商品ページのデザインを魅力的にして売上アップに繋げよう!デザインのコツや注意点・具体例も合わせて解説

Webサイト制作サービス資料
今すぐ無料ダウンロード
Webサイト制作サービス資料
今すぐ無料ダウンロード

商品の魅力を伝えるためには、商品ページのデザインにこだわることが重要です。しかし、デザイン性は直感や感覚的なものですので、どうやって魅了的なデザインを制作すれば良いのか迷う人もいることでしょう。

そこで、本記事では、魅力的なデザインを作るコツや制作時の注意点などについて解説します。

商品ページのデザインの重要性

商品ページのデザインは、商品の売り上げに大きな影響を与えます。良いデザインは、商品の魅力を最大限に引き出し、ユーザーの興味を引きつけます。逆に、見づらいデザインや不適切な配色は、商品の魅力を減少させ、ユーザーの興味をそらしてしまいます。

また、商品ページのデザインは、ブランドのイメージを伝える上でも重要です。ブランドのカラーやフォント、ロゴなどを取り入れた統一感のあるデザインは、ブランドの認知度や信頼感を高めることができます。

さらに、ユーザビリティに配慮したデザインにすることで、ユーザーがスムーズに商品を選択し、購入に至るまでのプロセスを簡単にできます。例えば、商品の詳細情報を掲載する場所や、カートボタンの配置、商品画像の表示方法などにもデザインの工夫が必要です。

魅力的な商品ページのデザインを作るメリット

商品ページのデザインは、魅力的に作成することで得られるメリットがあります。主に3つのメリットを紹介します。

  • 売上に繋がる
  • 商品の魅力が伝わる
  • サイト滞在時間が長くなる

下記では、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

売上に繋がる

商品ページのデザインが魅力的であると、売上アップが期待できます。商品ページのデザインの見栄えが良く、情報が整理されていると、ユーザーは商品に対する興味が惹かれ、購入意欲を高めることができます。また、商品ページには、キャッチコピーや特典情報、クーポン、送料無料の情報などを掲載することで、ユーザーに対して強いアピールができ、購入につながる可能性が高まります。

商品の魅力が伝わる

デザインの美しさや使いやすさは、商品の印象を左右する大きな要素の一つです。ユーザーは商品を購入する前に、商品ページを訪問し、商品の特徴や価値を知ろうとします。そのため、商品ページのデザインが魅力的であると、ユーザーは商品に対する興味を惹かれ、商品の購入意欲が高まります。

サイト滞在時間が長くなる

サイト滞在時間とは、Webサイトを訪問したユーザーがどのくらいそのサイトに留まったかの時間を指します。

ユーザーが魅力的な商品ページを見つけた場合、その商品についての情報を詳しく知りたくなるものです。情報が充実しており、視覚的にも魅力的な商品ページであれば、ユーザーはより多くの時間を費やして情報を収集しようとする傾向があります。

サイト滞在時間が長くなることで、検索エンジンはそのサイトがユーザーにとって有益なコンテンツを提供していると判断します。つまり、サイト滞在時間が長くなることでSEOにも効果があると言えます。

商品ページの作成手順

商品ページを作成する手順には5つのステップがあります。

STEP 01:必要な商品情報の準備
STEP 02:サイトイメージの決定
STEP 03:ワイヤーフレームの作成
STEP 04:デザイン(配置や配色等)の決定
STEP 05:コーディングを実装する

下記では、それぞれのステップについて詳しく解説します。

STEP 01:必要な商品情報の準備

商品ページには、商品の特徴や魅力、仕様、価格、在庫状況、配送方法、返品・交換に関する情報など、ユーザーが知りたい情報が多岐にわたります。そのため、これらの情報を事前に整理して準備することが重要です。

特に、競合他社との差別化ポイントや、商品の魅力を伝えるストーリーを作り上げるためには、商品の背景やストーリーについての情報も収集し、整理する必要があります。

また、商品の写真や動画、3D映像などの視覚的な情報も重要です。商品の特徴をより詳しく知るために、アップクローズの写真や、商品を実際に使っているユーザーの写真、商品の動画などを掲載することが有効です。

STEP 02:サイトイメージの決定

商品ページのデザインテーマを決定します。商品ページのサイトイメージを決定することは、ブランドイメージや商品の特性に沿ったデザインを作成する上で非常に重要です。テーマに沿ったデザイン要素を組み合わせることで、商品ページのイメージが完成します。例えば、自然やアウトドアをイメージした商品ページの場合、自然の色合いやアウトドアで使用される素材を使ったデザインが適しています。

STEP 03:ワイヤーフレームの作成

サイトイメージを決定したらワイヤーフレームを作成しましょう。ワイヤーフレームとは、Webページのおおまかなレイアウトや構成要素を伝えるための設計図のことです。

ワイヤーフレームは、デザインの設計図として、クライアントや他のクリエイターとのイメージ共有に役立ちます。また、デザインの骨組みを作成することで、後のデザイン作業がよりスムーズに進むようになります。

ワイヤーフレームの作成には、ツールを使用することが一般的です。これらのツールを使うことで、サイズや色を正確に決めていくことができます。初めにまとめた情報をもとに、画面のどこに何を置くかを考えながら作成しましょう。

STEP 04:デザイン(配置や配色等)の決定

デザインツールを使用して、ワイヤーフレームに肉付けするデザインカンプを作成します。デザインカンプとは、見本のことです。これにより、クライアントとのイメージを共有し、後で「思っていたものと違う」と言われることを防ぐことができます。

カラーの割合には決まりがあり、バランスの良い配色とされているのは、「ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%」です。

ただし、配置するだけではなく、全体の流れに不自然さが出ないように注意しながら、文言との関連や色の組み合わせなどを考慮しながら配置することが重要です。似た要素の画像は並べて表示し、一目で内容を伝えることができるようにすることも大切です。

STEP 05:コーディングを実装する

デザインが完成したら、HTMLやCSS、JavaScriptなどを使用してコーディングを行います。Webサイトをデザインする場合は、想定される動きを考慮しながら作業を進めるとコーディングがしやすくなります。

また、動作を把握していると、外部にコーディングを発注する場合にも、事前にデザインカンプを作成しておくことで、コーダーにデザインイメージを伝えやすくなるため、完成度の高いサイトが作れます。

商品ページで特にこだわるべきデザイン

商品ページのデザインでとくに力を入れるべきポイントがあります。主に3つ紹介します。

  • ファーストビュー
  • 商品画像
  • CTA

下記では、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

ファーストビュー

ファーストビューとは、スクロールせずに見えるWebページ上部の範囲のことです。訪問者はたった3秒でそのページから離れるかどうかを決めることが多いため、ファーストビューには商品名、商品画像、キャッチコピー、商品価格など、必要な情報を見せることが重要です。

特に大切なのは、訪問者がその商品を欲しいと感じるようにアピールすることです。顧客の属性や好み、購入の理由などを分析し、それに合った写真やコピーを使って、強く短く商品の魅力をアピールすることが必要です。

商品画像

ECサイトでは、ユーザーが商品を実際に手に取って確かめることができないため、商品画像が非常に重要です。商品画像は明るく、商品の特徴が鮮明に分かるものを選びましょう。

アパレルの場合は、モデルが着用している画像や、家具の場合は実際に部屋に置かれた様子の画像など、商品の利用シーンが分かる画像を掲載することで、ユーザーは商品をイメージしやすくなります。

ECサイトでは、商品画像をイメージを伝える画像と情報を伝える画像に分け、商品のサイズ、質感、色味などが分かる画像を必ず掲載するようにしましょう。画像が豊富なECサイトの方が売上に繋がることが多いため、少なくとも5枚以上の商品画像を掲載することをおすすめします。

CTA

CTAボタンは「Call To Action」の略で、主に「購入する」ボタンを指します。

ユーザーが「これを買いたい!」と思った瞬間に、すぐに購入できるように大きく目立つ場所に配置することが重要です。もし購入ボタンが小さい場合や見つけづらい場合、ユーザーは興味を失ってしまい、他の競合サイトに移ってしまう可能性があります。

また、ページが長くなりすぎたり、バナーが多すぎたりする場合、購入ボタンが目立たなくなることがあります。このような場合でも、お客様の目線に立ち、購入ボタンをデザインすることで、目立つように配置しましょう。


良い商品ページデザインにするコツ

商品ページのデザインを魅力的にするコツはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、主なコツを5つ挙げます。

  • ターゲット属性に合ったデザインにする
  • デザインに一貫性を持たせる
  • 競合サイトをチェックする
  • 自社の強みをアピールする
  • 魅力的なキャッチコピーを作る

下記では、それぞれのコツについて詳しく解説します。

ターゲット属性に合ったデザインにする

商品ページのデザインでは、ターゲット属性に適した情報、画像、装飾、フォント、言葉選びにすることが重要です。万人受けが良いデザインは、ターゲットを狙い撃ちしたデザインには敵いません。同じ商品を訴求する場合でも、ターゲットが異なれば最適なデザインも異なります。

また、競合他社と差別化するために、ターゲット軸をズラしたり、さらにターゲット層を絞ったりすることが重要です。このような工夫によって、狙ったターゲット層からの売上に繋げましょう。

デザインに一貫性を持たせる

デザインは、一瞬で多くの情報を伝える力を持っています。しかし、その力を十分に発揮するには、デザイン全体に一貫性が必要です。一貫性が欠如していると、ユーザーは混乱して商品に対する信頼を失ってしまいます。

一貫性を持たせることで、ユーザーに伝えるメッセージが明確になり、ブランドの認知度や信頼性を高められます。

競合サイトをチェックする

良い商品ページデザインを作るためには、競合サイトをチェックすることが非常に重要です。競合サイトをチェックすることで、競合がどのような商品ページデザインをしているかを知ることができます。競合サイトの良いポイントを取り入れることで、自社のデザイン力の底上げに繋がります。

ただし、競合サイトのデザインを真似しすぎると、自社の商品ページがただの二番煎じになってしまう可能性があります。競合サイトからヒントを得つつも、自社ならではの強みを活かし、独自性のあるデザインを作ることが重要です。

自社の強みをアピールする

競合サイトをチェックすることで、競合サイトと差別化を図れる点を探していきます。自社の強みとは、相対的に決定されるので、自社商品だけを眺めていても、強みは見つかりません。市場全体の中での自社の強みを見つけていきましょう。

また、新しい商品を購入する際に、ユーザーは不安を感じるため、商品が権威ある賞を受賞していたり、多くの人に利用されている場合、それだけで不安を軽減することができます。そのため、商品の受賞歴や販売実績を積極的にアピールすることも大切です。

魅力的なキャッチコピーを作る

商品ページには、商品の魅力を伝えるキャッチコピーが必要不可欠です。

魅力的なキャッチコピーは、ユーザーの感情に訴えることができます。商品がユーザーの欲求を満たすものである場合、魅力的なキャッチコピーは、ユーザーが商品に対して好意的な印象を持つように誘導することができます。

また、ユーザーの注意を引きつけることも可能です。商品ページは、様々な情報が掲載されていますが、ユーザーは商品ページを通して興味を持つ情報に限定されます。そのため、魅力的なキャッチコピーは、ユーザーの注意を引きつけ、商品ページにとどまってもらうことができます。

商品ページデザインを作成する際の注意点

魅力的な商品ページにするだけではなく、デザインを作成する上で気をつけるべきことがあります。その注意点を2つ挙げます。

  • ページの読み込み速度を確認する
  • レスポンシブデザインを採用する

下記では、それぞれの注意点について詳しく解説します。

ページの読み込み速度を確認する

商品ページの表示速度は非常に重要です。ページが遅くて読み込みが長いと、ユーザーはイライラし、ページを離れてしまう可能性が高くなります。

実際に、Googleによると、ページ読み込みが3秒以上かかると、約半数のユーザーがページを離れるというデータがあります。

また、ページの表示速度はSEOにも影響を与えます。Googleは、ページ速度をランキングの重要なファクターの1つとして考慮しており、表示速度の遅いページはSEOランキングが下がる可能性があります。

したがって、商品ページの表示速度を高速化するためには、画像や動画などの大きなファイルサイズを最小限に抑えること、キャッシュを使用して読み込み時間を短縮すること、コードやスクリプトを最適化することなどが必要です。また、高速なサーバーを使用することも重要です。ページの読み込み速度を改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させましょう。

レスポンシブデザインを採用する

レスポンシブデザインを採用することは非常に重要です。レスポンシブデザインとは、画面サイズに応じて自動的にレイアウトが変化し、最適な表示方法に切り替わるデザインのことです。つまり、スマートフォンやタブレットなど、異なるデバイスで閲覧された場合でも、ユーザーが使いやすいように表示されるようになっています。

現代では、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスからのアクセスが急速に増加しており、モバイルファーストの時代と言われています。そのため、レスポンシブデザインを採用しない場合、ユーザーが商品ページを見づらく感じ、離脱率が高くなる可能性があります。逆に、レスポンシブデザインを採用することで、ユーザーがスムーズに商品ページを閲覧できるようになり、購入意欲が高まることが期待できます。

参考となる商品ページデザインの具体例

それでは、最後に参考となる商品ページデザインの具体例を3つ紹介します。

下記では、それぞれの特徴について詳しく解説します。

ユニクロ

ユニクロ 商品ページ

引用:ユニクロ

ユニクロの商品ページデザインは、シンプルで分かりやすいレイアウトと、大きな商品画像が特徴的です。商品画像は複数の角度から撮影され、マウスオーバーで拡大表示されるなど、商品の詳細を細かく見せる工夫がされています。

また、色やサイズのバリエーションもわかりやすく表示され、購入ボタンも大きく目立つように配置されています。商品ページ下部には関連商品が表示され、商品を選ぶ際の参考になるような情報が充実しています。ユニクロの商品ページデザインは、ユーザーが欲しい情報を素早く見つけられるように工夫されており、購入の際のストレスを最小限に抑えることができます。

BAKE

BAKE 商品ページ

引用:BAKE

BAKEの商品ページはシンプルで洗練されたデザインで統一されており、視覚的な統一感があります。また、公式HPではアニメーションを活用し、訪問したユーザーを楽しませる工夫が施されています。また、商品や店舗の写真を数多く掲載することで、全体のイメージを伝わりやすくしています。

BOTANIST

BOTANIST 商品ページ

引用:BOTANIST

BOTANISTは、植物や自然をイメージしたコンセプトを持つヘアケアブランドです。商品ページデザインも、そのコンセプトを反映したデザインになっています。

シンプルながらも洗練されたデザインが特徴的です。色使いも優しいトーンで統一されており、視覚的にもまとまりがあります。美しい自然や植物のイメージ写真が多用されており、それらの写真が、ブランドのコンセプトとマッチしており、商品の印象を強く印象付けています。

まとめ

本記事では、魅力的なデザインを作るコツや制作時の注意点などについて解説しました。

魅力的なデザインのアイディアは、実際の他社のデザインを参考にすることで生まれやすいです。特にファーストビューや商品画像のデザインにこだわっていきましょう。