Google広告の成功を叶えるコンバージョンタグの活用法とは? 効果の向上術を徹底解剖

インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. Google広告のコンバージョンタグとは?
      1. コンバージョンとは?
      2. コンバージョンタグの役割と機能
    2. コンバージョンタグの作成ステップ
      1. STEP 01:Google Adsのアカウントにログイン​​
      2. STEP 02:”測定”のセクションから”コンバージョン”を選択
      3. STEP 03:新たなコンバージョンアクションの作成​​
      4. STEP 04:コンバージョンのソースの選択
      5. STEP 05:必要な詳細の入力
      6. STEP 06:保存
    3. コンバージョンタグの設置ステップ
      1. STEP 01:”タグのセットアップ”ページの表示
      2. STEP 02:「HTML タグをコピーしてペーストします」の選択
      3. STEP 03:「グローバルサイトタグ」の設置
      4. STEP 04:「イベントスニペット」の設置
    4. コンバージョンタグの活用方法
      1. コンバージョンタグを使った広告効果の分析
        1. 広告効果の評価
        2. ユーザー行動の追跡
      2. コンバージョンタグを活用した広告の最適化
        1. タグの正確な設定
        2. イベントトラッキングの追加
        3. タグのパフォーマンスの監視
        4. 成功要因の特定
        5. ABテストの実施
      3. コンバージョンタグ設定の注意点
        1. 注意点1:タグの設置漏れ
        2. 注意点2:複数のタグの重複設置
        3. 注意点3:タグのバージョンアップの見落とし
    5. コンバージョンタグが反映されない、動作しない時の対処法
      1. キャッシュのクリア
      2. ページの再読み込み
      3. ブラウザの互換性チェック
      4. タグのバージョンアップの見落とし
    6. まとめ

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

インターネット広告サービスのご案内

弊社の取り扱う広告媒体の全体図と、リスティング広告、ディスプレイ広告を中心として運用スキームをご紹介しております。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

Google広告をより効果的に活用するためには、コンバージョンタグの設置と活用が欠かせません。しかしタグの設置には困難が伴うこともあります。

そこで、この記事ではコンバージョンタグについて詳しく解説します。タグの作成方法や設置手順について説明し、データが反映されない際の解決策や最適化のポイントも紹介します。

さらに、成功事例や注意すべき点を取り入れ、実用的な情報を提供します。この情報をもとに、広告効果の最大化を目指しましょう。

広告運用を進化させたい方は、本記事を参考にしてください。

Google広告のコンバージョンタグとは?

Google広告のコンバージョンタグは、広告主が設定した特定の目標達成(コンバージョン)が発生したことを追跡するためのタグです。

具体的には、広告クリック後のユーザーのアクションを正確に計測する仕組みです。

コンバージョンとは?

Web広告におけるコンバージョンは、目標達成を意味します。例えば商品の購入、お問い合わせフォームの送信、会員登録などがコンバージョンとなります。

コンバージョンは広告主が設定した目標達成によって価値を生み出し、広告の効果測定や運用最適化の基準となります。

コンバージョンタグの役割と機能

コンバージョンタグは主に2つの役割を果たします。1つ目は、広告主が設定したコンバージョンの発生を追跡、計測することです。これにより、広告主は広告の成果を評価でき、効果的なキャンペーンを展開するうえでの参考データを得ることができます。

2つ目は、広告効果の測定と配信の最適化です。タグが設置されたページへのアクセスがある度にデータが収集され、広告主はこのデータをもとにパフォーマンスの改善やターゲットユーザーへの適切な広告表示を行います。

コンバージョンタグの作成ステップ

STEP 01:Google Adsのアカウントにログイン​​

まずは、Google Adsのアカウントにログインします。

ログインするにはユーザー名とパスワードを入力し、Google Adsのダッシュボードにアクセスします。

STEP 02:”測定”のセクションから”コンバージョン”を選択

Google Adsのダッシュボードに入ると、画面上部のメニューバーから「測定」のセクションを選択し、「コンバージョン」をクリックします。

ここからコンバージョンタグの作成を行います。

STEP 03:新たなコンバージョンアクションの作成​​

「コンバージョン」ページに移動すると、新たなコンバージョンアクションの作成が可能となります。

画面上部の「+」ボタンをクリックし、新しいコンバージョンアクションを作成します。

STEP 04:コンバージョンのソースの選択

作成中のコンバージョンアクションでは、まずコンバージョンのソース(ウェブサイト、アプリ、電話通話、インポート)を選択します。

ウェブサイトでのコンバージョンを計測する場合は「ウェブサイト」を選択します。

STEP 05:必要な詳細の入力

ソースを選んだ後、コンバージョンの名前、カテゴリ、値、カウントのオプションなど詳細情報を入力します。

STEP 06:保存

入力が完了したら、次に行うのは作成したコンバージョンアクションの保存です。

保存すると、コンバージョンタグが自動的に生成されます。このコンバージョンタグをウェブサイトの特定のページに設置することで、コンバージョンの計測とトラッキングが行われます。

コンバージョンタグの設置ステップ

STEP 01:”タグのセットアップ”ページの表示

コンバージョンタグの設置には、まず「タグのセットアップ」ページを表示する必要があります。このページには、コンバージョンタグの設置に関する詳細な手順が示されています。

STEP 02:「HTML タグをコピーしてペーストします」の選択

「タグのセットアップ」ページに進むと、コンバージョンタグの設置方法がいくつか提示されます。

ウェブサイトのコンバージョンタグを設置する場合「HTML タグをコピーしてペーストします」というオプションを選択します。

STEP 03:「グローバルサイトタグ」の設置

コピーしたHTMLタグは、ウェブサイトのすべてのページに設置する必要があります。これにより、ウェブサイトでのアクションが正確に追跡されます。通常は<head>セクションに貼り付けます。

STEP 04:「イベントスニペット」の設置

特定のアクションが完了した後に表示されるページには、イベントスニペットも設置します。イベントスニペットは、コンバージョンが発生したことをGoogle Adsに通知するためのコードです。

このコードは通常、ウェブサイトの<body>セクション内に貼り付けます。

コンバージョンタグの活用方法

コンバージョンタグを使った広告効果の分析

コンバージョンタグを活用することで、広告主は広告の効果を詳細に分析できます。

具体的な分析内容としては、コンバージョンタグを設定したアクションがどの広告から発生したかを追跡し、広告のパフォーマンスやROI(投資対効果)を評価することが挙げられます。

以下は、コンバージョンタグを使った広告効果の分析内容の一例です。

広告効果の評価

コンバージョンタグによって計測されるデータを基に、広告のクリック数、コンバージョン数、コンバージョン率などを分析します。

この情報を用いて効果的な広告を特定し、予算配分や改善策を考えます。

ユーザー行動の追跡

コンバージョンタグを設置することで、ユーザーが広告をクリックしてからコンバージョンが発生するまでの行動を追跡できます。

具体的には広告クリックからのページ遷移や購買までの流れを把握し、ユーザーの行動パターンを分析可能です。

コンバージョンタグを活用した広告の最適化

コンバージョンタグを活用することで、広告主は広告の最適化を行えます。データ分析を通じて、広告設計やターゲット設定を見直せば、より優れた広告キャンペーンを展開可能です。

以下は、コンバージョンタグを活用した広告の最適化方法の一例です。

タグの正確な設定

コンバージョンタグを正確に設定することが重要です。具体的には、コンバージョンの発生条件や対象ページの選定など、タグの設定パラメータを適切に設定します。

これによって正確なコンバージョンデータを収集し、広告の効果を正確に分析できます。

イベントトラッキングの追加

コンバージョンタグにイベントトラッキングを追加することで、さまざまなユーザーアクションを計測できます。

例えば商品の追加カートや資料のダウンロードなど、コンバージョン以外の重要なユーザーアクションも計測可能です。これによって、ユーザーの行動パターンを詳細に把握し、広告の最適化に活かせます。

タグのパフォーマンスの監視

コンバージョンタグのパフォーマンスを定期的に監視しましょう。タグの正常な動作やデータの収集状況を確認し、必要に応じて修正や改善を行います。

例えばタグの読み込み速度の最適化や、エラーの修正などが挙げられます。

成功要因の特定

コンバージョンタグによって得られるデータを分析し、特にコンバージョンに寄与している要素や成功パターンを特定します。これにより広告のメッセージやデザイン、ターゲットオーディエンスなどの要素を最適化できます。

ABテストの実施

コンバージョンタグを用いて複数の広告バリエーションをテストすることで、最も効果的な広告のデザインやコピーを見つけ出します。これにより、より高いコンバージョン率やROIを目指せます。

これで広告主は広告の効果を客観的に分析し、最適化できます。

コンバージョンタグ設定の注意点

コンバージョンタグの設定には注意が必要です。

以下に、設定時によく見られるミスとそれに対する注意点を紹介します。

注意点1:タグの設置漏れ

設定時に最もよくあるミスは、タグの設置漏れです。必要なページやイベントに、コンバージョンタグが正しく設置されているかを確認しましょう。

注意点2:複数のタグの重複設置

複数のコンバージョンタグが重複して設置されると、データの重複計測が生じます。重複したタグの設置に注意しましょう。

注意点3:タグのバージョンアップの見落とし

Googleは定期的にタグのバージョンアップを行います。バージョンアップを見落とすと、新たな機能や修正が反映されないため、正確なデータ計測や最新の機能の活用ができなくなります。定期的にタグのバージョンを確認し、最新版を使用しましょう。

コンバージョンタグの正確な設定と最適化により、広告効果を最大化しましょう。

コンバージョンタグが反映されない、動作しない時の対処法

コンバージョンタグが反映されない、または動作しない場合の一般的な対処法を紹介します。

キャッシュのクリア

タグが正しく設置されているにもかかわらず反映されない場合、ウェブページのキャッシュをクリアしてください。キャッシュはタグの反映に影響することがあります。

ページの再読み込み

タグの設置後に、ウェブページを再読み込みしてみましょう。タグが正しく設置されている場合、ページの再読み込みによって反映されることがあります。

ブラウザの互換性チェック

タグが特定のブラウザで正しく動作していない場合、ブラウザの互換性に問題がある可能性があります。タグの動作を確認するために、異なるブラウザやバージョンを試してください。

タグのバージョンアップの見落とし

コンバージョンタグのバージョンが最新であることを確認しましょう。Googleなどの公式ドキュメントやサポートページを参照して、最新バージョンのタグを使用してください。

まとめ

コンバージョンタグはGoogle広告の効果を最大化するために重要です。正確な設定とイベントトラッキングによってデータの精度と分析が向上し、タグの最適化によって広告の改善が行われます。

特に重要なのは、タグの設置が簡単であること、正確な設定とイベント追跡ができること、そして定期的なチェックとテストです。コンバージョンタグを効果的に活用して、広告のパフォーマンスを向上させましょう。