TikTok広告の入稿規定と審査ポイントとは? 見逃せない効果的な運用ガイド

インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード
インターネット広告サービスのご案内
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

インターネット広告サービスのご案内

弊社の取り扱う広告媒体の全体図と、リスティング広告、ディスプレイ広告を中心として運用スキームをご紹介しております。

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

「TikTokでの広告、どう始めたらいいの?」
「効果を最大にする方法は?」

このような疑問を抱えている方に朗報です。この記事を手がかりに、若者の間で圧倒的な人気を誇るTikTokでの広告出稿のコツを掴みましょう。

TikTok特有の広告形態の理解、効果的なターゲティング戦略まで、この記事では実際にTikTok広告を使って成果を出すための具体的なステップを分かりやすく解説します。

また、広告運用の際に陥りがちな落とし穴もあるので要注意です。この記事を活用して、TikTok広告を通じた集客とブランド認知度の向上に繋げる方法を見つけ出しましょう。

TikTok広告の入稿規定について

まずは、TikTok広告の入稿規定について解説します。

TikTok広告の入稿規定

TikTok広告は、効果的なプロモーションを行うために、一定の入稿規定が設けられています。

入稿規定

内容

動画クリエイティブ形式

縦長・横長・ 正方形いずれも可能

動画の長さ

5秒から60秒

ファイルサイズ

2GB以下

フォーマット

MP4またはMOV

解像度

720p以上

これらの規定に従い、適切な広告素材を作成してください。

またTikTok広告は、配信方法によって目的が異なります

例えば、「リーチ」を選択する場合はブランド認知を獲得したい場合であり、「転送」を選択する場合は購入・契約に誘導したい場合です。間違えないようにしましょう。

TikTok広告の出し方

TikTok広告は、TikTok Ads Managerを使って出稿することができます。事前にアカウントを登録し、広告キャンペーンや広告グループを設定してから、広告素材をアップロードしてください。

具体的なTikTok広告の出し方は、以下の通りです。

  1. アカウント開設
  2. 広告主審査
  3. 初期設定
  4. キャンペーンの作成
  5. 広告セットの作成
  6. 広告の設定

TikTok広告のセーフティーゾーン

セーフティーゾーンとは、広告画像や動画の重要な要素がカットされないようにするための範囲です。この範囲内にテキストやロゴを配置して、ユーザーへ情報が正確に伝わるようにします。

TikTok広告の入稿前に必要な準備

つづいて、TikTok広告の入稿前に必要な準備です。TikTok広告の入稿手順にもなるため、しっかりと把握しておきましょう。

①TikTok Ads Managerのアカウントの作成

TikTok広告を出稿するには、まずTikTok Ads Managerのアカウントを作成する必要があります。アカウント作成後、ビジネス情報や支払い情報を登録しましょう。必要な情報は、プロモーションするサービスのURLやアドレス、課金情報などです。

また、ランディングページに正確な情報を表示することも求められます。

②入稿前の準備

広告の目的やターゲット層を明確にし、適切な広告フォーマットや素材を選択してください。また、広告の配信期間や予算を設定することも忘れずに行いましょう。

具体的に、TikTok広告を出す前には以下の準備が必要です。

  • 入稿規定の確認
  • 広告のフォーマットを確認

特に入稿規定を確認しないと、審査に落ちてしまった際に原因を突き止めるための時間がかかります。先にTikTok広告の入稿規定をチェックして、スムーズに出稿できるように調整してください。

③広告素材の準備

動画や静止画の広告素材は、TikTokの入稿規定に従って作成してください。素材の秒数やサイズ、枚数などを確認し、最適な広告効果を発揮できるように工夫しましょう。

具体的には、TikTok広告を出稿する前に「広告素材(画像または動画)」の準備が必要です。後述しますが、広告素材にも入稿規定が適用されます

推奨されるサイズや枚数など、十分にチェックしたうえでクリエイティブの作成を行ってください。

④広告の設定

広告キャンペーンや広告グループを作成し、配信条件やターゲティングを設定してください。これにより、広告が適切なユーザーに届くようになります。

TikTok広告の入稿前に必要な準備は、タグ設定、イベント設定、オーディエンス設定の3つです。また、ランディングページには、広告配信に必要な情報を正確に表示することが求められます。

⑤ターゲティングの設定

ターゲティングは、広告を配信する対象となるユーザーの属性を設定するものです。TikTok広告のターゲティング設定は、以下の手順通りに進めてください。

広告セットの設定画面から「配信対象モードを選択」をクリック

「自動配信対象」または「カスタム配信対象」を選択し、配信地域(ロケーション)を都道府県単位で設定

興味・関心や行動など、特定のターゲティングを任意に選択する場合は「カスタム配信対象」に設定

年齢や性別、地域などの基本的な属性から、興味・関心や行動パターンまで、細かく設定することが可能です。効果的な広告配信のために、ターゲット層を絞り込んで設定しましょう。

TikTok広告の入稿に必要な素材や仕様

ここからは、TikTok広告の入稿に必要な素材について紹介します。また動画の枚数や推奨されるサイズなど、仕様についても解説します。

TikTok動画広告の仕様

TikTok動画広告の場合、秒数は通常は最大60秒までです。一般的には9〜15秒のショート動画を推奨しています。ただし、一部広告フォーマットでは最大120秒まで可能です。

推奨サイズは1080×1920ピクセル、アスペクト比は9:16です。ただし、1:1または16:9でも構いません。

動画の解像度は、以下の設定がおすすめです。

  • ≥540×960px
  • ≥640×640px
  • ≥960×540px

参考:TikTokビジネスヘルプセンター

TikTok静止画広告の仕様

TikTok静止画広告の場合、枚数1枚の画像を使用できます。推奨サイズは1200×628px以上ですが、1080×1920ピクセルでも問題ありません。また、アスペクト比は9:16が望ましいです。

ファイルサイズは最大500KBまでなので、画像の圧縮などを必要とする場合もあるでしょう。TikTok静止画広告の場合なので、ファイルサイズが大きすぎるなどの問題は基本的に起こり得ません。

TikTok広告の入稿後の審査や掲載期間

つづいて、TikTok広告の入稿後の審査や掲載期間を解説します。

審査の流れと落ちる理由

TikTok広告は、入稿後にTikTok側で審査が行われます。審査には約24時間かかることが多いです。

TikTok広告の配信は、ガイドラインを満たしていれば認められます。審査に落ちる理由としては、違反コンテンツの存在や規定に沿わない画像・動画サイズが挙げられます。

具体的には、以下のような原因が審査落ちの理由になりやすいです。

  • クリエイティブに不備がある
  • 禁止事項に抵触している
  • テキストや動画などのビジュアルコンテンツ・オーディオコンテンツの適格性がない

禁止事項に抵触している一例としては、政治的な内容や暴力的な表現などが含まれていることが挙げられます。

また、TikTok広告ではビジュアルコンテンツやオーディオコンテンツの適格性も重視されています。音声・映像・文章等で人種差別的・差別的表現を含んだものや公序良俗に反するものは、審査落ちの可能性が高いです。

TikTok広告で審査落ちした場合は、原因を解明し改善したクリエイティブを再提出するようにしましょう。

考え得る原因をリストアップしましたので、チェックリストとしてお使いください。

  • 画像に関するチェック項目
    • 画像のサイズや容量が適切か
    • 画像のアスペクト比の条件を満たしているか
    • 画像や動画の無断引用や著作権・商標権侵害をしていないか
    • 商用利用可能な画像や動画素材か
    • 画像や動画の件数は規定に達しているか
    • 画像や動画内で抽象的・攻撃的な表現や性的な表現がないか
  •  テキストに関するチェック項目
    • 文字数をオーバーしていないか
    • 必須項目を埋めているか
    • 文中に使用できない文字や記号がないか
    • 使用可能な上限数を超えていないか
    • テキストの無断引用や著作権・商標侵害をしていないか
    • 中傷的・攻撃的な表現や性的な表現がないか

広告の掲載にかかる時間

入稿規定の審査が完了し、承認されたTikTok広告は設定した配信期間内に掲載されます。ただし、予算や競合状況によっては、すぐに掲載されないこともあるでしょう。

一般的に24時間以内には完了しますが、一部の広告においては通常よりも長く審査の時間がかかる場合があります。長いと期間は2〜3営業日程度かかり、審査落ちの場合、クリエイティブを再度制作する工程が発生します。つまり、掲載までに時間を有する可能性が高いです。

また、審査通過の広告セットや広告にて、ターゲティング(年齢ターゲティングを除く)やクリエィティブ(静止画像、テキスト、リンク、動画など)などの内容を変更する場合は再審査の対象となります。

TikTok広告運用中の注意点

TikTok広告を運用する際の注意点は以下の3つです。

  • 登録後のキャンセルができない
  • 動画と流行しているBGMの相性が悪い場合は無理に合わせない
  • 起動画面広告など、配信面によっては費用が高額になる

さらに広告運用中は、効果測定や配信状況の確認を定期的に行いましょう。また、広告の最適化やターゲティングの見直しも適宜実施して、効果的な広告配信を継続してください。

TikTok広告掲載のメリット

ここからは、TikTok広告を掲載するメリットを3つ紹介します。

  • ターゲティングの精度が高い
  • 若年層の利用者が多い
  • 他のSNSに比べて広告の競合が少ない

他のSNSと比較して、どのようなメリットがあるかを理解しておくのも広告成功の秘訣です。

ターゲティングの精度が高い

TikTok広告は、ユーザー属性や興味・関心に基づくターゲティングが可能です。これにより、広告が適切なユーザーに届きます。

また高いターゲティング精度の他に、動画ならではの訴求力、TwitterやInstagramでも拡散されるなどのメリットもあります。

若年層の利用者が多い

TikTokは若年層を中心に人気があり、特に15~24歳のユーザーが多く利用しています。この年代をターゲットにしたい企業にとっては、TikTok広告は非常に効果的な手段です。

TikTokは10代にとって、体験型のアプリといえます。友人とダンスをしたり、編集を楽しんだりするような動画が多いため、コンテンツも体験型としてアプローチできるものだとなお効果的でしょう。

他のSNSに比べて広告の競合が少ない

TikTokは比較的新しいプラットフォームであるため、他のSNSと比べて広告主の競合がまだ少ない状況です。そのため、広告効果を最大限に引き出すチャンスがあります。

またTikTokは回遊によって新しい動画を発見するニーズがあるため、他のSNS広告と比較的、動画広告を見てもらいやすいです。広告クリエイティブに対しても拒否感が少ないユーザーが多いため、反応が良い傾向があります。

広告の種類によっては、ユーザーの反応を直接確認することもできるため、迅速な意思決定につながります。

そもそもTikTok広告の種類と特徴とは

最後に広告運用の初心者の方に向けて、TikTok広告の種類と特徴について解説します。経験者の方も、おさらいとしてTikTok広告の種類と特徴を見直してみるとよいかもしれません。

インフィード広告

インフィード広告は、ユーザーがTikTokの動画をスクロールしている際に表示される広告です。自然な形でユーザーの目に触れるため、広告効果が高いとされています。

TikTokインフィード広告の出し方と設定方法については、以下の手順があります。

  1. アカウントの開設とビジネス情報の登録
  2. 請求明細の設定
  3. 広告マネージャモードを設定
  4. CVイベントの設定
  5. インフィード広告を作成して出稿

TikTokのフィードコンテンツ間に挟まれる形で表示したい場合は、こちらを選択しましょう。

トップビュー広告

トップビュー広告は、TikTokアプリを開いた際に最初に表示される広告です。一定時間、単独で表示されるため、ユーザーの注目を集めやすく、ブランド認知度向上に効果的です。

トップビュー広告は、主に1日1社のみ広告掲載ができること、アプリ起動時に音声付きで配信されることが大きな特徴といえます。トップビューは広告ユーザーに強い影響を与えるため、効果的な広告手法として注目されています。

ブランドテイクオーバー広告

ブランドテイクオーバー広告は、TikTokのディスカバリーページに表示される広告で、ユーザーがアプリを開いた際に最初に目にするものです。広告主は1日限定でページを独占し、大きなインパクトを与えることができます。

以下は、TikTokのブランドテイクオーバー広告の出し方です。

  1. 動画または静止画像の形式で作成する
  2. 動画テイクオーバー広告を掲載している場合は、動画と静止画像の両方を提出する
  3. 広告のサイズに注意する
  4. キャプションやリンクなど、必要な情報を提供する

TikTokアプリを起動したときに、フィードの最上部に広告を表示したい場合はブランドテイクオーバー広告を選択しましょう。これはTikTokの唯一の入札可能な広告オプションであり、トップビュー広告と似ています。

まとめ

TikTok広告は、独自の魅力やメリットがあり、特に若年層をターゲットにした広告に効果的です。入稿規定や広告の種類を理解し、効果的な広告配信を行いましょう。

運用中は、効果測定や最適化を繰り返して、広告効果を最大限に引き出すことが重要です。