ホームページ制作の相場とは? 依頼先ごとの特徴と選び方

WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較
今すぐ無料ダウンロード
WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較

サイトリニューアル実例を、Before/After比較でご紹介!
 
■こんな方におすすめ
・サイトリニューアルをしようか迷っている方
・どのようなWebサイトの課題がある際に、リニューアルすればいいか分からない方
・実際に、他社がどのようなサイトリニューアルを行っているのか知りたい方
 
■資料内容
・BtoC,BtoBにおける、それぞれのリニューアル実例5種
・各実例における、Webサイトの課題とリニューアル施策内容
 
自社のサイトリニューアルをご検討の方は、ぜひご活用ください!

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

「ホームページ制作を依頼したいけれど、費用ってどのくらいかかるの?」と悩んでいませんか? ホームページの制作費用は、「Web制作会社」「広告代理店」「フリーランス」のどこに依頼するかによって大きく異なります。相場感が分からずに外注すると、費用に合わないクオリティのホームページができたり、不必要なページまで作られて無駄な費用がかさんでしまったりと、ホームページの作成に失敗しかねません。

本稿では、ホームページ制作の費用相の場や費用が高くなってしまうポイントなどを解説します。費用を抑えつつクオリティの高いホームページを制作するためにはどうしたらいいのか、参考にご覧ください。

ホームページ制作の相場<1>Web制作会社

ホームページの制作をWeb制作会社に依頼する場合、費用の相場は以下のとおりです。

  • 小〜中規模のWeb制作会社:約10万〜300万
  • 大規模なWeb制作会社:約100万〜500万以上

ページ数やWebサイトの仕様、システム導入の有無によって、費用は大きく変動します。

制作後は更新作業を依頼する必要があり、更新費用は、1ページあたり2〜3万が相場です。外注する際は、更新費を含めた相見積もりを複数社からとり、よく比較検討しましょう。

Web制作会社の特徴

Web制作会社に依頼する最大のメリットは、専門的な知識と豊富な実績から培ったノウハウを活かしてホームページを作成してもらえることです。Webサイトの設計からサポートしてもらえるため、デザインやコンテンツの内容、機能など、自社のの希望に沿った質の高いホームページを作成してもらえます。

さらに、作成後も手厚いサポートを受けられます。ホームページの流入数を増やしていくために公開後に分析と改善を繰り返していく必要があります。Web制作会社に依頼すれば、運用後のコンサルティングをしてくれる会社もあるため、アクセス数がなかなか増えない、コンバージョンに繋がらないといった悩みが出た時でも安心です。

Web制作会社の中でも小・中規模の制作会社は、仕様面や費用面で多少の融通がききやすいのが特徴です。大規模の制作会社は多くのスタッフがいるため、制作進行の遅れが生じにくく安心感があります。

Web制作会社に依頼するデメリットは、制作費用や更新費用が高くなりやすい点です。サポートが手厚い分、人件費や設備費がかかるため費用が高くなる傾向にあります。

Web制作会社に依頼するのがオススメの場合とは

Web制作会社への依頼は、以下のような方にオススメです。

  • 初めてホームページ制作に取り組む方
  • 高いクオリティで、ホームページの成果を追求したい方
  • セキュリティの対策を徹底したい方

Web制作会社は制作前にしっかりクライアントがどのような企業なのか、どのような商材を取り扱っているのかなどをヒアリングをして、それらを反映したホームページの設計してくれます。制作の際には、デザイナーやプログラマーなどの専門スタッフがチームを組んで制作に携わってくれるため、大規模なサイトや複雑な仕様のサイト制作を考えている方ににもオススメです。

運用に困った時には相談に乗ってもらえるため、自社に新しくWeb制作に詳しい専門スタッフを雇う手間がかかりません。

個人経営や小規模で商売する企業であれば、費用の融通がききやすい小〜中小企業の制作会社が向いていると言えます。予算に余裕があり、細かいこだわりやオリジナリティを再現したい会社であれば、安定感のある大規模の制作会社を検討してみてください。

ホームページ制作の相場<2>広告代理店

ホームページ制作を広告代理店に依頼した場合の費用相場は、約100万円です。

広告代理店は、ホームページ制作費の他に仲介手数料として約20〜50%の費用と、集客サポートの費用がかかります。そのため、Web制作会社やフリーランスに依頼する場合よりも費用がかかります。

広告代理店の特徴

広告代理店は制作だけでなく、集客面をサポートしてくれるのが特徴です。企業ブランディングやホームページ集客などの広告活動を代行してくれます。

広告代理店に依頼した場合、ホームページの制作自体は、制作会社に外注している場合がほとんどです。自社でWeb制作会社を探す場合は、どの会社がいいのか、どうやって選べばいいのかなど選定に手間がかかる場合があります。依頼したはいいものの、思ったような成果がでず、費用だけがかかって失敗してしまう可能性があります。しかし、広告代理店であれば自社のニーズに最適な制作会社を紹介してもらえるため、選定に失敗するリスクは低くなります。

ただし、広告代理店の手数料が上乗せされ、費用がかさみやすい点がデメリットとしてあります。依頼先である広告代理店と実際に制作する制作会社が異なるため、うまく自社の要望が伝わらず、何度も修正することになって余計に時間がかかってしまうケースもあります。

広告代理店に依頼するのがオススメの場合とは

広告代理店は集客施策に強いため、ホームページ制作後に集客に力を入れたい方がオススメです。制作と集客をどちらも同じ会社に依頼するので、コンバージョンまでを見通して施策を実施でき、スムーズに目的達成を目指せます。

ホームページ制作の相場<3>フリーランス

フリーランスにホームページ制作を依頼した時の費用相場は、約10万円〜です。Web制作会社や広告代理店に依頼する方法と比べて最も費用が抑えられます。フリーランスに依頼する場合も、他の依頼先と同じく相見積もりは必ず行い、比較検討した上で依頼しましょう。

フリーランスの特徴

フリーランスの特徴は、費用が抑えられる点です。基本的に個人で活動しているため、人件費や設備費があまりかからず、その分費用は安くなります。またフリーランスであれば、やり取りを行なう窓口が一箇所なため、コミュニケーションがスムーズにできます。ちょっとした修正も、その場で可能かどうかの判断ができ、素早く対応をしてもらえるのもメリットです。

ただし、個人でスキルや対応に大きく差が出る点はデメリットです。制作会社であれば、それぞれ専門の知識をもったスタッフが作業を分担しますが、フリーランスはホームページ制作に関する作業をすべて一人でこなします。知識不足や苦手分野があると期待していたクオリティに達しない可能性があります。そのため、フリーランスの実績をしっかり確認しておくことが重要となります。

フリーランスに依頼するのがオススメの場合とは

できるだけ費用を抑えてホームページを制作したい方は、フリーランスへの依頼がオススメです。個人で全てを対応しているため、制作会社や広告代理店に依頼するよりも比較的早く納品してもらえるのも特徴です。スピーディにホームページを制作したい方に向いています。

ただし個人商売のため、どうしても不安定感はあります。契約前に過去の実績を拝見させてもらったり、事前に打ち合わせなどで顔合わせをしたりなど、信頼関係を築いておきましょう。スキルが高いフリーランスに出会えれば、低予算でクオリティの高いホームページの制作が期待できます。

ホームページ制作の費用を抑えるコツ

ホームページをどの方法で制作するにしても費用はできるだけ抑えたいものです。以下でホームページ制作費用を抑えるコツを解説します。

<1>素材は自社で用意する
<2>デザインのテンプレートを使う
<3>CMSを利用し、自社で制作する

<1>素材は自社で用意する

ホームページで使用する素材はできるだけ自社で準備するようにしましょう。ホームページの制作には、画像、テキスト、動画など多くの素材が必要です。素材を外注先に用意してもらうことは可能ですが、その分費用はかさんでしまいます。

アピールポイントを効果的に伝えられるテキストや画像がどのようなものか理解しているのは自社なので、自社で用意する方がオススメです。

<2>デザインのテンプレートを使う

外注先によっては、あらかじめデザインのテンプレートを用意している場合があります。細かいオリジナリティを求めていないのであれば、テンプレートを使用するのも費用を抑える方法の1つです。

テンプレートを使用する場合でも、テンプレートをもとに、自社のニーズに合ったホームページを作成してくれるので、要望を伝えてください。

<3>CMSを利用し、自社で制作する

CMSを利用すれば、自社でホームページの作成・運営ができるので、外注費を削減できます。CMSは、専門的な知識がなくても簡単にホームページを作成できるツールです。

特にWordPressは個人ブログなどにも使われており、初心者にも扱いやすいのが特徴です。更新も自分で行えるので、外注先を挟まずすぐに更新できるメリットがあります。

ホームページ制作で後悔しないためのポイント

ホームページの作成には膨大な時間と費用がかかるため、失敗はできるだけ避けたいものです。以下でホームページ制作で後悔しないためのポイントを解説します。

<1>制作実績をよく見る
<2>相見積もりをとり、比較する
<3>ホームページ制作の目的を明確にする

制作実績をよく見る

ホームページ制作を外注する場合には、過去の実績を確認しましょう。サイトに過去の実績を掲載していない場合は、問い合わせるて確認するようにしましょう。

実績を確認する際には、自社と同じ業界での実績があるかどうかがポイントです。業界への理解が深く、過去のノウハウを活かしてホームページの作成に取り組んでもらえるからです。

相見積もりをとり、比較する

外注先を決める際は、最低でも3社以上から見積もりをとりましょう。価格だけで依頼先を決定するのは危険です。価格の中にどこまでの作業内容を含んでいるかに注目しましょう。

例えば価格が安い分、必要な機能が備わっておらず、実装に際して後から追加で料金を請求される場合があります。価格だけでなく、どこまで対応してくれるかを細かく確認するために相見積もりを取って比較をしましょう。

ホームページ制作の目的を明確にする

ホームページ制作の目的を明確にして、必要なページと不必要なページを把握しておきましょう。ただ外注するだけでは、余計なページを作ってしまって費用がかさんだり、必要なページが不足したりする可能性があります。例えば、会社案内用のホームページを作るのであれば、SEOは必要ありません。しかし目的が不明確だと、SEOを考慮したホームページを作成してしまって、費用がかさんでしまう可能性があります。

またBtoB向けのサイトを制作したいのに、BtoCを得意とする制作会社に依頼してしまうと、機能性が低いサイトになってしまう可能性があります。外注する前に、ホームページを制作することでどのような結果を目指すのか確認しておきましょう。

初めてホームページを作成する企業で、どのようなページが必要かわからない場合には、目的設定や必要なページの有無を一緒に検討してくれる外注先がオススメです。ただし、クライアントの意向を言われた通りにやる外注先は、ホームページの効果がでず、失敗する場合がほとんどです。クライアント目線で一緒に検討し、間違った施策にはダメとしっかり言えるような外注先を選びましょう。

まとめ:ホームページ制作の相場は依頼先ごとに大きく異なる

ホームページ制作の相場は、依頼先ごとに大きく異なります。相場の費用は以下のとおりです。

Web制作会社:小〜中規模の制作会社で約10万〜300万 / 大規模の制作会社で約100万〜500万以上
広告代理店:約100万円
フリーランス:約10万円〜

最も割高なのが広告代理店、最も低予算なのはフリーランスです。Web制作会社は、会社の規模によって異なります。それぞれの違いを把握し、特徴にあった依頼先を選んで、自社に最適な外注先を選択し、ホームページを制作しましょう。