Scroll Down

Interview

「自分にとって正しい選択」とは?
大手には行かないという決断を
正解にする

2017年にPLAN-Bに新卒で入社、東日本営業部インサイドセールスユニットの立ち上げに携わり、新規のお客様の担当としてデジタルマーケティングを支援している。

2017年 新卒入社

宝玉 克彦

東日本営業部

インサイドセールスユニット セールス

入社から現在までの経歴

  • 2017年入社 東日本営業部
  • 2017年東日本営業部 インサイドセールス
    ユニット

真剣に向き合ってくれる人に
惹かれて

ーベンチャー(PLAN-B)に惹かれた一番の理由は?

一番は「人」です。PLAN-Bの新卒社員はみんな、口をそろえて「人」で選んだと言います。僕も、きっかけは間違いなくここです。ここでいう「人」には、「周囲に対してアツい想いを持っている人」という意味があります。インターンシップや面談・面接など、PLAN-B社員はどんな場面でも目の前にいる学生(つまり自分)の人生に対して真剣に向き合ってくれました。そんな真っすぐな姿勢に、ガツンと惹かれました。

お客様のことを
お客様以上に考える

ー「アツい人」以外のPLAN-Bの特徴は?

人以外に惹かれたのは、「価値観」です。PLAN-Bが何よりも大切にしているのは「顧客志向」です。ちょっと前に先輩社員が言っていたのですが、「お客様のことをお客様以上に考える」という言葉が、僕の好きなPLAN-Bをよく表しています。この圧倒的な顧客志向に、他社とは違う魅力を感じました。

未完成。だからこそ自分が創る

ーアツさ・価値観は人に依存する部分と思うのですが、それ以外の魅力はありますか?

それは、PLAN-Bが「未完成」であるということです。PLAN-Bはまだまだ課題だらけで、これから自分たちが創っていかないといけないような会社です。就活中、人事部長に「PLAN-Bの課題は何ですか?」と聞くと「山ほどあるよ」と言われました。そして、包み隠さずに思っていることをすべて伝えてくれて、最後に「これほど課題のある会社なのは間違いない。だからこそ、自分たちが目指すPLAN-Bを創るために一緒に会社を創っていってくれる仲間を探している」と言われました。
完成された会社ではなく未完成だからこそ、自分の力で会社を創っていける、そこに強い魅力を感じました。

「誰かにとって正しい選択」より「自分にとって正しい選択」をしたい。

ーベンチャー就職を決意できた理由を教えてください

僕は元々、いわゆる大手志向でした。 親が商社を経営していることもあり、学生時代は大手商社に行くのだろうと漠然と考えていました。しかし、大手で何か成し遂げたいことがあるというような想いはなく、何となく周囲からかけられる期待や「有名企業に行ったお前ってすごいな」って言われたいという気持ちが1番大きかったなと思っています。
そんな自分にずっと向き合ってくれたのは、インターンシップで偶然出会ったPLAN-Bの社員でした。PLAN-Bの社員と話すうちに、上記で述べたポイントに強烈に惹かれていきました。そして、「『誰かのために』を大切にする仲間と共に熱狂し続けたい」と心から思っている自分に気づき、同じ価値観を持つ人たちがいるPLAN-Bをもっとすごい会社にしたいという想いから、大手ではないベンチャー企業への入社を決意しました。
もちろん、家族をはじめ、周囲からは「もっと有名な企業に行ったほうがいい」と反対を受けました。ですが、自分の決断を絶対に正解にしたいという想いが強かったからこそ、自分の想いは絶対に曲げませんでした。「誰かにとって正しい選択」よりも、「自分にとって正しい選択」をしたい。そんな想いの先にあったのが、PLAN-Bでした。

お客様と向き合い、仲間と向き合い、自分と向き合う

ー想いを大切にして選んだPLAN-Bに来た今、何を思いますか?

まだ社会という大きな枠ではないですが、今、僕はPLAN-B社員として顧客志向を体現できていると感じています。僕は新規のお客様を担当する部署にいるのですが、その部署の中でも、自分たちがどう受注するかに加えて、どうすればお客様の満足度を上げられるかを徹底的に考えています。対応の丁寧さ、提案のクオリティ、お客様のビジネスの成功をお客様以上のレベルで考える。「お客様のために」をキレイごとではなくどうやって体現していくか。これからもその圧倒的顧客志向を大切にしてPLAN-B社員として日々お客様に向き合っていきます。

Others

その他インタビュー