ホームページ制作の相場とオススメの制作会社3選を紹介!

WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較
今すぐ無料ダウンロード
WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較
今すぐ無料ダウンロード

無料で資料をダウンロード

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

WEB戦略に基づくサイトリニューアル成功事例集BeforeAfter比較

サイトリニューアル実例を、Before/After比較でご紹介!
 
■こんな方におすすめ
・サイトリニューアルをしようか迷っている方
・どのようなWebサイトの課題がある際に、リニューアルすればいいか分からない方
・実際に、他社がどのようなサイトリニューアルを行っているのか知りたい方
 
■資料内容
・BtoC,BtoBにおける、それぞれのリニューアル実例5種
・各実例における、Webサイトの課題とリニューアル施策内容
 
自社のサイトリニューアルをご検討の方は、ぜひご活用ください!

※フォーム送信後、メールにて資料をお送りいたします。

STEP 1


フォームでの問い合わせが
完了いたしました。
メールにて資料をお送りいたします。

「ホームページを制作したいけれど、どのくらいの費用がかかるの?」
「ホームページを制作する場合、どうやって作るのが1番いいの?」

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。今回は、ホームページ制作を制作会社に依頼した場合の費用相場と、オススメの制作会社を紹介します。フリーランスに依頼する場合や自作する場合のメリット・デメリットも併せて解説しますので、自社にあったホームページの制作方法を見つけてください。

ホームページ制作の費用相場とは?

ホームページ制作にかかる費用は、制作会社にどこまで依頼するかによって大きく異なります。ホームページに必要な画像やテキストなどの素材を自社で準備し、デザインなどの詳細な部分も決定した上で、その通りに制作してもらうならば、比較的低価格で作成可能です。

一方で、デザインや素材の準備、各種記事やお問い合わせページの作成、SEO施策など作業工数が多いホームページ制作を依頼するとなると、費用は高額になります。つまり、ホームページ制作費用は、ホームページ制作の目的や依頼内容によって、バラバラなのです。

ホームページ制作を外注する場合の相場

ホームページ制作を外注した場合のページごとの費用相場は以下のとおりです。

種類費用
トップページ100,000円〜
下層ページ30,000円〜50,000円
派生ページ10,000円〜35,000円
フォーム30,000円〜
ディレクション費用

50,000円〜200,000円

トップページはホームページで1番重要なページです。情報量が多く作業工数も多いため、ページの中でも高額な費用がかかります。

下層ページは動的なページなのか、画像とコンテンツはどちらが準備するのかなど、作業工数次第で金額が変わります。下層ページのうち、下層ページのデザインを使いまわして、ほとんど同じページを作成する派生ページは、工数がかからないため1万円程度で作成が可能です。

ディレクション費用は2つの方法のどちらかで決定します。1つ目は制作費用に一定の割合を上乗せして費用を決定する場合です。制作費用の約20〜30%の割合をディレクション費用として請求します。2つ目はWebディレクターの稼働日数に応じて費用を支払う場合です。1日当たり4〜5万円が目安です。

制作会社によって設定されている費用は異なるため、あくまでも目安として参考にしてください。

ホームページ制作後にかかる費用

ホームページは制作後にはホームページを管理・運営するためのランニングコストが必要です。ランニングコストとして必要な費用には以下のようなものがあります。

ランニングコストは自社ですべてを管理する場合、レンタルサーバー、ドメイン、SSLにかかる費用は最低限必要なため、1か月5,000円程度かかります。他社に管理を依頼する場合、どこまで管理を依頼するかにもよりますが、費用相場は5,000円〜20,000円程度です。SEOまで依頼するとなると、1か月に50,000円程度のランニングコストが必要です。

ランニングコストにかけられる予算に合わせて、自社で管理するか、他社に依頼するか検討しましょう。

ホームページ制作でオススメの3社を比較

【確実な成果を求めるなら】株式会社PLAN-B

(引用:株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-Bは、デジタルマーケティングとメディア事業を手がける企業です。Webサイト制作ディレクターだけでなく、SEO・SEMのコンサルタント、コンテンツディレクターと共同し、「どうすれば成果が出るか」を追及したホームページ制作に取り組んでいます。

SEOに強いWebサイト制作

株式会社PLAN-Bは幅広い業界で累計5,000社以上の取引があり、多くのサイトで上位表示をした実績があります。16年間で培った検索アルゴリズムに関する知見を基に、SEOに強いホームページの制作が可能です。株式会社 PLAN-Bが運営するオウンドメディア「PINTO!」でも、多くのSEOに関するキーワードで上位表示をしています。

ホームページ制作後の運用も安心して任せられる

株式会社PLAN-Bはホームページ制作だけでなく幅広い業務の依頼が可能です。SEO・ Web広告それぞれに精通したコンサルタントがいるため、ホームページの制作から運用、Web広告までを一任できます。コンテンツ制作に関しても依頼可能です。PLAN-Bの厳しい基準を満たしたライターと提携しており、高品質な記事の納品が期待できます。

【丁寧なヒアリングで高い満足度を実現】リグー(REGOO)

(引用:REGOO

リグー(REGOO)は、ホームページの企画制作と管理、SEO・MEO対策、ランディングページ制作、撮影、動画作成、ロゴや名刺のデザインなどを行うWeb制作会社です。予算に合わせた柔軟な対応が可能で、最低5万円からホームページ作成を依頼できます。低価格でありながら質の高いホームページを提供し、保守・サーバー管理まで一任できます。

目的を明確化したヒアリングの実施

リグーは、ホームページ制作前のヒアリングを重視しています。予算をベースにどのようなホームページにするのかを検討するのではなく、クライアントの希望するホームページ像をしっかりヒアリングした上で予算とすり合わせ、最適な提案をしてもらえます。無駄なコストを省き、格安で満足度の高いホームページを作成可能です。

ホームページ制作+αの提案が可能

リグー(REGOO)は、ホームページ制作の他にもMEO(マップエンジン最適化)やチラシ制作、名刺や看板などのデザイン・印刷まで対応できます。ホームページの目的はターゲットに見てもらい、来店や問い合わせといったコンバージョンに繋げることです。コンバージョン達成のために必要な施策を、デザイン・方向性を保ったまま一貫して提供してもらえます。

【中小企業・教育関連に強い】CRIMSON

(引用:株式会社CRIMSON

株式会社CRIMSONは、クリエイティブ事業、システムソリューション事業、セールスプロモーション事業を手がけている企業です。企画から制作、保守・運営までをワンストップで提供しています。

99%が中小企業や教育機関

株式会社CRIMSONの得意分野は中小企業や教育機関の課題解決です。顧客の99%が中小企業と教育機関と高い信頼と実績があります。WordPressによるCMS環境の構築をサポートし、ランニングコストを削減して運用コスト0円を目指しています。

制作現場のスタッフがお客様と直接対話

株式会社CRIMSONには営業専門のスタッフがいません。制作に携わる現場のディレクターが直接クライアントとやり取りをします。ディレクターと直接やり取りできるので制作したいホームページのイメージがデザイナーやエンジニアにしっかりと伝わり、認識のズレが生じにくく、作業ロスの軽減が可能です。さらに、制作チームのディレクターと打ち合わせをすることで、予算に配慮した企画を提案してもらえます。

フリーランスへ依頼するメリットとデメリット

ホームページ制作の外注には、制作会社に依頼する他にフリーランスに依頼することも可能です。フリーランスに依頼したい場合は、知人から紹介してもらったり、TwitterなどのSNSで探したり、CrowdWorksLancerscoconalaなどのクラウドソーシングサイトを利用して依頼します。

以下でフリーランスに依頼するメリットとデメリットを解説します。

フリーランスへ依頼するメリット

フリーランスへ依頼するメリットとしては、制作会社に依頼する場合と比べて費用を抑えてホームページを作成してもらえる点がです。フリーランスの方のポートフォリオを参考に、自社のホームページイメージにあった制作者を選択できます。

フリーランスの場合、やり取りをする窓口は一人のため、スピーディなコミュニケーションが可能です。直接やり取りができ、イメージのすれ違いを防止できます。

フリーランスへ依頼するデメリット

フリーランスへ依頼するデメリットは、ホームページ制作の作業をほとんどフリーランス自身が行なっているという点です。病気や怪我で作業ができなくなった場合の代理がいないため、納品が期日に間に合わない場合があります。最悪の場合、制作自体ができなくなってしまい、依頼先を探すところからやり直しが必要になるリスクもあります。

また知識や技術不足により、プログラム開発などの要望に答えられない場合や、大規模なサイトへの対応が難しいのもフリーランスのデメリットです。フリーランスに依頼する際には能力の有無だけではなく、ルールを守れるかどうかまで見極めなければなりません。

無料ツールを使い自分でホームページ制作をするメリットとデメリット

ホームページは無料ツールを使い、自分で制作できます。有名な無料ツールにはWordPresやwixなどがあります。以下で自分たちでホームページを制作するメリットとデメリットを解説します。

ホームページを自作するメリット

ホームページを自作するメリットは、制作会社やフリーランスに依頼するよりも圧倒的に低価格で作成できることです。ドメイン取得費用やサーバーやツールの契約料などは必要ですが、外注する際に発生するディレクション費用などはかかりません。

さらに、自作であれば、制作途中に急な変更が必要になった場合でもすぐに対応ができます。外注すると、急な変更が必要になった場合、外注先にその都度指示が必要です。制作が始まっていたら変更への対応が難しかったり、別途費用を請求される場合があります。制作過程のどの段階でも変更や修正が自由な点は大きなメリットです。

ホームページを自作するデメリット

ホームページを自作するデメリットは、作成の時間を取られる点です。ホームページは完成するまでに膨大な時間を要します。ホームページの設計や、画像・コンテンツの準備、制作など作業工数は多岐に渡ります。作成後も管理や更新作業が必要で、自作するとなると、ホームページ制作と運用に時間を費やすことになり通常業務に支障がでかねません。

無料ツールにはそのまま使用できるテンプレートが用意されています。しかし、人気のテンプレートは多くのホームページで利用されています。他のホームページと似たようなデザインになりオリジナリティが出せない点もデメリットです。

さらに、ホームページ制作にはSEOなどの専門的な知識が必要です。SEOの知識がなければ、集客効果が期待できず、コンバージョンの達成は難しくなります。自作する場合は専門的な知識と技術がなければ、ただ、時間と労力をかけてホームページを制作しただけになりかねません。

ホームページ制作会社選びのポイント

最後に、ホームページ制作会社選びのポイントについて紹介します。

事例を確認する

事前に制作会社が手がけたサイトを確認することで、その会社の得意分野や実績を知ることができます。例えば、過去のプロジェクトの成功事例やクライアントの満足度など、詳細な情報を収集することでその会社が本当に信頼できるのかを判断できます。

また、制作会社の実績を調査するだけでなく、他の類似業界や競合他社の事例も参考にすることが重要です。これにより、より幅広い視野で制作会社の能力やスキルを評価することができます。

例えば、制作費用が安い会社を選ぼうとしている場合に、本当に信頼できる実績を持っているのかなどのポイントを意識することで、信頼して任せられるかが判断できるでしょう。

コミュニケーションのしやすさを確認する

ホームページ制作はクライアントと制作会社のコミュニケーションが大切です。コミュニケーションが円滑に取れなければ、スムーズにホームページを制作することができないためです。コミュニケーションが取れず、求めているホームページを手にすることができないかもしれません。

事前に会社のコミュニケーション方法を確認して、自分に合うかどうかを見極めましょう。

コミュニケーションのしやすさを確認する方法として、制作会社に事前にお問合せメールで質問を送る方法があります。これにより、コミュニケーションスタイルや反応の速さ、相手への理解度などを評価することができます。

SEO対策の提案の有無を確認する

ホームページ制作後に集客を考える場合、SEO対策は非常に重要です。なぜなら、SEO対策を行わないと、ホームページが検索エンジンの結果ページで上位に表示されず、集客の機会を逃してしまうからです。

制作会社によっては、SEO対策の提案をしてくれるところもありますので、その点も確認しておくと良いでしょう。コンテンツ制作のサポートを行ってくれる会社を選んだり、SEOに強い構造のサイトを制作してくれる会社を選んだりすることが重要です。

サポート体制を確認する

ホームページ制作後にトラブルが発生した場合、迅速な対応が求められます。制作会社のサポート体制がしっかりしているかどうかを確認しておくことは非常に重要です。

万が一のトラブルが起きても、すぐに対応してもらえる保証があれば、安心してホームページを運営することができます。

 ホームページ制作にかかる期間を確認する

ホームページ制作には時間がかかるものです。制作会社によっては、期間が長くなりすぎることがあるため、事前に確認しておくことが大切です。

通常、ホームページの制作には数週間から数ヶ月かかることがあります。制作会社によっては、素材の提供や修正の対応など、時間を要する作業があるため、余裕を持ったスケジュールで取引ができる会社を選ぶことが大切です。

価格と品質のバランスを考える

ホームページ制作には一定の費用がかかりますが、価格と品質のバランスを考えて制作会社を選びましょう。安価な制作会社を選ぶと、品質が低くなる可能性があります。

一方、高価な制作会社を選ぶと、予算オーバーになってしまう可能性がありますよね。適切な価格帯で、品質の高い制作会社を見つけることが重要です。制作会社の選定にあたっては、過去の実績やクライアントの評判などを調査し、信頼して任せられる制作会社を選ぶことが大切です。

契約書の内容をしっかりと確認する

契約書には制作期間や支払い条件などが詳細に記載されています。この契約書は、プロジェクトの進行や支払いに関する重要な情報を提供しています。

制作期間に関しては、具体的な開始日と終了日が明記されており、プロジェクトが予定通り進行するための目安となります。契約書の内容を十分に理解し、納得した上で契約を行うことが重要です。

まとめ:お問い合わせを増やすならホームページ制作会社へ依頼がオススメ

ホームページは制作会社やフリーランスに外注したり、無料ツールを使って自分で作成ができます。ホームページを制作をする際のポイントは以下のとおりです。

  • 外注した場合にかかる費用は依頼内容によって異なる
  • ホームページ作成後にもランニングコストが必要
  • フリーランスはスムーズなやり取りができるが技術面で対応ができない場合もある
  • 自作は圧倒的な低コストで作成できるが、膨大な時間と手間がかかる
  • 自作は似たようなホームページになりやすく、他社と差別化しにくい
  • 高い成果を求めるならばホームページ制作会社への依頼がオススメ

ホームページを制作する際には、目的を明確にしておくことが重要です。目的が曖昧なままホームページを作成しても、何を伝えたいのかがわからず、企業のイメージ低下やユーザーの離脱を引き起こしかねません。

目的を明確にし、アクセス向上や売上の向上につながるようなホームページを制作しましょう。