採用担当者メッセージ 「誰かのために」という想いを胸に

今年で14期目を迎えたPLAN-B。SEOやインターネット広告、Web解析ツール「Juicer」の開発など、これまでにデジタルマーケティング領域でさまざまな事業を手がけてきました。

そんなPLAN-Bの特徴は、「誰かのために本気になれる人」が多く集まっているところにあります。
入社前からこうした想いを持っていた人や入社後にこの想いの大切さに気がついた人などタイプはそれぞれですが、社員一人ひとりが「誰かのために」という想いを持って仕事に向き合っています。

だからこそ、私たちは「誰かのために本気になれる力」を持っている学生に魅力を感じ、共に仕事がしたいと考えています。人によっては、ときには自分を優先してしまうことがあるかもしれません。しかしそんな中、ほんの少しだけ、自分ではなく「誰かのために」という想いを持つことができる人。「100%ではなくとも、51%は誰かのために動くことができる」そんな方々との出会いを求めています。

「多様な個性」が
成長につながる

PLAN-Bには、豊かな個性を持つ人が大勢います。同じ事業部や職種、年代の中でも、緻密に戦略を練る冷静なタイプや想いを前面に押し出す情熱的なタイプ、さらにはその中間に位置するバランスタイプなど、さまざまな人材が集まっています。

PLAN-Bで働くことの魅力は、そんな多様な個性の中で、自分とは違った考え方や違う価値観に出会えること。一人ひとりの個性が強い環境で経験を積むことで、どんな局面においても、自分で考えて判断できる人へと成長していきます。また、一人ひとりが自分を隠さずに仲間と向き合うため、社員同士のつながりが深いのもPLAN-Bの特徴です。

多様な個性がつながり、ひとつのゴールに向かうときに生まれる相乗効果、それがPLAN-Bの成長を支える要因のひとつとなっています。

「オノマトペと社員紹介」で
表現するPLAN-B

「会社とはどのようなものなのか」「自分にはどのような会社が合っているのか」就職活動という限られた期間の中で、答えを見つけ出すのは簡単なことではありません。数々の企業との出会いの中から、自分にしっくりくる会社を見つけるのは困難です。

PLAN-Bの特徴である、多様な個性。どのような人たちが、どのような想いを持って働いているのか、少しでもそれを知ってもらうために、多様な個性をオノマトペで表現しました。
「ぐいぐい」「ちゃかちゃか」「ひょうひょう」など、社員の個性に合ったオノマトペを選び、その人の魅力を表しています。

また、社員同士がお互いを理解しているのもPLAN-Bの特徴。自分を隠さず、人や仕事と向き合う文化があるからこそ、一緒に働く仲間のことを語ることができます。そんな、社員同士のつながりの深さを、「社員の紹介を他の社員が行う」という方法で表現しました。

多様な個性、それらがつながり1つのゴールに向かうPLAN-B。「個性のオノマトペ」「社員が社員を紹介する」という2つの表現から、私たちの持つ文化や社風を感じ取ってもらえればと思います。