Scroll Down

Interview

京大出身の野球少年の挑戦。
「成功の喜びをもっと多くの人に!」

2019年に新卒としてPLAN-Bに入社。東日本営業部にて、コンサルティング営業活動や顧客対応に従事している。

2019年新卒入社

木村 律也

東日本営業部

コンサルタント

入社から現在までの経歴

  • 2019年入社 東日本営業部

成功の喜びを“仕事”にしたい

ー大学時代はどんな活動をしてきましたか?

京都大学硬式野球部に所属し、野球に明け暮れる毎日でした。京都大学硬式野球部が対戦する相手は甲子園にも出場するような、本気で野球で生計を立てていこうとしている野球界のエリート達です。入部当初の僕では、全く歯が立たない世界でした。

しかし授業の合間を縫ってトレーニングや練習に取り組み、毎日目標を持って努力をし、さらにマネージャー職を務めたりもしました。その結果、4年生になる頃には、チームの中心選手として勝利の喜びを味わうことができるようになりました。この経験を通して私は、自分が経験したような「成功・成長する喜び」を多くの人に知ってほしいと思うようになりました。そして「そんな素晴らしい体験を提供できる仕事に就きたい」という気持ちを抱くようになりました。

仕事の目的は、自分の成長だけではない

ー営業職として働き始めて、何を学び・成長したと思いますか?

入社してすぐは、「自分はきっとうまくできる!」という自信と期待を胸に仕事に取り組んでいました。しかしながら待ち受けていたのは、自信を失う日々でした。提案内容が全くお客様に響かなかったり、契約がうまく結べなかったり……。

そんなある日、上司から「“何のために働くのか?”を改めて考えろ」と語りかけられました。そこで私はやっと、就職活動当初に抱いていた「成功や成長する喜びを、多くの人に感じていただけるような仕事に就きたい」という気持ちを思い出しました。

今振り返ると、私がつまずいていた原因は、仕事の目的がお客様ではなく「自分の成長」に向きすぎていたからだと思います。そうではなく、大学時代に抱いた初心にかえり、「お客様の成功・成長に貢献する」ことを仕事の合言葉にしました。マインドが変わったことでお客様とのコミュニケーションに変化が生まれ、それに伴って結果もついてくるようになりました。

マインドを伸ばしてくれる日々に感謝

ーPLAN-Bに入ってよかったと思うポイントはどこですか?

上司からのアドバイスやフィードバックによって、スキル面だけでなく、マインド面も伸びるという点です。スキルはマインドという土台の上に身につくものだと思うので、その土台部分のアドバイスをもらえるPLAN-Bの環境は、新卒として選んで本当に良かったと感じています。

営業として成果が出ず悩んでいるとき、私は上述の上司のアドバイスで大きく成長できました。自分のこれからの長い社会人人生における、確固たる基盤になると感じています。

自分に向き合ってくれているPLAN-Bという会社に対して、いつか恩返しをしたいです。まずはPLAN-Bの理念である「今、ここに本気で向き合う」を自分自身に掲げ、しっかりと成果を残し、自分の将来のキャリアを切り拓いていきたいと考えています。

ー今後のビジョンや目標について教えてください。

数年後のビジョンはまだ明確ではありません。当面は「多くの方に成功する喜び・成長する喜びを感じていただきたい」という自分自身の軸をぶらさず、愚直に仕事に取り組んでいきます。「誰かの成長体験に貢献できる仕事をこの組織でしていく」、そんな強い覚悟を持って日々を過ごしていきます。

Others

その他インタビュー