2022年9月にGoogleがコアアルゴリズムアップデートを発表。影響と対策を解説

SEOサービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

SEOサービスのご案内

専属のコンサルタントが貴社Webサイトの課題発見から解決策の立案を行い、検索エンジンからの自然検索流入数向上のお手伝いをいたします。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

2022年9月13日(火)午前0時26分(日本時間)にGoogleから、2022年9月の「コアアルゴリズムアップデート」の実施が告知されました。その後9月28日(水)時点で、英語版のドキュメントではロールアウトの完了が報告されています。

このページでは、Webサイトの運営を行なっている方やSEOに携わっている方へ、2022年9月のコアアルゴリズムアップーデートの概要についてまとめています。

💡2022年に実施されたその他のアップデート情報はこちら

※その他のアップデートについては、以下の記事をご覧ください。

2022年9月のコアアルゴリズムアップデートの概要

前述の通り、2022年9月のコアアルゴリズムアップデートアップデートは、2022年9月13日(火)午前0時26分(日本時間)に周知されました。

筆者訳::本日、2022年9月のコアアルゴリズムアップデートをリリースしました。ロールアウトが完了しましたら、「検索ランキングの更新」のページをアップデートします。

9月26日(月)に2022年9月のコアアルゴリズムアップデートのロールアウトは完了したと、英語版のドキュメントで報告されています。日本語版ドキュメントではまだその記載が見られないので、日本語圏でロールアウトが完了しているかは不明です。 

SEOのコアアップデートが行われる理由


インターネットの情報は日々増え続けており、利用者はより正確な検索結果を求めています。そういったニーズにこたえるため、コアアップデートは、新たなアルゴリズムや評価基準の導入により、品質の高いコンテンツをより正確に評価し、検索結果に反映させるために行われています。これにより、利用者が求める情報により迅速にアクセスできるようになるでしょう。

<特徴1>「ヘルプフルコンテンツアップデート」が直近に実施された

今回のコアアルゴリズムアップデートの特徴は、前後に大きなアップデートが実施された点です。1点目は、ユーザーの役に立つコンテンツが高く評価されるよう実施された「ヘルプフルコンテンツアップデート」です。ヘルプフルコンテンツアップデートは8月19日(金)に周知され、9月9日(金)にロールアウトが完了しています。

(参照:Google 検索ランキングの更新 | Google 検索セントラル  |  最新情報  |  Google Developers

ヘルプフルコンテンツアップデートについての詳細は以下記事で説明しておりますのでご参照ください。

<特徴2>英語版ではあるものの、プロダクトレビューアップデートと時期が近い

2点目は、2022年9月の「プロダクトレビューアップデート」です。2022年9月のプロダクトレビューアップデートはコアアルゴリズムアップデートの7日後、2022年9月20日(土)午後17時7分(日本時間)に発表されました。このプロダクトレビューアップデートは英語版なので、日本語サイトには影響がないことが想定されます。しかし、近いうちに日本でも実施される見込みなので、注意深く動向を見守る必要があるでしょう

筆者訳:本日、2022年9月の製品レビューの英語版アップデートをリリースしました。展開が完了しましたら、ランキングのリリース履歴ページを更新いたします。


コアアルゴリズムアップデートとプロダクトレビューアップデートの時期が近いことから、アップデートを周知したツイートに続く形で、2つのリプライによって以下の内容でアナウンスがありました。

筆者訳:2022年9月のコアアルゴリズムアップデートは完全には完了していませんが、ほぼ完了しています。1週間以内に完全に完成する見込みで、完成したらアップデートページで共有する予定です。

筆者訳:(サイトに)変化が見られ、それがコアアルゴリズムアップデート、またはプロダクトレビューアップデートに関連しているかどうか疑問に思う場合
– 製品レビューを作成しているのであれば、おそらくプロダクトレビューアップデートに関連したものでしょう
– そうでない場合は、コアアップデートに関連している可能性があります

コアアルゴリズムアップデートと近い時期に2つのアップデートが実施されていることから、もしサイトの流入に変化があったとしても、どのアップデートの影響によるものであるかは注意深く判断する必要があります。

2022年9月のコアアルゴリズムアップデートでの影響

「Semrush」というツールで日本のデスクトップ版の順位の動きをみると、9月13日(火)、18日(日)、22日(木)に大きな順位変動が観測されています。


しかし、以下の記事内では過去と比較して、今回のコアアルゴリズムアップデートの影響はそこまで大きくない可能性が高そうだと語られています

筆者訳:2022年9月のコアアルゴリズムアップデートで、Semrushはアップデート前のボラティリティに対するランク変動率の増加が、2022年5月のコアアップデートと比較して53%減少していることに気づきました。背景を補足すると、2021年11月のコアアップデートによるランク変動率の増加は、2022年5月のコアアルゴリズムアップデートよりも19%も激しかったのです。つまり、5月はすでにその前のアップデートよりも大幅に影響が弱くなっており、2022年9月のCore Updateはそれよりも全体的に大幅に弱くなっているのです」とMordy氏は説明します。

(出典:Google’s September 2022 core update hit fast but was less significant than previous updates (searchengineland.com))

コアアルゴリズムアップデートで影響を受けた際の対策

前提としてもっておくべきコアアルゴリズムアップデートに対する考え方

前提として、以下ページで説明されているように、コアアルゴリズムアップデートで順位が下がったページに必ずしも問題があるわけではありません

There’s nothing wrong with pages that may perform less well in a core update.

筆者訳:コアアップデートでパフォーマンスが低下する可能性のあるページには何も問題はありません。

(参照:How Google updates Search to improve our results (blog.google)

考え方としては、以下のように考えたら良いと記載されています。

One way to think of how a core update operates is to imagine that in 2015 you made a list of the top 100 movies. A few years later in 2019, you refresh the list. It’s going to naturally change. Some new and wonderful movies that never existed before will now be candidates for inclusion. You might also reassess some films and realize they deserved a higher place on the list than they had before.

筆者訳:コアアップデートがどのように動作するかを考えるひとつの方法は、2015年にあなたがトップ100の映画のリストを作ったと想像することです。数年後の2019年にはそのリストは更新されます。それは自然に変化することになります。以前は存在しなかった新しい素晴らしい映画も、ランキングに含まれる候補になるでしょう。また、いくつかの映画を再評価して、以前よりもリストの上位に値すると気づくかもしれません。

(参照:How Google updates Search to improve our results (blog.google)

コアアルゴリズムアップデートで変動を受けた際の対策

Google検索セントラル内で言及されているように、コアアップデートの前後で順位が落ちた際は優れたコンテンツの提供に集中することが推奨されています。コンテンツを評価する質問が掲載されているので、これらに回答するかたちで自社コンテンツの品質をチェックしてみて下さい。

コンテンツと品質に関する質問

  • コンテンツは、独自の情報、レポート、研究、分析を提供しているか。
  • コンテンツは、特定のトピックに対して包括的または完全な説明を充分に提供しているか。
  • コンテンツは、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか。
  • コンテンツが他のソースから得られたものである場合、単なるコピーや書き換えでなく、付加価値とオリジナリティを充分に提供しているか。
  • 見出しやページタイトルは、内容を説明する有用なものになっているか。
  • 見出しやページタイトルは、コンテンツを誇張したり、読者に強いショックや不快感を与えたりするものでないか。
  • 自らブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか。
  • コンテンツは、雑誌、百科事典、書籍に掲載または引用されるような価値があるか。

専門性に関する質問

  • コンテンツは、明確な情報源、関係する専門知識の証明、著者またはコンテンツを公開しているサイトの背景情報(著者ページへのリンクやサイトの概要ページなど)など、掲載されている情報が信頼性の高いものであることを示すための情報を提供しているか。
  • コンテンツを制作しているサイトを調査した場合、そのトピックに関する権威者としてそのサイトが信頼されている、または広く認識されているという印象を受けるか。
  • コンテンツは、トピックに関して明らかに充分な知識を持つ専門家や愛好家によって書かれているか。
  • コンテンツに明らかな誤情報がないか。
  • お金や人生に関連する問題について、このコンテンツを安心して信頼できるか。

(出典:Google検索セントラル

また、コアアルゴリズムアップデートが実施されたこのタイミングで、基本的なSEO対策ができているかを今一度確認しておくと良いでしょう。その際には、ぜひこちらの記事をご覧下さい。

コアアップデートでも評価されるコンテンツを作るには?

ここまで、コアアップデートの考え方やアップデート内容について紹介してきましたが、SEOのコアアップデートでも評価されるコンテンツを作るにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、評価されるコンテンツを生み出すコツについて5つ紹介します。

検索ニーズに沿った内容を提供する

コアアップデートにおいて評価されるコンテンツを作るためには、検索ニーズに沿った内容を提供することが重要です。ユーザーが検索するキーワードやトピックに関連した情報を提供することで、検索エンジンはコンテンツの価値を判断します。

具体的には、キーワードリサーチや競合分析を通じて、人々がどのような情報を求めているのかを理解しましょう。その上で、タイトルや見出し、メタデータを適切に最適化し、コンテンツ内で網羅的かつ質の高い情報を提供します。そして、読みやすい文章と適切な画像を使用することで、クローラーから質の高いサイトだと評価されるはずです。

独自性のあるコンテンツを作る

独自性のあるコンテンツを作ることも重要です。インターネット上には大量の情報が存在し、競争が激化しています。独自の視点や知識、経験を反映したコンテンツを作成することで、読者に新しい情報や洞察を提供し、価値を提供できます。

また、自身の専門知識や経験を活かして独自の意見やアイデアを発信することで、信頼性を高めることもできます。定番のトピックでも自身の個性やユニークなアプローチを加えることで、読者の興味を引きつけることが可能です。独自性はブランドの確立や長期的な成功にもつながるため、コンテンツ制作において常に重要な要素となるはずです。

使いやすいWebサイトを作る

Webサイトは無数にあり、ユーザーは他のサイトを訪問することもできるため、直感的な操作感で使用できるサイトでなければなりません。具体的には、以下のようなポイントを意識することで、使いやすいWebサイトを作ることができるでしょう。

  • 整ったレイアウトを意識する
  • わかりやすいナビゲーションメニューを作る
  • 階層構造を整える
  • ページスピードを改善する
  • レスポンシブデザインを取り入れる

このような工夫を施すことで、多くのユーザーがストレスなく使えるWebサイトにしあげられるでしょう。詳しくは、以下の記事でも紹介しています。

E-E-A-Tを意識する

E-E-A-T(Experience、Expertise, Authoritativeness, Trustworthiness)を意識することは非常に重要です。E-E-A-Tを満たす情報を提供するためには以下のようなポイントを意識するとよいでしょう。

  • 信頼できるソースからの引用、参照を含める
  • 専門家から寄稿してもらう
  • 客観的なデータや統計を使用する

さらに、ウェブサイト自体の信頼性を向上させるために、セキュリティ対策やプライバシーポリシーの明示、信頼性の高い外部リンクの使用なども重要です。E-E-A-Tの意識は、検索エンジンの評価や検索結果の順位付けにも影響を与えるため、コンテンツ制作において重要な要素となります。

最新の情報からコンテンツを作る

最新の情報からコンテンツを作ることも意識しましょう。インターネットは日々進化しており、新たな情報やトレンドが継続的に登場します。利用者は最新の情報を求めていますので、時代遅れの情報は価値を失います。

そのため、信頼できるニュースサイト、業界の専門家やリーダーのインサイト、信頼性の高いデータや調査結果などを積極的に参照してコンテンツを作りましょう。また、ソーシャルメディアや業界のオンラインコミュニティなどを活用して、最新の話題やトピックに敏感になることも重要です。定期的な情報収集とアップデートを行うことで、読者の興味を引きつけ、競争力のあるコンテンツを提供することができます。

コアアルゴリズムアップデートが実施されても、SEO担当者が目指すことは変わらない

ここまで、2022年9月のコアアルゴリズムアップデートの影響と対策について解説しました。基本的にコアアルゴリズムアップデートが実施されてもSEO担当者が目指すことは変わりません。ユーザーにとって役に立つコンテンツを用意していれば、自然と順位はついてくるはずです。「検索エンジンではなく、ユーザーに目を向けたサイト運営ができているか」を意識し、SEO対策を進めていただければと思います。

※本記事の情報は2022年9月26日(月)時点の情報です。更新があり次第、追記いたします。

株式会社PLAN-Bについて
SEO対策やインターネット広告運用などデジタルマーケティング全般を支援しています。マーケティングパートナーとして、お客様の課題や目標に合わせた最適な施策をご提案し、「ビジネスの拡大」に貢献します。

■SEOサービスについて
SEOコンサルティング
5,200社を超える支援実績に基づき、単なるSEO会社ではなく、SEOに強いマーケティングカンパニーとして、お客様の事業貢献に向き合います。

②SEOツール「SEARCH WRITE
SEARCH WRITE」は、知識を問わず使いやすいSEOツールです。SEOで必要な分析から施策実行・成果振り返りまでが簡単に行える設計になっています。

■その他
関連するサービスとしてWebサイト制作記事制作なども承っております。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス