Scroll Down

Interview

「学生の人生に向き合う」
それこそが、PLAN-Bのこだわり

2017年にPLAN-Bに新卒で入社、東日本営業部インサイドセールスユニットの立ち上げに携わり、新規のお客様の担当としてデジタルマーケティングを支援。2018年4月より人事部 新卒採用チームとして、東日本の新卒採用活動に従事。

2017年 新卒入社

宝玉 克彦

人事部

新卒採用

入社から現在までの経歴

  • 2017年入社 東日本営業部
  • 2017年東日本営業部 インサイドセールス
    ユニット
  • 2018年人事部 新卒採用チーム

「誰かにとって正しい選択」より
「自分にとって正しい選択」を

ーPLAN-Bに入社した理由を教えてください

僕がPLAN-Bを選んだ理由は、「PLAN-Bが好きだったから」です。
僕はもともと大手志向の人間で、「有名企業に行った宝玉って、すごいな」と言われることを目標に就活をしていました。そんな中、偶然出会ったのがベンチャー企業のPLAN-Bでした。PLAN-Bの社員と対話を重ねて行くなかで、有名企業に行くよりも「“誰かのために”を大事にする、この仲間と共に熱狂したい」と思うようになり、大手ではないベンチャー企業への入社を決意しました。

周囲の反対もありましたが、自分の決断を正解にしたいという想いが強かったからこそ、絶対に折れませんでした。「誰かにとって正しい選択」よりも、「自分にとって正しい選択」をしたい。そんな想いの先にあったのが、PLAN-Bでした。

入社前の熱量をそのままに、
働く人を増やしたい

ー営業部から人事部に異動した理由を教えてください

僕は入社して最初の1年間は、東日本営業部で新規のお客様向けのデジタルマーケティング支援をしていました。ある程度仕事も板につくようになり、順調にキャリアを積んでいましたが、当時強烈に感じていたことがありました。それは、「大学時代の友人との溝」です。

自社や仕事をポジティブに語る自分とは反対に、それらについてネガティブに話す友人が増えていたのです。「大学時代は将来の夢を熱く語っていた彼らが、1年でこんなに変わるのか!?」というショック、そして自分との大きな溝を感じました。

入社して1年ほど経った頃、僕は現在の新卒採用責任者から人事部への異動の打診を受けました。異動するかどうかは正直迷いましたが、仕事をポジティブに語れる人を増やすために自分に何かできることがあるのではないか、そう考えて異動を決断しました。

出会う人すべてをPLAN-Bのファンに

ーPLAN-Bの新卒採用活動の特徴は?

PLAN-Bの採用のスタンスは少し変わっていると思います。
まず、僕たちは出会う学生さん全員に、PLAN-Bに入社してほしいとは全く思っていません。PLAN-Bに合わない人もたくさんいるからです。でも、どうしたらPLAN-Bのファンになってくれるか、出会う学生さんに社会の先輩として何を伝えるべきなのか、それに関しては徹底的にこだわっています。

僕たちは採用活動で出会う学生さんは「お客様」だと考えています。お客様に対して何を提供できるのか、それにこだわるPLAN-Bの採用の考え方が、僕は好きです。

人生に向き合う採用業務だからこそ、学生さんの人生を大きく変える可能性もあります。責任感の伴う仕事ですが、だからこそやりがいを感じています。

なりたいのは「日本の就活を変える採用責任者」

ー直近の目標は?

新卒採用チームの責任者になることが直近の目標です。
僕が言うのはおこがましいのですが、日本の就活は企業の都合に合わせている部分が多いと思っています。学生と本気で向き合っていない気がしていて。
だから僕が採用責任者になって、そんな企業本意の日本の就活を根本から変える動きを作り出していきます。

Others

その他インタビュー