するために支払う費用を制御することができる「コストパービュー」や「コストパークリック」などの柔軟な課金モデルを提供しています。

Google広告の基本用語

まずGoogle広告を運用する際には、いくつかの基本用語を理解する必要があります。CPC(クリック単価)、CPM(千回表示単価)、CTR(クリック率)など、これらの用語は運用の効果を測定するために不可欠です。

用語を理解することで、分析がスムーズに行えますし、効果的な運用が可能になります。このセクションでは、それらの基本用語を簡潔に解説します。

Google広告のメリット

Google広告の最大のメリットは、広告主がターゲットとするユーザーに対して高い精度で広告を配信できる点です。これは、Googleが提供する豊富なユーザーデータに基づいて広告を最適化できるためです。

また広告のパフォーマンスをリアルタイムで確認し、必要に応じて広告の内容や配信設定を調整することができます。これにより、広告の効果を最大化しながら広告費を抑えることが可能です。

Google広告のデメリット

一方、Google広告のデメリットとしては、広告運用には専門的な知識と経験が必要であることが挙げられます。適切なキーワード選択や広告の最適化など、広告の効果を最大化するためには多くの要素を考慮する必要があります。

また競合他社との競争が激しいキーワードでは、広告費が高額になる可能性もあります。

Google広告のターゲティング方法

ターゲティングはGoogle広告の成功において重要な要素です。年齢、地域、興味、検索履歴など、多くの条件でターゲットを絞ることができます。

正確なターゲティングによって、広告の効果が高まり、無駄な広告費を削減することが可能です。この部分では、主要なターゲティング方法とその運用のポイントについて詳しく説明します。

Google広告のよくある失敗例

Google広告は非常に効果的なツールである一方で、運用に失敗すると大きな損失を招く可能性もあります。このセクションでは、よくある失敗例とその対処法について解説します。例えば、ターゲティングの失敗や予算設定のミスなど、避けるべきポイントを明示します。

アカウント移管のメリット

中には広告アカウントを移管するか、新規でアカウントを開設するか迷われている方もいるかもしれません。

弊社では新規で開設するより、既存のアカウントを移管することを推奨しているため、まずアカウント移管のメリットをご紹介します。

アカウントを移管するメリットは大きく3点あります。

工数削減

広告アカウントを引き継ぐことにより、アカウントを構成していく工数を削減することができます。

1からアカウントを作成するとなると、KW設計、キャンペーン設計、広告文作成、入稿、オーディエンスリスト作成などたくさんの工数がかかります。

アカウントを引き継ぐとこれらの工数は当然かからなくなるので、余った時間を他の改善に使用することができるようになります。

データの蓄積

アカウントを引き継ぐことにより、今までどのような配信をして、どのような結果を得ていたのかというデータも蓄積したまま引き継ぐことができます。そのため、過去の結果を踏まえて新しい施策を生み出すことができるようになります。

機会学習の促進

Google広告は機会学習が配信に影響を及ぼします。仮に既存のアカウントで良い機会学習を蓄積できていた場合、それを引き継がないと勿体ないです。

新規でアカウントを作成した場合、1から学習を蓄積する必要があるため、効率悪化のリスクが高くなります。

セキュリティの強化

アカウント移管や広告運用において、セキュリティは非常に重要です。不正アクセスや情報漏洩を防ぐためにも、二段階認証や強力なパスワードの設定は必須です。このセクションでは、セキュリティを強化する具体的な方法を提供します。

Google広告のアカウント移管の概念

アカウント移管方法をお伝えする前に、まずはMCCアカウントとは何か、広告アカウントを移管するとはどういうことなのかを知る必要があります。

既にご存知の方はこの項目を飛ばし、次の「アカウント移管の手順」から読んでください。

MCCとは

Google広告では、通常広告アカウントごとに請求の処理を行います。ただ数多くのアカウントを抱えている代理店や事業主は、一括で支払情報を管理するために、「MCCアカウント」という親アカウントを保有していることが多いです。

アカウント移管を行う際、この「MCCアカウント」という概念を知っておくとスムーズに理解できるため覚えておきましょう。

アカウント移管とは

アカウント移管とは上記で説明した、MCCアカウント傘下にクライアント様のアカウントを紐づけること、または切り離すことを指します。事業主と代理店の間で移管する場合と、代理店間で移管する場合に分けて説明していきます。

事業主⇔代理店の場合

事業主から代理店へアカウント移管する場合は、事業主側の広告アカウントを代理店側のMCCアカウント傘下に紐づけるという対応をします。

またその逆の代理店から事業主側に移管する場合はMCCアカウント傘下にある広告アカウントを切り離すという対応が必要になります。

代理店⇔代理店

代理店同士でアカウント移管する場合は、お互いMCCアカウントを持っていることが想定されるので、移管先のMCCアカウントに紐づけた後に、元代理店のMCCアカウントから切り離すという作業が発生します。

この切り離す作業をしないと、元代理店からもアカウントを操作できる状態になってしまうため、忘れずに行いましょう。

アクセス権の種類と管理

Google広告のアカウントには、いくつかのアクセス権が存在します。管理者権限、編集権限、閲覧権限など、それぞれの権限でできることが異なります。この見出しでは、それぞれのアクセス権とその管理方法について詳しく説明します。

アクセス可能な範囲と権限

アクセス権にはそれぞれ異なる「範囲」があります。例えば、管理者権限ではアカウントの全てにアクセス可能ですが、閲覧権限では限定された情報しか見ることができません。

この部分では、それぞれの権限で何ができるのか、その範囲を明確にします。

アカウント移管の手順

ここからはGoogle広告のアカウント移管の具体的な手順を説明していきます。

手順の進め方

移管作業をする方が事業主、代理店かによって一部手順が変わってくるため、それぞれ下記の通り読み進めてください。

  • 事業主の場合:①⇒⑦⇒⑨⇒⑩
  • 代理店の場合:②⇒③⇒④⇒⑤⇒⑥⇒⑧⇒⑨⇒⑩

手順の注意点

アカウント移管の手順は複雑であり、注意が必要です。特に、権限の移動には細心の注意が必要です。このセクションでは、手順を踏む際の注意点と、よくある失敗を避けるためのポイントを解説します。

①アカウント権限の譲渡依頼

代理店⇒事業主に移管する場合、代理店側の作業として、既存の広告アカウントの権限を先に譲渡する必要があります。

まず該当アカウントに入り、右上にある「ツールと設定」ボタンをクリックし、「アクセスとセキュリティ」というボタンをクリックします。

下のような画面に遷移するので、「+」ボタンをクリックします。

すると下の画面に遷移するので、事業主企業のメールアドレスを入力し、「管理者」のチェックボックスにチェックを入れ、招待状を送信というボタンをクリックします。

これで権限の譲渡は完了です。

事業主の方はメールが届くので、忘れずに開封するようにしましょう。

②MCC管理画面の左メニューから「設定」⇒「サブアカウントの設定」を選択

まずはMCCの管理画面の左メニューから「設定」をクリックし、その中の「サブアカウントの設定」というボタンをクリックします。

③「+ボタン」を選択

④「既存のアカウントをリンク」を選択

⑤リンクしたいアカウントの「アカウントID」を入力⇒「リクエストを送信」

下記のような画面に遷移するので、リンクしたい広告アカウントのアカウントIDを入力し、「リクエストを送信」というボタンをクリックします。

尚、アカウントIDは各アカウント名の横に記載されている、「○○○-○○○-○○○〇」という10桁の数字のことを指します。

⑥移管元に承認依頼

移管元の管理者から、送信したリクエストの承認を得る必要があります。お客様、もしくは代理店に、承認してもらえるよう依頼をしましょう。

その際にMCCアカウントの管理権限付与の有無を選択する画面になるので、「有」としてもらいましょう。「無」を選択すると移管処理が進行出来ません。

⑦申請フォームに必要事項を入力 (事業主の場合)

次にGoogleにアカウント移管申請を送信する必要があります。下記リンクから申請しましょう。

Google広告ヘルプページ_お支払い設定の変更

ヘルプページに遷移すると、最初にいくつか選択肢が出てくるので、下記項目にチェックを入れましょう。

  • 毎月の請求書発行によるお支払いの利用を申し込む

上記項目を選択すると基本的にフォームに沿って入力していくだけなので割愛します。

お支払いプロファイルIDや法人の場合は会社の登記住所等が必要になるので、あらかじめ準備しておくとスムーズになります。

⑧申請フォームに必要事項を入力 (代理店の場合)

次にGoogleにアカウント移管申請を送信する必要があります。下記リンクから申請しましょう。

Google広告ヘルプページ_お支払い設定の変更

ヘルプページに遷移すると、最初にいくつか選択肢が出てくるので、下記項目にチェックを入れましょう。

  • 毎月の請求書発行はそのままで、課金設定を更新します

上記項目を選択すると基本的にフォームに沿って入力していくだけなので割愛します。

お支払いプロファイルIDや法人の場合は会社の登記住所等が必要になるので、あらかじめ準備しておくとスムーズになります。

⑨Googleの移管設定作業→移管先・移管元で承認作業

Googleにアカウント移管申請を送信すると、Googleサポートチームでアカウントの移管設定をして頂けます。

設定が完了すると、移管先の請求管理者および移管元の請求管理者のメールアドレスに移管設定の承認メールが届きます。この承認メールを承認すると移管設定自体は完了になります。

⑩移管元からの権限切り離し

最後に移管元のアクセス権限を削除する必要があります。この削除をし忘れてしまうと、移管元のアカウントからも管理画面を操作、閲覧することが可能な状態が継続してしまいます。

MCCの管理画面の左メニューから「設定」⇒「サブアカウントの設定」をクリックし、権限を切り離すアカウントの左端のチェックボックスにチェックを入れます。すると上部に青色の枠が表示されるようになります。

この青色の枠内の「編集」⇒「リンク解除」を選択します。

解除するアカウントを選択できる画面に遷移するので、移管元のアカウントを選択し、「リンクを解除」というボタンをクリックし完了です。

アクセス権の付与と手順

アクセス権の付与は、非常にデリケートな作業です。誤って権限を付与してしまうと、重要なデータが漏洩する可能性があります。この見出しでは、アクセス権を安全に付与する手順について詳しく説明します。

移管後の確認事項

アカウント移管が完了した後も、確認すべき事項があります。例えば、権限が正確に移動されたか、不正アクセスがないかなど、セキュリティ面でのチェックが必要です。この部分では、移管後に確認すべき重要なポイントを列挙します。

Google広告のアカウント移管の手順書に使ってください

ここまでGoogle広告のアカウント移管方法を見てきました。操作自体は複雑ではないものの、実際に操作してみないとなかなか理解することが難しい作業だと思います。実際に操作をしながら、この記事を役立てて頂ければ幸いです。

また運用の引継ぎには、アカウント移管だけでなく、現状のプロモーション状況や、過去の施策状況など、情報の共有も大切になります。

アカウント移管も含め、漏れなく丁寧に引継ぎを行うことを心掛けましょう。

Google広告の運用方法

Google広告の運用方法は、まず広告キャンペーンの目的を明確に設定することから始まります。目的に応じて広告の種類を選択し、ターゲットとするユーザーの属性や地域を設定します。

次に広告を表示するためのキーワードを選択し、広告文を作成します。広告が公開された後は、広告のパフォーマンスを定期的に確認し、必要に応じて広告の内容や配信設定を調整します。

Google広告の分析方法

Google広告の分析は、広告のパフォーマンスを評価し、広告運用の改善点を見つけるための重要なプロセスです。Google広告では、広告のクリック数や表示回数、クリック率、コンバージョン数などのデータを提供しています。

これらのデータを分析することで、広告の効果を客観的に評価し、広告の最適化に役立てることができます。

Google広告の最適化方法

Google広告の最適化は、広告のパフォーマンスを向上させるための一連のプロセスです。これには、適切なキーワードの選択、広告文の改善、ターゲティングの調整などが含まれます。

またA/Bテストを行うことで、どの広告が最も効果的であるかを評価し、広告のパフォーマンスをさらに向上させることが可能です。

Google広告の料金について

Google広告の料金は、広告の表示形式や配信設定、競合他社との競争状況などにより変動します。一般的には、広告主は広告がクリックされたとき、または広告が1000回表示されたときに料金が発生します。

これらの料金は、広告主が設定した予算内でコントロールすることが可能です。