Scroll Down

Interview

世界にまだないプロダクトを。
唯一無二のユーザー体験を
デザインする。

2015年に新卒で入社し、DMP「Juicer」の立ち上げに参画。
現在は「Juicer」のUX領域を主に担当しながら、新規機能の開発・マーケティング・
顧客対応などにも従事。

2015年 新卒入社

西岡 彩織

Juicer事業部

プロデューサー

入社から現在までの経歴

  • 2015年入社 Juicer事業部

少しでも早くバッターボックスに
立てる環境を求めて

ー就活をしていたときに“軸”にしていたことは?

私が就活の軸としていたもののひとつに、「やりたいと思ったことにすぐに飛び込める環境」というものがありました。たった一度きりの人生なので、自分の興味のあることや身につけたい分野にどんどん飛び込み、たくさんの経験を重ねたいと思っていました。また、社会人としてのキャリアを一から設計できる就職活動にワクワクしていました。
ところが、実際に多くの企業と出会ううちに、入社してから数年間は「下積み」と呼ばれる期間があったり、大きい仕事を任せてもらえるまでに何年もかかったりするところが多く、自分の軸を貫くのが難しいことに気付きました。今思えばそうした企業のほうが機能する場合があることも頷けるのですが、当時の私はこの軸を譲れず、環境や組織風土を理由に多くの企業の選考を辞退していました。

プロフェッショナル集団の中で
鍛えられた新卒1年目

ーどうしてPLAN-Bに惹かれたのですか?

私にとって、新規事業「Juicer」の立ち上げに新卒から携われるかもしれないPLAN-Bはとても魅力的に映りました。当時のJuicerチームは、メンバーのほとんどが中途入社の専門家たちで構成された部隊でした。それぞれがエンジニアリングやデザイン・マーケティングなどの深い知識を持っており、まだ走り出したばかりのプロダクトを少数精鋭で進めていこうというフェーズでした。そんなときに何のスキルもない文系の新卒を受け入れてくれる企業は、当時の私が知る限り他にありませんでした。ただでさえ人手が足りない状況の中、私を受け入れてさまざまな機会を与えてくれたチームの皆さんには、今でも本当に感謝しています。

正解探しではなく正解づくりが
成長を加速させる

ー新規事業に新卒で関わる中で、いわゆる“苦しさ”はありましたか?

この3年間、私はUIの設計・機能や戦略のプランニング・お客様のサポート・セミナーでの登壇・ブログの運営など「Juicer」というプロダクトを軸としたさまざまな業務を経験させてもらいました。ひとつのプロダクトに3年間向き合い続けることはある意味で逃げ場がなく、自分から行動して変えていかなければ、自分もプロダクトも成長していかない厳しさがあります。今までやったことのないこと、しかも市場にもお手本のないことばかりで、何が正解か分からない中でアウトプットを出し続けなければならない状況を苦しく思ったことは何度もあります。しかし、Juicerを成長させるために必要なあらゆる仕事を「自分ごと」として捉えることができ、実際に自分の仕事として実行できたからこそ今の自分があります。

市場を牽引する存在になりたい

ー今後の西岡さんの展望を教えてください

私の現在のミッションは、「Juicer全体のUX最適化」です。Juicerをリリースして3年ですが、まだまだ開発すべき機能や応えるべきニーズはたくさんあり、「仕事を作る力」が求められていると感じています。今後もJuicerの機能やプロジェクトに横断的に関わらせてもらいながら、ビッグデータを活用したマーケティング市場を牽引する存在として、Juicerをもっともっと大きくしていきたいです。

Others

その他インタビュー